« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月17日 (金)

「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」 2016 年度第 10 回研究会のご案内

「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」

2016年度第10回研究会のご案内

「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」(科研費基盤(B)、代表者:高
松洋一)では、2016度第10回となる研究会を下記要領で開催いたします。
研究会では史料講読をおこないます。扱う史料は、サファヴィー朝(1501-1736)シャ
ー・タフマースプShah Tahmasp(r. 1524-76)期に成立したギヤース・アッディーンGh
iyath al-Din Abu Ishaq Kirmaniの簿記術論文です。
【日時】
2017年3月17日(金)16:00~19:00
※開催時間が通常より早くなっておりますので、ご注意下さい。
【場所】
東洋文庫7階会議室1・2(http://www.tbias.jp/access.html
【講読史料】
Ghiyath al-Din Abu Ishaq Kirmaniによる簿記術論文(ペルシア語およびアラビア語)
【講読箇所】
第3部(daf‘a)「アワールジャ帳簿(awarja)について」
第2種(naw')「委託管理者(arbab al-tahawil)について」
Mar‘ashi 8140: 167. アワールジャ帳簿用例(ページ冒頭「al-qarar」より)
写本画像:
Mar‘ashi 8140: 167- = image 86-
Majlis 6544: 75a- = image 81-
Astan-i Quds 7148: 72b- = image 74-
Majlis 3117: 99b- = image 102-
【担当】
阿部尚史(東京大学中東地域研究センター特任助教)

今回はじめて参加されるという方には、必要資料をご用意しますので、本案内文末に記
した連絡先までご連絡ください。みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

2017年3月 8日 (水)

「近世イスラーム国家と周辺世界」2016年度第2回研究会

アジア・アフリカ言語文化研究所の共同研究課題「近世イスラーム国家と周辺世界」では、2016年度第2回の研究会を開催いたします。今回は、インドとイランの歴史に関する報告が中心です。皆様のご参加をお待ち申し上げております。

 

共同研究課題「近世イスラーム国家と周辺世界」2016年度第2回研究会

日時:2017327日(月)13:0018:00

会場:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所大会議室(303)
(府中市朝日町3-11-1)

 

13:00 真下裕之 AA研共同研究員、神戸大学)

「アズファリー著『サーニハート』の新発見写本について」

13;50 和田郁子(AA研共同研究員、岡山大学)

「英国商人のマスリパトナム日記――17世紀後半の南インド」(仮)

14:40 二宮文子(AA研共同研究員、青山学院大学)

「南アジアの近世ペルシア語文学を巡る近年の研究動向」

15:50 山口昭彦 (AA研共同研究員、聖心女子大学)

「在地ウラマーの任命書からみる中央=地方関係――17−19世紀イランのアルダラーン州を例に」

16:40 近藤信彰 (AA研所員)

「近世イランにおける預言者の血と王家の血――『ダビデ一族詩篇』に見る王権と系譜」

17:30 総合討論 「プロジェクトを振り返って」

2017年3月 7日 (火)

2017 イラン研究会プログラム

下記のとおり、第36回イラン研究会を開催いたします。どうぞ奮ってご参加ください。

 

◎ 25日懇親会につきまして、大東文化会館近くのイラン料理レストラン「アリーズ・ケバブ」を予定しております。懇親会への参加をご希望の方で、まだご連絡いただいていない方は、お知らせください。

 

◎ 発表時間につきまして、多少余裕があります。中間報告等も歓迎いたしますので、お話しいただける方は、ご連絡いただければありがたく存じます。

 

◎ 参加者の近況報告および恒例の「コンフェッション」の時間を長めに設けてあります。スライド等ご使用の際は、なるべく事前にお知らせください。

 

******************************************************

 

        記

 

■日時 平成29325日(土)午後1時から午後5時まで

      326日(日)午前10時から午後5時まで

■場所 大東文化会館

   東武東上線・東武練馬駅下車、徒歩1分

   板橋区徳丸2-4-21 電話:0353997399

(地図:http://www.daito.ac.jp/file/block_49512_01.pdf

■共催 大東文化大学東洋研究所

 

■プログラム(予定)

325日(土)

12:00 開場

13:00 開会の辞

13:30-14:10 細谷幸子「イランの薬害問題~血液製剤を介したHIVC型肝炎ウィルス感染の補償をめぐる裁判」

14:10-14:50 鈴木均「ロンドン帰国報告」

15:00-16:00 コンフェッション1

16:00-17:00 上岡弘二、近藤信彰、深見和子「羽田亨一先生追悼」

17:30-20:00 懇親会

 

326日(日)

3月26日(日)
10:00-10:40 西川優花「イラン・エスファハンの河川灌漑地域における生業の維持と変容に関して」
10:40-11:20 村山木乃実「アリー・シャリーアティー(1933-1977)の評価の変遷」
11:20-12:00 ベヘナム・ジャヘドザデ「現代ペルシア語の表記法の多様性について」
      ~休憩~
13:00-15:00  コンフェッション2
15:10-15:50 原隆一・中村菜穂「『イラン研究 万華鏡』(東洋研究所、2016年12月刊行)をめぐって」
15:50-16:30 原隆一・南里浩子「『大野盛雄 フィールドワークの軌跡Ⅰ ―50年の研究成果と背景―』(東洋研究所、2017年3月刊行)をめぐって」
16:30 閉会の辞

2017年3月 6日 (月)

日本イスラーム協会 研究会

イスラームとイスラーム諸国「理論と動向研究会」開催のお知らせ
下記の要領で、イスラームとイスラーム諸国「理論と動向研究会」を開催します。奮ってご参加ください。

日時:3月8日(水)10時半
場所:東京大学赤門総合研究棟8階840号室
講師:阿部尚史(東京大学)
演題:19世紀イラン社会における婚姻:制度と実態

2017年3月 5日 (日)

講演会「モンゴル以降のイスラーム世界史研究への新視点」

3月26日(日曜日)の午後、同志社大学今出川校地において、

New Perspectives on the Study of the Post-Mongol Islamic Worldと題する公開講演会を行います。
講演者は、ボアジチ大学のデリン・テルズィオウル博士、および、ボン大学のユ
ーディット・ファイファー博士とイルケル・エヴリム・ビンバシュ博士です。

使用言語は英語で、会場、日時、演題などの詳細は以下の通りです。
事前登録などは必要ありませんので、ふるってご参加ください。

New Perspectives on the Study of the Post-Mongol Islamic World

Date and Time: March 26 (Sun) 13:30-18:00
Venue: Room K24, Kouhu-Kan(弘風館) Bldg., Imadegawa Campus, Doshisha
University

13:30-13:40 Opening Remarks
13:40-14:55 Derin Terzioğlu (Boğaziçi University/ Freie Universität
Berlin): ‘The Child is the Secret of his Father’: Ottoman Perspectives
on Children and Childrearing in the Early Modern Era.
15:10-16:25 Judith Pfeiffer (The University of Bonn): Rashīd al-Dīn in
the Eye of the Beholder: Why Reception History Matters.
16:40-17:55 İlker Evrim Binbaş (The University of Bonn): Sovereignty and
Myth: The Use and Abuse of the Concept of Legitimation in the Study of
Early Modern Islamic History.
17:55-18:00 Closing Remarks

Contact Person: Teruaki Moriyama (temoriya[at]mail.doshisha.ac.jp)
The event is free of charge and open to the public. No registration
required.

Co-sponsored by School of Theology, Doshisha University; JSPS Kakenhi, “
Kingship and Legitimacy of Islamic Dynasties: Focusing on the Early
Modern Empires” (15H01895); JSPS Kakenhi, “Formation of Modern Society
in the Ottoman Empire, 17th to 19th Centuries” (26284106); Institute for
Advanced Studies on Asia, The University of Tokyo (Tobunken Symposium);
Japan Office, Association for the Study of Persianate Societies (Gilas
Seminar).

Abstracts
‘The Child is the Secret of his Father’: Ottoman Perspectives on
Children and Childrearing in the Early Modern Era
Derin Terzioğlu (Boğaziçi University/ Freie Universität Berlin)
What did it mean to be a child living in the Ottoman realms during the
sixteenth, seventeenth or eighteenth centuries? Sadly, we might never be
able to recover the voices of children who lived in this bygone society,
but we are fortunate to have at hand a variety of sources that give us
important insights into the material and social environments in which
children lived, and the attitudes that adults, especially learned, urban,
male adults had towards children and child-raising. My paper will
examine what Ottoman literati had to say about children and child-
raising in a number of different genres of religious and moral advice,
written between the fifteenth and eighteenth centuries. It will be shown
that while Ottoman writers’ views about children and child-raising were
clearly indebted to medieval Islamic (and indirectly, Hellenistic)
literature, they also responded to the changing social practices around
them.

Rashīd al-Dīn in the Eye of the Beholder: Why Reception History Matters
Judith Pfeiffer (The University of Bonn)
Based on a set of unpublished sources that are found in international
manuscript libraries, this lecture is devoted to Rashīd al-Dīn and his
works. It adopts a holistic view on Rashīd al-Dīn’s oeuvre, and focuses
on its reception during the subsequent centuries, which has so far
received a somewhat lopsided attention. The lecture combines big-picture
questions on how early modern intellectual currents were forged with the
detailed study of some of the extant manuscripts of Rashīd al-Dīn’s
works, reflecting on the contribution of Rashīd al-Dīn and comparable
scholars to the cultural, intellectual, and political transformations of
the Nile-to-Oxus region during the post-Mongol period. This paper argues
that there existed a distinct early modern textual scholarship on Rashīd
al-Dīn’s historical and theoretical works.

Sovereignty and Myth: The Use and Abuse of the Concept of Legitimation
in the Study of Early Modern Islamic History
İlker Evrim Binbaş (The University of Bonn)
The concept of dynastic legitimation, according to which pre-modern
dynasties used various discursive strategies to legitimize their rule in
the eyes of their subjects, is arguably the most commonly deployed
statement to explain myths of sovereignty in Islamic history. Although
this idea has its own merits especially at the initial stages of a
research project, it fails to explain the existence of competing myths
of sovereignty in a given historical context. By relying on various
literary, genealogical, and historiographical material from the late
fifteenth and the sixteenth century Timurid, Turkmen, and Ottoman
empires, I will argue in my presentation that the myths of sovereignty
were in fact carefully codified constitutional paradigms, the nature of
whose contents can be understood only through specific contextual
analyses.

なお、関連するワークショップなどが東京でも予定されております。
東京でのイベントについては、以下のURLをご参照ください。
http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/news/news.php?id=FriFeb171905422017
http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/news/upimg2009/news170322_program.pdf

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ