« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月31日 (火)

第3回 “Japonya’da Sohbet-i Osmaniye”

March 21 (Tue), Chiba
15:30-18:00
Half-day Workshop: Japonya’da Sohbet-i Osmaniye-3

 科研費基盤(B)「17~19世紀オスマン帝国における近代社会の形成」(研究代表者:秋葉)は、九州大学拠点教育プログラム・拠点形成プロジェクト「近現代イスラーム世界の国家形成をめぐる宗教・暴力・民族共存の総合的研究」と共催で、第3回 “Japonya’da Sohbet-i Osmaniye” を下記の要領で開催することとなりました。
 近世オスマン帝国の文化・思想・宗教を専門とするデリン・テルズィオール氏をお招きし、オスマン史研究上の諸問題について意見交換を行います。奥美穂子氏(オスマン朝文化史)と川本智史氏(オスマン朝建築史)に話題提供していただきます。ふるってご参加下さい。

Venue: Seminar Room 25, Faculty of Letters, Nishi-Chiba Campus, Chiba University
Chair: Jun Akiba (Chiba University)
Speakers:
Mihoko Oku (Meiji University): Power and Festivity in the Ottoman Empire: Toward a Comparative History
Satoshi Kawamoto (JSPS/Harvard University): Where's Sultan?: A Historical Study on the Space of Audience in the Ottoman Palace
Discussant: Derin Terzioğlu (Boğaziçi University/Freie Universität Berlin)

The event is free of charge and open to the public. No registration required.

2017年1月21日 (土)

国際ワークショップ"Kanun and Taxation in the Ottoman Empire" (2/21)のご案内

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所中東イスラーム研究拠点は、人間文化研究機構現代中東地域研究事業の一環として、東洋文庫研究部西アジア研究班と共催で下記の通り講演会を開催いたします。オスマン朝下における法、正義、税制に関して、この分野の第一人者でいらっしゃるアリゾナ大学のLinda Darlingさん、若手研究者の岩本佳子さんを迎えて行います。
皆様のご参加をお待ち申し上げております。

International workshop "Kanun and Taxation in the Ottoman Empire"

Date and time: Tuesday February 21, 2017, 16;00-19:00

Venue:  Conference room, the 2nd floor, Toyo Bunko
2-28-1, Honkomagome, Bunkyo-ku Tokyo

Program
Keiko Iwamoto (JSPS/ILCAA)
"Transformation of the Ottoman Auxiliary Unit:
Yörüks and Müsellems in the Balkans as Tax-payers"

Linda Darling (The University of Arizona)
"Kanun and Kanunname in the Ottoman Empire"

The workshop is co-organaized by MEIS-ILCAA (NIHU Area Studies Project for the Modern Middle East) and West Asia Research group, Research Department of the Toyo Bunko

2017年1月20日 (金)

Guy Burak氏講演会のお知らせ

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所中東イスラーム研究拠点は、人間文化研究機構現代中東地域研究事業の一環として、東洋文庫研究部西アジア研究班と共催で下記の通り講演会を開催いたします。

    近世のメッカとインド洋に関する興味深い講演ですので、皆様のご参加をお待ちしております。

    記
    Guy Burak氏講演会
    日時:2017/2/20(月) 17:00 - 19:00
    会場: 東洋文庫7F会議室(文京区本駒込2-28-21)
      http://www.toyo-bunko.or.jp/about/access.html
   

    プログラム:
    Guy Burak (New York University)
    Between Istanbul and Gujarat: Descriptions of Mecca in the     Sixteenth-Century Indian Ocean

    使用言語:英語
    参加費:無料
    事前申し込み:不要

    共催:
    アジア・アフリカ言語文化研究所中東イスラーム研究拠点(人間文化研究機構「現代中東地域研究」推進事業),東洋文庫研究部西アジア研究班

   

2017年1月19日 (木)

国際ワークショップ State and Shari`a in Pre 20th Century Middle East

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所中東イスラーム研究拠点は、現代中東地域研究推進事業の一環として、新学術領域研究「グローバル関係学」A01班と共催で、下記の通り、2日間の国際ワークショップを開催いたします。そのうち2日目は、Linda Darling氏、Guy Burak氏、秋葉淳氏を招きまして、“State and Shari`a in the Pre-20 Century Middle East”と題しまして、20世紀以前の中東の国家とシャリーアの関係について議論します。皆様のご来場をお待ち申し上げます。

Two day workshop at ILCAA
Venue:  Large Conference Room 303, ILCAA, Tokyo University of Foreign Studies
3-11-1, Asahicho, Fuchu, Tokyo
http://www.aa.tufs.ac.jp/ja/about/access

Day 1, Friday, February 17, 2017
10:00-17:00
“Imagining an Alternative ‘Post-Secular’ State: Historicizing and Comparing National Struggles over Re-secularization”
Speakers: Umut Azak, Naser Ghobadzadeh, Mohammad Rasekh, Sadia Saeed, Yasuyuki Matsunaga
Discussant: Andrew March
*Day 1 is not open to public. But interested researchers and advanced graduate students may join. Please contact: Matsunaga[at]tufs.ac.jp

17:30-19:30 Reception at University Restaurant
*Registration is required. Please contact: aa_nihu_kyoten[at]tufs.ac.jp by February 1.

Day 2, Saturday, February 18, 2018
State and Shari`a in the Pre-20 Century Middle East”
13:00 Nobuaki Kondo, ILCAA  Welcoming
First Session, Chair: Jin Noda, ILCAA
13:10 Linda Darling, the University of Arizona
“Justice, Shari`a, and the Obligations of Rulers in Pre-Modern Middle East”
13:40 Nobuaki Kondo “State and Shari`a in Early Modern Iran”
Second Session, Chair: Satoe HORII, J. F. Oberlin University
14:45 Guy Burak, New York University
“The history of Kanun in the Ottoman and post-Ottoman Middle East”
15:25 Jun AKIBA, Chiba University
“The Governor’s Divan and its Successors: Judicial Authority in the Ottoman Provinces, 18th to 19th Centuries”
16:20-17:00 General Discussion, Chair: Nobuaki Kondo
*Day 2 is open to public. For more information, contact: aa_nihu_kyoten[at]tufs.ac.jp

The two-day workshop is co-organized and co-funded by the MEXT Grant-in-Aid for Scientific Research on Innovative Areas (1801) “Relational Studies on Global Crisis” Unit A01 “States and Institutions” and MEIS-ILCAA Unit, NIHU Area Studies Project for the Modern Middle East.
For information about the above research projects, please see below:
http://www.shd.chiba-u.jp/glblcrss/index_en.html
http://meis.aa-ken.jp/

2017年1月18日 (水)

セミナー『モッラー・ナスレッディン』における風刺

中央アジア研究班近現代中央ユーラシアにおけるイスラームと民族の研究グループと
現代イスラーム研究班との共催によるセミナーを下記のように開催いたします。
奮ってご参加ください。

日時:2017年2月10日(金)15:00~18:00
会場:公益財団法人東洋文庫 2階講演室
タイトル:
The Donkey Wars: Satire and Political Imagination in the Caucasus

報告者:
Bruce Grant 氏
(Professor, Department of Anthropology, Faculty of Arts and Science, New York University)

1906年にティフリス(トビリシ)で創刊された
週刊雑誌『モッラー・ナスレッディン』は、
当意即妙の風刺画を多用して政治・社会批判を展開したことで知られています。
今回は、本誌に見られる風刺がテーマとなります。

発表言語:英語
司会:小松久男氏・東洋文庫研究員

2017年1月12日 (木)

 第15回中央アジア古文書研究セミナーのご案内

          第15回中央アジア古文書研究セミナーのご案内

  科研費「近代中央ユーラシア地域における帝国統治の比較法制度・法社会史的研究」
(基盤研究(B)・堀川徹代表)では、以下の要領で本年度の「中央アジア古文書研究
セミナー」を開催いたします。お忙しいとは存じますが、ふるってご参加いただきたく
ご案内申し上げます。 

 
日時: 2017311() 13:0017:50312() 10:0014:45
 
場所: 京都外国語大学国際交流会館4階会議室(No.941
 
 

【プログラム】
311()
 
13:00-13:10  趣旨説明、参加者自己紹介
 
13:10-14:10  堀川徹(京都外国語大学外国語学部・教授)
 
 「古文書セミナー15年」
 
14:15-15:45  磯貝真澄(京都外国語大学外国語学部・非常勤講師)
 
 「ヒヴァとブハラの売買契約および「合法売買」契約の文書」①
 
 15:45-16:00  コーヒーブレーク
 
16:00-17:30 磯貝真澄
 
 「ヒヴァとブハラの売買契約および「合法売買」契約の文書」②
 
17:30-17:50  質疑応答
  18:00-20:00  懇談会(京都外国語大学11号館2階)
 
 
312()
 
10:00-11:30  木村暁(京都外国語大学国際言語平和研究所・嘱託研究員)
 
 「ブハラ・アミール国とヒヴァ・ハン国の勅令」①
 
 11:30-12:45  昼食
 
12:45-14:15 木村暁
 

 「ブハラ・アミール国とヒヴァ・ハン国の勅令」①
14:15-14:45  質疑応答・総合討論


参加を希望される方は、資料送付宛先と懇談会の出欠を明記の上、事務連絡先まで
電子メールにてご連絡ください。講読で使用する資料を事前に郵送いたします。また、
遠方の方は、旅費の相談をいたしますので、早めにご連絡ください。事務手続きの関
係上、参加の受付は28()をもって締め切らせていただきます。

 
事務連絡先:木村暁(kimura_sator[a]yahoo.co.jp[a]@に替えてご利用下さい。

2017年1月11日 (水)

「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」2016年度第9回研究会のご案内

「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」(科研費基盤(B)、代表者:高
松洋一)では、2016度第9回となる研究会を下記要領で開催いたします。
研究会では史料講読をおこないます。扱う史料は、サファヴィー朝(1501-1736)シャ
ー・タフマースプShah Tahmasp(r. 1524-76)期に成立したギヤース・アッディーンGhiyath al-Din Abu Ishaq Kirmaniの簿記術論文です。
【日時】
2017年1月30日(月)17:00~19:00
【場所】
東洋文庫7階会議室1・2(http://www.tbias.jp/access.html)
【講読史料】
Ghiyath al-Din Abu Ishaq Kirmaniによる簿記術論文(ペルシア語およびアラビア語)
【講読箇所】
第3部(daf‘a)「アワールジャ帳簿(awarja)について」
第2種(naw')「委託管理者(arbab al-tahawil)について」
Mar‘ashi 8140: 163. アワールジャ帳簿用例から
写本画像: 
Mar‘ashi 8140: 163- = image 84-
Majlis 6544: 74b- = image 81-
Astan-i Quds 7148: 71a- = image 72-
Majlis 3117: 97b- = image 100-
【担当】
阿部尚史(東京大学中東地域研究センター特任助教)

今回はじめて参加されるという方には、必要資料をご用意しますので、本案内文末に記した連絡先までご連絡ください。みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ