« 第9回近代中央ユーラシア比較法制度史研究会のご案内 | トップページ | Japonya'da Sohbet-i Osmaniye (第5回) »

2017年6月23日 (金)

Shirine Hamadeh 氏講演会「 18 世紀イスタンブルの泉」(東洋文庫、 2017/7/15 )

来る7月15日(土)に、東洋文庫にて以下の要領でオスマン帝国史の研究会(シ
ーリーン・ハマーデ氏講演会)を開催いたします。

この度の研究会では、18世紀イスタンブルの庭園や泉などを通して、建築史や文
学史のアプローチを組み合わせつつオスマン朝の都市社会の変容を研究してきた
シーリーン・ハマーデ氏をお招きし、イスタンブルの泉とその碑文詩について、
方法論に焦点を当てて報告していただきます。ふるってご参加ください。

シーリーン・ハマーデ氏講演会

【日時】:2017 年7月15日(土) 17:00~19:00
【場所】:東洋文庫7階会議室
会場アクセス:http://www.toyo-bunko.or.jp/about/access.html

【プログラム】
司会 秋葉淳(千葉大学)
講演 Shirine Hamdeh (Rice University)
Fruits, Flowers, Rhymes and Fountains, and a Short History of Istanbul
in the Eighteenth Century

参加無料、事前登録不要。

連絡先:秋葉淳 (j-akiba[at]faculty.chiba-u.jp)
主催:科研費基盤(B)「17~19世紀オスマン帝国における近代社会の形成」(
26284106)(研究代表者:秋葉淳)

※シーリーン・ハマーデShirine Hamadeh:主に18世紀オスマン帝国の都市社会、
建築、美術を研究。主著『都市の愉楽:18世紀のイスタンブル』(The City’s
Pleasures: Istanbul in the Eighteenth Century, 2007)。

« 第9回近代中央ユーラシア比較法制度史研究会のご案内 | トップページ | Japonya'da Sohbet-i Osmaniye (第5回) »

研究会情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 第9回近代中央ユーラシア比較法制度史研究会のご案内 | トップページ | Japonya'da Sohbet-i Osmaniye (第5回) »