« 共同利用・共同研究課題「オスマン文書史料の基礎的研究」2018年度第2回研究会 | トップページ | イラン研究会の出欠 »

2019年2月 4日 (月)

小松久男先生最終講義

寒さ厳しき折、皆様にはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、2012年4月より東京外国語大学における中央ユーラシア研究・教育の発展にご尽力くださり、7年間にわたってご指導くださった小松久男先生が本年3月末でご退職されることとなりました。つきましては、最終講義を下記の通り開催する運びとなりました。平日ではありますが、ぜひご参加いただけますようご案内申し上げます。
            記
【最終講義】
日時:2月7日(木) 15:00~16:30
題目:「中央アジア史への道」
場所:東京外国語大学 研究講義棟113教室

http://www.tufs.ac.jp/abouttufs/contactus/access.html

« 共同利用・共同研究課題「オスマン文書史料の基礎的研究」2018年度第2回研究会 | トップページ | イラン研究会の出欠 »

研究会情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小松久男先生最終講義:

« 共同利用・共同研究課題「オスマン文書史料の基礎的研究」2018年度第2回研究会 | トップページ | イラン研究会の出欠 »