« 東洋史研究会 大会 | トップページ | 第8回近代中央ユーラシア比較法制度史研究会のご案内 »

2016年10月30日 (日)

日本オリエント学会第 58 回大会

会場:慶應義塾大学三田キャンパス第一校舎

 2  11  13 日(日)  9301600

第 5 部会   108 教室

9:30-9:55    太田 敬子    アッバース朝期(9-10世紀)における ahl   al-dhimmah  規定の明文化の背景とその後の展開
10:00-10:25    後藤 敦子    セルジューク朝のイラク支配とアミールたち
10:30-10:55    柳谷あゆみ    モスルと対ファランジュ問題
11:05-11:30    白岩 一彦    ジャジャの子ヌール・ウッディーンのワクフ文書モンゴル語版について
11:35-12:00    大津谷 馨    13世紀後半から15世紀初頭におけるメッカ・メディナの有力学者と周辺王朝の関わり
13:30-13:55    森本 一夫    14-15世紀の十二イマーム派広域ネットワークとその「隠れた宗派主義」
14:00-14:25    岩本 佳子    「我らのスルタン」か「我らのパーディシャー」か:オスマン朝文書行政における君主の呼称をめぐる一考察
14:35-15:00    松尾有里子    近世オスマン帝国社会におけるウラマー名家:エブッスゥード家の活動を中心に
15:05-15:30    田熊友加里    19-20世紀ドイツ語文化圏におけるオリエント産絨毯交易:マイヤー・ミュッラー商会を事例に
15:35-16:00    三沢 伸生    在日イスラーム教徒の対日活動の拠点:バラカトゥッラーの影響

詳細はこちら

« 東洋史研究会 大会 | トップページ | 第8回近代中央ユーラシア比較法制度史研究会のご案内 »

研究会情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本オリエント学会第 58 回大会:

« 東洋史研究会 大会 | トップページ | 第8回近代中央ユーラシア比較法制度史研究会のご案内 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ