« AA研基幹研究「中東・イスラーム圏」研究員発表会 | トップページ | 「イスラーム圏における簿記史料の通時的・共時的研究」2018年度第1回研究会のご案内 »

2018年3月18日 (日)

イラン研究会2018 プログラム

2017年第37回イラン研究会、プログラム(3月18日修正)

会場、同志社大学今出川キャンパス、至誠館 3 階、会議室(至誠館の入り口と階 段 3 階に案内用張り紙の予定)。
https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/imadegawa/imadegawa.html#campusmap

今出川キャンパスは、京都駅から地下鉄烏丸線に乗り、今出川駅で下車。最南端東側出 口から出ると、今出川烏丸通交叉点の東北角にでますので、烏丸通を 10 メーターほど北 上、すぐ、大学西門になります。門衛詰め所がありますので、そこで至誠館を尋ねるのも よし(今出川キャンパス西門から入り、そのまま、まっすぐ、突き当たり左側手前にあ る、独特の形のクラーク記念館の一つ手前(西側)の建物が至誠館です)。その 3 階まで 階段で登れば左側にあるのが会議室の部屋です。

3 月 24 日(土)、(以下敬称・略)
1)13:00~13:30(質疑 10 分)、
ハムザ・ツルスノブ(ウズベキスタン)、 「‘adab’について」、
2)13:40~14:20 (うち質疑 10 分)、
中村菜穂、「M.タギー・バハールとイラン現代詩」
3)14:30~15:10、
コンフェッション/ 近況報告・自己紹介、  a) 飯塚正人、b) 原隆一、c) 中村明 日香(イラン出張報告) d) 藤元優子
4) 15:20~ 深見和子、(コンフェッションを兼ねた)報告「羽田家蔵書・資料の整理について」

引き続き、近場(寺ノ内地区)に位置する羽田先生 菩提寺墓参—深見さん案内、 興聖寺(こうしょうじ)京都市上京区堀川通寺之内上ル 2 丁目上天神町 647、

懇親会場、出町柳 枡形商店街入り口、「里空木」を予定
https://www.facebook.com/里空木-437008876320381/ https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260302/26008666/dtlratings/#price-range

3 月 25 日(日) 
1)    10:00~10:40(うち質疑 10 分)、
黒田卓「イラン系ムスリム知識人がみた近代世界」、
2)    10:50~11:50、
近藤信彰、「近世以降 イランにおける口誦文学—ハムザ物語を巡って」、
3) 12:00~14:00 昼食(アマーク・ド・パラディ 寒梅館寒梅館 ランチ)と近隣散策
(虎屋菓寮→その裏門から、御所の乾御門→御所御苑(近衛邸宅跡庭園 池と櫻→ 今出川御門経由→大学正門[東門]→至誠館会議室へ)、
4)14:10~14:40、 ベヘナム・ジャヘドザデ「日本語母語話者ペルシア語学習者の誤用—母語転移とその他の要因の例—」質疑 10 分、
5)  14:50~15:20(質疑 10 分)
森山央朗、ホラーサーン系「ハディースの徒」:10世紀から13世紀のハディース学の展開、
6) 15:30 コンフェッション 続き(もし、終わってない人がいれば )、
1 時間ほどにて閉会(時間余れば 、春の御所周辺を散策)

« AA研基幹研究「中東・イスラーム圏」研究員発表会 | トップページ | 「イスラーム圏における簿記史料の通時的・共時的研究」2018年度第1回研究会のご案内 »

研究会情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イラン研究会2018 プログラム:

« AA研基幹研究「中東・イスラーム圏」研究員発表会 | トップページ | 「イスラーム圏における簿記史料の通時的・共時的研究」2018年度第1回研究会のご案内 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ