« セミナー「サファヴィー朝工芸史研究のいま」 | トップページ | 論文集『司法の形態と諸制度--オスマン的文脈における法的行為』 »

2018年11月26日 (月)

講演会「カリフ制への三つの視角」

科研費基盤A「イスラーム国家の王権と正統性」は、東洋文庫西アジア研究班と共催で、下記の通り講演会を開催いたします。

講演者ヒュセイン・ユルマズ博士は、オスマン朝史がご専門で、カリフ制についての最新の研究書Caliphate Redefined(2018)の著者でいらっしゃいます。

皆様のご参加をお待ちしております。

ヒュセイン・ユルマズ博士講演会
日時:2018年12月20日(木)17:00-19:00

会場:東洋文庫7階 会議室1・2 (文京区本駒込2-28-21)

内容:

Dr. Huseyin Yilmaz, George Mason University

Three Visions of the Caliphate: Rulers, Jurists, and Sufis on Political Authority in Islam

The caliphate has been one of the most hotly contested notions of authority since the early days of Islam. It was continuously reinterpreted in response to changing circumstances. Despite conflicts and disagreements, the caliphate always remained at the core of any vision regarding the materialization of Islamic ideals, including the political authority. Among others, ruling establishments, jurists and Sufis envisioned the caliphate in their own ways which resulted long lasting tensions between these three principal constituents of Islamicate societies.

英語・通訳なし 参加自由・無料、

« セミナー「サファヴィー朝工芸史研究のいま」 | トップページ | 論文集『司法の形態と諸制度--オスマン的文脈における法的行為』 »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 講演会「カリフ制への三つの視角」:

« セミナー「サファヴィー朝工芸史研究のいま」 | トップページ | 論文集『司法の形態と諸制度--オスマン的文脈における法的行為』 »