« State, Religion, and Authority in the Post-Mongol Persianate World and Beyond | トップページ | 「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」2/25 »

2017年2月19日 (日)

モンゴル時代史ワークショップのご案内(3/22)

この度、3月後半に来日されるボン大学のユーディット・ファイファー博士とイルケル・エヴリム・ビンバシュ博士に主たるコメンテータをお願いし、"Dynamics in Middle Eastern Societies during the Mongol Period" と題するワークショップを開催します。
 前半の「大学院生の部」、後半の「less juniorな研究者の部」(非公式名称)ともに、最新の研究成果が呈示される場となるだけでなく、白熱した「ガチの議論」が展開される場となればと考えています。関心をお持ちの皆さまにおかれましては、ぜひご参加いただき、議論をさらに盛り上げていただければと存じます。ふるってご参加下さい。
 なお、本ワークショップは、東洋文化研究所、科研費研究プロジェクト「イスラーム国家の王権と正統性:近世帝国を視座として」(15H01895;近藤信彰代表)、Association for the Study of Persianate Societies日本事務所の共催により開催するものです。
 また、ファイファー、ビンバシュ両博士来日中には、3月19日には東京で(http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/news/news.php?id=MonFeb61214582017)、3月26日には京都で(近日中に広報開始)、それぞれ関連の会が企画されています。こちらにもぜひお運びいただけると幸いです。
(文責:森本一夫)

Venue: Room 304, Institute for Advanced Studies on Asia (Tobunken), The University of Tokyo
Date and Time: March 22, 2017 (Wed), 13:30-17:45

Program:

13:30-13:35:
Opening remarks (Kazuo Morimoto, The University of Tokyo).

13:35-14:05:
Maaya Kanaya (The University of Tokyo), Motherhood and Sainthood: Representation of Rulers and Legitimacy in the Qara Khitai of Kirmān under the Ilkhanids.

14:05-14:35:
Kaori Otsuya (Kyoto University), Relationship between Maliki Imams of Mecca and Muslims of the Maghrib and Takrur in the 14th Century.

14:35-15:05:
Ryo Mizukami (The University of Tokyo), Advocating Twelver Imamism by Approving Sunni Ulama: A Strategy Utilized by Iraqi Shiʿi Ulama from the 12th to the 14th Century.

15:05-15:30:
Coffee break.

15:30-16:30:
Osamu Otsuka (The University of Tokyo), Qāshānī and Rashīd al-Dīn: A New Perspective on Ilkhanid Historiography.

16:30-17:30:Ryoko Watabe (The University of Tokyo), The Role of Tājīk Bureaucrats in the Establishment of Administrative System in Iran under the Mongol Rule.

17:30-17:45:General comments (Judith Pfeiffer, University of Bonn, and İlker Evrim Binbaş, University of Bonn)

17:45:Concluding remarks (Kazuo Morimoto)

*Snacks and drinks will be served in the Room 805 after the workshop.
**The event is free of charge and open to the public. No registration required.
Contact Person: Kazuo Morimoto (morikazu[at]ioc.u-tokyo.ac.jp)

それぞれの発表のアブストラクトを以下からご覧いただけます(以上の内容も含むより詳細なプログラム)。
【URL】
http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/news/news.php?id=FriFeb171905422017
【PDF】
http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/news/upimg2009/news170322_program.pdf

« State, Religion, and Authority in the Post-Mongol Persianate World and Beyond | トップページ | 「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」2/25 »

研究会情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モンゴル時代史ワークショップのご案内(3/22):

« State, Religion, and Authority in the Post-Mongol Persianate World and Beyond | トップページ | 「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」2/25 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ