« モンゴル時代史ワークショップのご案内(3/22) | トップページ | 講演会「モンゴル以降のイスラーム世界史研究への新視点」 »

2017年2月22日 (水)

「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」2/25

「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」2016年度
特別研究会のご案内
「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」(科研費基盤(B)、
代表者:高松洋一)では、通常の史料講読とは別に、オスマン朝の財務行政が
ご専門の清水保尚さんをお迎えして、下記の要領で研究会を開催いたします。
【発表タイトル】
「16世紀後半のハレブ財政機構」
【日時】
2017年2月25日(土)14:00~17:00
【場所】
東洋文庫2階講演室(http://www.tbias.jp/access.html
アンカラより一時帰国中の清水さんに、オスマン朝の帳簿のあり方について
質問できるよい機会になると思います。皆様のご参加をお待ちしております。

« モンゴル時代史ワークショップのご案内(3/22) | トップページ | 講演会「モンゴル以降のイスラーム世界史研究への新視点」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」2/25:

« モンゴル時代史ワークショップのご案内(3/22) | トップページ | 講演会「モンゴル以降のイスラーム世界史研究への新視点」 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ