« Edhem ELDEM先生集中講義 | トップページ | 「イスラーム圏における簿記史料の通時的・共時的研究」2017年度第3回研究会のご案 内 »

2017年6月20日 (火)

オスマン史研究会第6回定例大会

この度、オスマン史研究会第6回定例大会を下記の要領で開催することとなりま
した。 今年の研究会では、本研究会の発起人である東京大学名誉教授、鈴木董
氏と、東京大学大学院でオスマン帝国における鉱山経営について研究をされてい
る佐治奈通子氏に報告をお願いしました。今回は例年と場所が異なり、東京外国
語大学本郷サテライトで開催しますので、ご注意ください。皆様ふるってご参加
ください。

「オスマン史研究会第6回定例大会」

【日時】
2017年7月8日(土)14:00~18:00
【場所】
東京外国語大学本郷サテライト5階セミナー室
東京都文京区本郷2-14-10
http://www.tufs.ac.jp/common/satellite/#access  
【プログラム】
司会 秋葉淳
14:10~15:30 鈴木董(東京大学名誉教授)
「文明の見える境界と感じる境界―アーオール・アフメットの『3つの文明』を出
発点として」
15:50~17:20 佐治奈通子(東京大学)
「15世紀末から16世紀前半のオスマン朝鉱山経営:クラトヴァ鉱山の事例を中心
に」(仮)
17:30~18:00 総合討論

※建物の施錠の関係上、できるだけ定刻にお集まりください

« Edhem ELDEM先生集中講義 | トップページ | 「イスラーム圏における簿記史料の通時的・共時的研究」2017年度第3回研究会のご案 内 »

研究会情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オスマン史研究会第6回定例大会:

« Edhem ELDEM先生集中講義 | トップページ | 「イスラーム圏における簿記史料の通時的・共時的研究」2017年度第3回研究会のご案 内 »