« ボズワース教授記念シンポジウム ライブストリーム 9/16 | トップページ | 「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」2016年度第6回研究会 »

2016年9月16日 (金)

Francesca Orsini 氏講演会

小倉さんより教えていただきました。>

2016年度 第四回FINDAS研究会 Reading Together: Village Pasts and Futures in Hindi, Urdu, and English Novels

【日時】 2016年9月19日(祝・月) 13:00~17:00

【場所】 東京外国語大学 本郷サテライト3階セミナールーム

http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html

【内容】

※英語による報告

◆ Francesca Orsini
(Professor of Hindi and South Asian Literature at the School of Oriental and African Studies, University of London)

“Reading Together: Village Pasts and Futures in Hindi, Urdu, and English Novels”

What does it mean to take multilingualism seriously when studying literature? One way, this paper suggests, is to consider works on a similar topic or milieu written in the different languages and compare both their literary sensibilities and their social imaginings. Rural Awadh offers an excellent example, as the site of many intersecting processes and discourses—of shared Hindu-Muslim sociality and culture and Muslim separatism, of nostalgia for a sophisticated culture and critique of zamindari exploitation and socio-economic backwardness, as the home of Urdu and of rustic Awadhi. This chapter analyses three novels written at different times about rural Awadh—one set before 1947 and the others in the wake of the Zamindari Abolition Act of 1950 and the migration of so many Muslim zamindars from Awadh, either to Pakistan or to Indian cities. The first is Shivaprasad Singh’s Alag alag vaitarī (1967) , the other two are Qazi Abdul Sattar’s Urdu novel Shab-gazīda (1988) and the Awadh subplot in Vikram Seth’s A Suitable Boy (1993). Without making them representatives of their respective languages, by “reading together” these three novels I am interested in exploring how they frame and what they select of Awadh culture, how much ground and sensibility do they share, and how they fit within and contribute to broader traditions of “village writing” in Hindi, Urdu and Indian English.


◆コメンテーター 松木園 久子(大阪大学)

発表者のOrsiniさんはデリー・スルターン朝後期からムガル朝期にかけてのヴァナキュラー言語による文学作品を専門にしていて、ティムール侵入後の北インドにおけるペルシア語文化とヴァナキュラー言語文化の関係を扱った編著などを出版しています。

https://global.oup.com/academic/product/after-timur-left-9780199450664?cc=jp&lang=en&

« ボズワース教授記念シンポジウム ライブストリーム 9/16 | トップページ | 「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」2016年度第6回研究会 »

研究会情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Francesca Orsini 氏講演会:

« ボズワース教授記念シンポジウム ライブストリーム 9/16 | トップページ | 「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」2016年度第6回研究会 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ