« 第11回近代中央ユーラシア比較法制度史研究会のご案内 | トップページ | 国際シンポジウム「王権、イデオロギー、言説--イスラーム王朝の正統化」 »

2018年11月 1日 (木)

2018年度 東洋史研究会大会

2018年度 東洋史研究会大会

日 程:2018年11月4日(日)

時 間:午前10時~午後5時(講演終了後、懇親会を予定しております)

会 場:京都大学文学部新館第三講義室(二階)

午後の部      
小倉 智史「デリー・サルタナト期パンジャーブ北部の土着集団について」
澤井 一彰「1660年のイスタンブル大火とその歴史的評価」

« 第11回近代中央ユーラシア比較法制度史研究会のご案内 | トップページ | 国際シンポジウム「王権、イデオロギー、言説--イスラーム王朝の正統化」 »

研究会情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018年度 東洋史研究会大会:

« 第11回近代中央ユーラシア比較法制度史研究会のご案内 | トップページ | 国際シンポジウム「王権、イデオロギー、言説--イスラーム王朝の正統化」 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ