« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月28日 (月)

第9回オスマン文書セミナーのご案内

第9回オスマン文書セミナーのご案内

 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所(AA研)では、基幹研究「中東・イスラーム圏における分極化とその政治・社会・文化的背景」(代表:黒木英充)の事業の一環として、2017年1月7日(土)と8日(日)に第9回オスマン文書セミナーを開催します。研究上、オスマン朝下で作成されたさまざまな手書きの文書や帳簿を読む必要のある方を中心に、広くイスラーム史を研究される方のご参加をお待ちしております。ただしオスマン・トルコ語の授業を行う場では決してありませんのでご注意ください。また、本セミナーは科研費基盤A「イスラーム国家の王権と正統性―近世帝国を視座として」(代表:近藤信彰)との共催となります。

 今年度も2012年度より引き続き、千葉大学の秋葉先生を講師にお迎えします。今回は、ともに複数の差出人の捺印を特徴とするマズバタ(mazbata)とマフザル(mahzar)という二つのタイプの文書を講読します。両者は印鑑が複数捺されているため一見すると似ていますが、機能は全く相違します。マズバタは19世紀中葉以降に設置された種々の諮問組織が審議内容を上申するための文書類型で、昨年取り上げた勅旨(irade)とも関係が深く、当時の政策決定過程を知る上でも重要な史料と言うことができます。一方前近代から存在するマフザルは、集団によって政府に提出された「連判状」ともいうべき、一昨年度と昨年度で取りあげた嘆願書(arzuhal)と似た性格の文書です。今回もこれまでと同様、事前にお配りしたコピーを用いて具体的な実例を演習形式で読解していきます。

 今年度の第1日目は、最初にマズバタについて講師が一般的な解説をおこない、つづいて実例を講読します。実例は、19世紀のタンズィマート期の最高評議会(Meclis-i Vala) や国家評議会(Şura-yı Devlet)あるいは地方評議会(meclis-i idare)によって作成されたマズバタから選ばれる予定です。
 第2日目はマズバタの講読に続いて、18世紀のマフザルの実例を講読します。嘆願書との相違をふまえつつ、マフザルが他の類型の文書とどのような関係にあり、どんな事情を背景に作成されていたのかを考えながら、実例を講読していきたいと考えています。

 なおセミナーへの参加資格として、例年通り次の1.または2.のいずれかにあてはまることを条件といたします。
1.「現代トルコ語の読解力があり、かつアラビア文字に関する知識を有する」
2.「ペルシア語あるいはアラビア語の読解力があり、かつ現代トルコ語文法の知識を有する」

 参加を希望される方は、お名前、ご所属、連絡先住所・電話番号、メールアドレス、専門分野、セミナー参加可能日程を明記の上(部分参加も可)、下記の申込先まで12月14日(水)までにEメールにてご連絡ください。こちらから、セミナーで用いる資料を郵送いたします。なお参加費は無料です。
 また、東京近郊以外に在住の方には旅費の支出も検討しておりますが、予算の都合上、旅費支給を希望される方は、なるべく早くその旨お知らせください。

問合わせ・申込先:
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 フィールドサイエンス研究企画センター事務局
e-mail: fsc_office@aa.tufs.ac.jp (@は半角)

プログラム等の詳細は以下の通りです。

基幹研究「中東・イスラーム圏における分極化とその政治・社会・文化的背景」
第9回オスマン文書セミナー
◇主催:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所
◇共催:科研費基盤A「イスラーム国家の王権と正統性―近世帝国を視座として」(代表:近藤信彰)
◇期間:2017年1月7日(土)~8日(日)
◇会場:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所
3階マルティメディアセミナー室 (304号室)  1月7日(土)、8日(日)とも
   (〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1)
http://www.tufs.ac.jp/access/
http://www.aa.tufs.ac.jp/ja/about/access
◇講師  秋葉淳 (千葉大学文学部)
      髙松洋一(AA研)

◇プログラム
 1月7日(土)
14:00-14:15 趣旨説明 講師・自己紹介
14:20-16:00 マズバタの解説と講読(担当:秋葉)
16:20-18:00 マズバタの講読(担当:秋葉)

 1月8日(日)
10:30-12:10 マズバタの講読(担当:秋葉)
13:00-14:40 マフザルの解説と講読(担当:髙松)
15:00-16:40 マフザルの講読(担当:髙松)
17:00-18:00 総合討論

2016年11月14日 (月)

イスラーム地域研究・若手研究者の会12月例会

来る123日(土)、イスラーム地域研究・若手研究者の会12月例会を開催いたします。
12
月例会の報告は、北海道大学大学院の末森晴賀さんにお願いしました。

本報告では、17世紀、ヨーロッパ人によって発展し、彼らによる「密輸」が横行したオスマン朝の港町イズミルをキョプリュリュ時代のオスマン政府が統制下に置くさまを、政策の要である税関を中心に明らかにして頂く予定です。

これまで以上の多数の皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

*資料代:200

日時: 123日(土) 14時~1730
会場: 早稲田大学戸山キャンパス32号館224教室
【通常の例会の会場とは異なりますのでご注意ください】
(会場地図:http://www.waseda.jp/top/assets/uploads/2014/08/edb11e6c82861fa22b605950bcfdee00.pdf
報告者:末森晴賀氏(北海道大学大学院文学研究科・博士課程)
題目:17世紀オスマン朝のイズミル統治―税関とキョプリュリュ家―

コメンテーター:大峰真理氏(千葉大学文学部・教授)

2016年11月11日 (金)

第77回羽田記念館定例講演会

深秋の候、皆様におかれましてはご健勝のこととお慶び申し上げます。

さて、下記の通り、来月1217日(土)に第77回羽田記念館定例講演会が開催されますので、ご案内いたします。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

 

■□━━━━━━━━━━━━

77回羽田記念館定例講演会

━━━━━━━━━━━━■□

 

日時:20161217日(土)14001730

場所:ユーラシア文化研究センター(羽田記念館)

603-8832 京都市北区大宮南田尻町13

TEL 075-491-6027

 

プログラム

14:00 開会挨拶

14:1015:30

〈講演1 コロマンデル海岸の所謂「ポルトガル人」と草創期のマドラス

和田 郁子 氏 (岡山大学大学院社会文化科学研究科助教)

〈紹介・司会〉 杉山 雅樹 氏(京都大学大学院文学研究科附属ユーラシア文化研究センター教務補佐員)

 

15:5017:10

〈講演2〉マムルーク朝期ダマスクスにおけるマドラサ

近藤 真美 氏 (龍谷大学文学部歴史学科准教授)

〈紹介・司会〉 横内 吾郎 氏(京都大学大学院文学研究科非常勤講師)

 

2016年11月 5日 (土)

RECOVERING ‘LOST VOICES’:


CALL FOR PAPERS, SECOND WORKSHOP

 

RECOVERING ‘LOST VOICES’:


THE ROLE AND DEPICTION OF IRANIAN/PERSIANATE SUBALTERNS FROM THE 13TH CENTURY TO THE MODERN PERIOD

A multi-year research project funded by the British Institute of Persian Studies (BIPS).

 

The second of four workshops – on subalterns across the entire Persianate world in the Safavid and Afsharid periods (1501- 1747) – will be held at the University of Edinburgh, UK, on 19-21 May, 2017. 

 

Accommodation provided. Further, limited support is available, especially for PhD students and unaffiliated scholars. Abstracts due by 6 January, 2017.

 

Full details: http://www.shii-news.imes.ed.ac.uk/projects/the-subalterns-project/the-second-workshop-edinburgh-19-21-may-2017/

2016年11月 4日 (金)

「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」2016年度第7回研究会

「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」2016年度第7回研究会のご案内

「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」(科研費基盤(B)、代表者:高松洋一)では、2016度第7回となる研究会を下記要領で開催いたします。
研究会では史料講読をおこないます。扱う史料は、サファヴィー朝(1501-1736)シャー・タフマースプShah Tahmasp(r. 1524-76)期に成立したギヤース・アッディーンGhiyath al-Din Abu Ishaq Kirmaniの簿記術論文です。
【日時】2016年11月25日(金)17:00~19:00
【場所】東洋文庫7階会議室1・2(http://www.tbias.jp/access.html)
【講読史料】Ghiyath al-Din Abu Ishaq Kirmaniによる簿記術論文(ペルシア語およびアラビア語)
【講読箇所】第3部(daf‘a)「アワールジャ帳簿(awarja)について」
Mar‘ashi 8140: 158.「ジハートはジハトの複数形である(wa jihat jam'-i jihat ast)」から。
写本画像: Mar‘ashi 8140: 158- = image 81-; Majlis 6544: 72b- = image 79-; Astan-i Quds 7148: 69a- = image 70-; Majlis 3117: 95a- = image 97-
【担当】渡部良子(東京大学文学部非常勤講師)
阿部尚史(東京大学中東地域研究センター特任助教)

今回はじめて参加されるという方には、必要資料をご用意しますので、本案内文末に記した連絡先までご連絡ください。みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

2016年11月 2日 (水)

史学会大会

2016 年11 月12 日(土)、13 日(日)
会場 :  東京大学本郷キャンパス

13 日(日)
9:30~東洋史部会   会場:法文1号館113番教室
研究発表

2016年11月 1日 (火)

第8回近代中央ユーラシア比較法制度史研究会のご案内

第8回近代中央ユーラシア比較法制度史研究会のご案内

 科研費「近代中央ユーラシア地域における帝国統治の比較法制度・法社会史的研究」
(基盤研究(B)・研究代表者:堀川徹)では、下記の要領で第8回「近代中央ユーラシア比較
法制度史研究会」を開催いたします。ふるってご参加いただきたく、ご案内申し上げます。
今回の研究会は、科研費成果論集の編纂に向け、11名の論説執筆者が執筆中の論説について報告しあうことを主旨とするものです。なお、初日には18時半より懇談会を予定しています。
 ご参加の方は会場準備の都合上、研究会・懇談会のいずれにつきましても11月20日(日)までに、事務連絡先までお知らせください。
  ― 事務連絡先: 木村 暁(E-mail: kimura_sator☆yahoo.co.jp)
  ※メールアドレスの☆は半角アットマークに書きかえてご利用ください。
 記
 日時: 2016年12月3日(土) 13:00~18:00、12月4日(日)9:10~13:00
 場所: 静岡市ふしみや401号室(ふしみやビル4階)
 会場アクセス: http://nttbj.itp.ne.jp/0542532438/access.html#map
 住所:〒420-0031静岡県静岡市葵区呉服町2丁目3-1
_____________________________________
【プログラム】
12月3日(土)
13:00~13:10 開会挨拶(堀川徹)
13:10~13:20 出席者自己紹介
13:20~14:20 趣旨説明・報告(1) 磯貝健一(追手門学院大学国際教養学部・教授)
14:20~15:00 報告(2) 塩谷哲史(筑波大学人文社会系・助教)
15:00~15:40 報告(3) 矢島洋一(奈良女子大学研究院人文科学系・准教授)
15:40~16:00 コーヒーブレーク
16:00~16:40 報告(4) 額定其労(東京大学東洋文化研究所・准教授)
16:40~17:20 報告(5) 承志(追手門学院大学国際教養学部・准教授)
17:20~18:00 報告(6) 田口宏二朗(大阪大学大学院文学研究科・准教授)
18:30~ 懇談会
12月4日(日)
9:10~9:50 報告(7) 和崎聖日(中部大学全学共通教育部全学総合教育科・講師)
9:50~10:30 報告(8) 磯貝真澄(京都外国語大学外国語学部・非常勤講師)
10:30~11:10 報告(9) 塩野崎信也(関西学院大学文学部・日本学術振興会特別研究員)
11:10~11:50 報告(10) 木村暁(京都外国語大学国際言語平和研究所・嘱託研究員)
11:50~12:30 報告(11) 高橋一彦(神戸市外国語大学外国語学部・准教授)
12:30~13:00 総合討論
_____________________________________

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ