« 共同研究課題「近世イスラーム国家と周辺世界」2016年度第一回研究会 | トップページ | 日本オリエント学会第 58 回大会 »

2016年10月24日 (月)

東洋史研究会 大会

2016年度 東洋史研究会大会

日 程:2016年11月6日(日)

時 間:午前10時~午後5時(講演終了後、懇親会を予定しております)

会 場:京都大学文学部新館第三講義室(二階)
発表題目 午前の部      
望月 直人     「國境を跨ぐ「會黨」――十九世紀ベトナムの鑛山・商業鎭と祕密結社――」
目黒 杏子     「「斬蛇剣」の創出とその背景」
渡邉 英幸     「秦統一前後の「邦」と畿内」
午後の部      
木村 曉     「ロシア宗主權下ブハラのイラン人――とくにその法的・社會的地位について――」
秋葉 淳     「カーディーの町アンカラ、サラエヴォ――十八世紀オスマン朝地方社會における權力基盤の一つとしての裁判官職――」
櫻井 智美     「元代江南士人にとっての「中國」」
三宅 俊彦     「東ユーラシアにおける出土錢の研究」
太田 出     「清末の「海權」と張謇――中國における領海主權概念の登場――」
檀上 寛     「東アジアの天下と天朝の諸相」

« 共同研究課題「近世イスラーム国家と周辺世界」2016年度第一回研究会 | トップページ | 日本オリエント学会第 58 回大会 »

研究会情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東洋史研究会 大会:

« 共同研究課題「近世イスラーム国家と周辺世界」2016年度第一回研究会 | トップページ | 日本オリエント学会第 58 回大会 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ