« 『アーイーニ・アクバリー』シンポジウム | トップページ | 小松久男先生最終講義 »

2019年1月31日 (木)

共同利用・共同研究課題「オスマン文書史料の基礎的研究」2018年度第2回研究会

共同利用・共同研究課題「オスマン文書史料の基礎的研究」2018年度第2回研究会
2019年2月27日(水) 14:00–17:30
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所マルチメディアセミナー室(304)
    14:00–16:00 岩本佳子(AA研ジュニア・フェロー)「租税調査台帳 Tahrir Defteri はいつ消滅したのか:オスマン朝における租税調査台帳の発展と衰退の研究」
    コメンテータ:熊倉和歌子(AA研所員)
    16:30–17:30 全員 総合討論
    使用言語:日本語
    参加費:無料
    事前申し込み:不要

    共催
        AA研,科研費(基盤B)「イスラーム圏における簿記史料の通時的・共時的研究」(代表者:髙松洋一(AA研所員)課題番号:17H02398)

« 『アーイーニ・アクバリー』シンポジウム | トップページ | 小松久男先生最終講義 »

共同研究課題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 『アーイーニ・アクバリー』シンポジウム | トップページ | 小松久男先生最終講義 »