« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月22日 (水)

「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」2/25

「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」2016年度
特別研究会のご案内
「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」(科研費基盤(B)、
代表者:高松洋一)では、通常の史料講読とは別に、オスマン朝の財務行政が
ご専門の清水保尚さんをお迎えして、下記の要領で研究会を開催いたします。
【発表タイトル】
「16世紀後半のハレブ財政機構」
【日時】
2017年2月25日(土)14:00~17:00
【場所】
東洋文庫2階講演室(http://www.tbias.jp/access.html
アンカラより一時帰国中の清水さんに、オスマン朝の帳簿のあり方について
質問できるよい機会になると思います。皆様のご参加をお待ちしております。

2017年2月19日 (日)

モンゴル時代史ワークショップのご案内(3/22)

この度、3月後半に来日されるボン大学のユーディット・ファイファー博士とイルケル・エヴリム・ビンバシュ博士に主たるコメンテータをお願いし、"Dynamics in Middle Eastern Societies during the Mongol Period" と題するワークショップを開催します。
 前半の「大学院生の部」、後半の「less juniorな研究者の部」(非公式名称)ともに、最新の研究成果が呈示される場となるだけでなく、白熱した「ガチの議論」が展開される場となればと考えています。関心をお持ちの皆さまにおかれましては、ぜひご参加いただき、議論をさらに盛り上げていただければと存じます。ふるってご参加下さい。
 なお、本ワークショップは、東洋文化研究所、科研費研究プロジェクト「イスラーム国家の王権と正統性:近世帝国を視座として」(15H01895;近藤信彰代表)、Association for the Study of Persianate Societies日本事務所の共催により開催するものです。
 また、ファイファー、ビンバシュ両博士来日中には、3月19日には東京で(http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/news/news.php?id=MonFeb61214582017)、3月26日には京都で(近日中に広報開始)、それぞれ関連の会が企画されています。こちらにもぜひお運びいただけると幸いです。
(文責:森本一夫)

Venue: Room 304, Institute for Advanced Studies on Asia (Tobunken), The University of Tokyo
Date and Time: March 22, 2017 (Wed), 13:30-17:45

Program:

13:30-13:35:
Opening remarks (Kazuo Morimoto, The University of Tokyo).

13:35-14:05:
Maaya Kanaya (The University of Tokyo), Motherhood and Sainthood: Representation of Rulers and Legitimacy in the Qara Khitai of Kirmān under the Ilkhanids.

14:05-14:35:
Kaori Otsuya (Kyoto University), Relationship between Maliki Imams of Mecca and Muslims of the Maghrib and Takrur in the 14th Century.

14:35-15:05:
Ryo Mizukami (The University of Tokyo), Advocating Twelver Imamism by Approving Sunni Ulama: A Strategy Utilized by Iraqi Shiʿi Ulama from the 12th to the 14th Century.

15:05-15:30:
Coffee break.

15:30-16:30:
Osamu Otsuka (The University of Tokyo), Qāshānī and Rashīd al-Dīn: A New Perspective on Ilkhanid Historiography.

16:30-17:30:Ryoko Watabe (The University of Tokyo), The Role of Tājīk Bureaucrats in the Establishment of Administrative System in Iran under the Mongol Rule.

17:30-17:45:General comments (Judith Pfeiffer, University of Bonn, and İlker Evrim Binbaş, University of Bonn)

17:45:Concluding remarks (Kazuo Morimoto)

*Snacks and drinks will be served in the Room 805 after the workshop.
**The event is free of charge and open to the public. No registration required.
Contact Person: Kazuo Morimoto (morikazu[at]ioc.u-tokyo.ac.jp)

それぞれの発表のアブストラクトを以下からご覧いただけます(以上の内容も含むより詳細なプログラム)。
【URL】
http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/news/news.php?id=FriFeb171905422017
【PDF】
http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/news/upimg2009/news170322_program.pdf

2017年2月 6日 (月)

State, Religion, and Authority in the Post-Mongol Persianate World and Beyond

中東学会会員の皆さま
年度末も迫り、お忙しくお過ごしのことと存じます。
さて、来る3月19日(日)に、東京大学東洋文化研究所を会場として、以下のような大変豪華なワークショップを企画しました。近年の内外の「イスラーム史」研究においては、13世紀半ばのバグダード陥落と19世紀以降の近代との間に横たわる5世紀以上の時間のなかで、主としてユーフラテス川の北と東で起きたさまざまな展開を正当に評価しなければならないという意識が目に見えて強まっています。このワークショップもそのような意識と関係するところで企画されたものと言えます。同時に、このワークショップのプログラムは、さらに多様な狙いが込められた豊かなものとなっており、また、参加者それぞれの多様な関心にも充分に答えるものとなっています。皆さまふるってご参加いただき、ワークショップでの議論に加わっていただけますと幸いです。なお、案内文末尾には、このワークショップで発表される外国からの招待者の方々が参加される関連企画に関する情報を載せています。そちらもぜひご参照下さい。(文責:森本一夫)

One-day Workshop
State, Religion, and Authority in the Post-Mongol Persianate World and Beyond

Date and Time: March 19 (Sun) 10:30-18:30

Venue: Room 303, Institute for Advanced Studies on Asia, The University of Tokyo

Program

Session 1: Aspects and Manifestations of Political Authority in Mongol and Post-Mongol Periods (13th-15th c.)

10:30-10:40 Opening remarks
10:40-11:25 Hiroyuki Ogasawara (Kyushu University): Solving the Ottoman Genealogical Puzzle
11:30-12:15 İlker Evrim Binbaş (The University of Bonn): The Qaraqoyunlu, Shiʿism, and the Idea of Confessional Ambiguity
Lunch
13:30-14:15 Judith Pfeiffer (The University of Bonn): Spiritual Authority, Political Hierarchy, and Social Order in the Works of Rashīd al-Dīn
14:15-14:45 Discussion (chaired by Kazuo Morimoto, The University of Tokyo)

Coffee break

Session 2: Confessionalization in Global Context: The Ottoman Empire, Europe, and Japan

15:15-15:25 Opening remarks
15:25-16:10 Derin Terzioğlu (Boğaziçi University/Freie Universität Berlin): The Uses and Limits of the Confesionalization Paradigm in Making Sense of the Social and Political History of Islam in the Early Modern Ottoman Empire
16:15-17:00 Tomoji Odori (Musashi University): Confessionalization and Religious Minorities in Early Modern Europe and Tokugawa Japan
Coffee break
17:15-18:00 Masayuki Ueno (Osaka City University): Another Case of Confessionalization?: Ottoman Armenians in the 18th Century
18:00-18:30 Discussion (Chaired by Jun Akiba, Chiba University)

For abstracts, please visit http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/news/upimg2009/news170314_program_morimoto.pdf.

Contact Person: Kazuo Morimoto (morikazu[at]ioc.u-tokyo.ac.jp)
The event is free of charge and open to the public. No registration required.

Co-sponsored by Institute for Advanced Studies on Asia (Tobunken Symposium); JSPS Kakenhi, “Kingship and Legitimacy of Islamic Dynasties: Focusing on the Early Modern Empires” (15H01895); JSPS Kakenhi, “Formation of Modern Society in the Ottoman Empire, 17th to 19th Centuries” (26284106); Japan Office, Association for the Study of Persianate Societies (Gilas Seminar).

2017年2月 2日 (木)

山田寅次郎研究会 2017

自動代替テキストはありません。

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ