« マシュハド・アーザード大学イラン研究コース | トップページ | 国際ワークショップ「中央アジア知識人の移動性」 »

2018年6月11日 (月)

オスマン史研究会第7回定例大会

この度、オスマン史研究会第7回定例大会を下記の要領で開催することとなりました。

今年の研究会では、成蹊大学の佐々木紳さんと、慶應義塾大学の鈴木真吾さんに報告をお願いしました。
今回は、東京外国語大学本郷サテライトで開催しますので、ご注意ください。皆様のご参加をお待ち申し上げております

「オスマン史研究会第7回定例大会」

【日時】
2018年7月7日(土)14:00~18:00


【場所】
東京外国語大学本郷サテライト5階セミナー室
東京都文京区本郷2-14-10

【プログラム】
司会 澤井一彰
14:10~15:30 佐々木紳(成蹊大学)
「オスマン帝国史のなかのギュルハーネ勅令:その近世史的起源」


15:50~17:20 鈴木真吾(慶應義塾大学)
近代オスマン都市における疫病と衛生:1910-1911年イズミル・コレラ感染地図から

17:30~18:00 総合討論

※建物の施錠の関係上、できるだけ定刻にお集まりください。

« マシュハド・アーザード大学イラン研究コース | トップページ | 国際ワークショップ「中央アジア知識人の移動性」 »

研究会情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オスマン史研究会第7回定例大会:

« マシュハド・アーザード大学イラン研究コース | トップページ | 国際ワークショップ「中央アジア知識人の移動性」 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ