« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月29日 (金)

公開講演会「9・11から15年 中東の混迷と『イスラム国』」(9/11)のご案内

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所中東イスラーム研究拠点では、人間文化研究機構「現代中東地域研究」事業の一環で、下記の通り、公開講演会「9・11から15年 中東の混迷と『イスラム国』」を開催いたします。
第一線の研究者が事件後15年の中東の変化振り返りつつ、現在進行形のイラク・シリア情勢にも切り込む企画となっております。

皆様のご来場をお待ち申し上げております。

 記

公開講演会「9・11から15年 中東の混迷と『イスラム国』」

日時  2016年9月11日(日)13:00-17:00 (開場 12:40)

会場  大手町サンケイプラザ 3F 301-304会議室
千代田区大手町1-7-2 地下鉄大手町駅A4-E1出口直結
http://www.s-plaza.com/access/index.html

主催  東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 中東イスラーム研究拠点
     (人間文化研究機構「現代中東地域研究」事業)

13:00   挨拶  趣旨説明
 飯塚正人 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 所長

13:10   保坂修司    日本エネルギー経済研究所 研究理事
「アルカーイダと『イスラム国』」

13:50   アフガニスタン・アーカイブ上映

14:05  山根 聡 大阪大学大学院言語文化研究科教授
「宗教とテロの峻別へ――パキスタンの選択」  

14:45   休憩

15:00 酒井啓子   千葉大学法政経学部 学部長
「すべてのパンドラの箱を開けた9.11」

15:40  黒木英充   東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所教授
「対テロ戦争と世界内戦――最終的(?)引金としてのシリア内戦」

16:20  質疑応答

16:55 閉会の辞 西尾哲夫 「現代中東地域研究」代表者/国立民族学博物館副館長

司会:近藤信彰 アジア・アフリカ言語文化研究所中東イスラーム研究拠点代表

入場無料、事前登録不要、先着300名

チラシurl
http://www.aa.tufs.ac.jp/~n-kondo/9%E3%83%BB11chirashi2016.pdf

お問い合わせ先
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 中東イスラーム研究拠点
http://meis.aa-ken.jp/
e-mail: koenkai_aa_nihu@yahoo.co.jp (講演会専用)
13876536_1422432807770917_154083867
13886251_1422433297770868_437139662

2016年7月25日 (月)

「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」2016年度第5回研究会のご案内

「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」(科研費基盤(B)、代表者:高松洋一)では、2016度第5回(通算32回目)となる研究会を下記要領で開催いたします。

研究会では史料講読をおこないます。扱う史料は、サファヴ
ィー朝(1501-1736)シャー・タフマースプShah Tahmasp(r. 1524-76)期に成立したギヤース・アッディーンGhiyath al-Din Abu Ishaq Kirmaniの簿記術論文です。

【日時】
2016年92日(16:00~19:00
*開催時間が早めに設定されておりますのでお気をつけください。
【場所】
東洋文庫7階会議室1・2(http://www.tbias.jp/access.html

【講読史料】
Ghiyath al-Din Abu Ishaq Kirmaniによる簿記術論文(ペルシア語およびアラビア語)

【講読箇所】

第2部(daf‘a)「タウジーフ帳簿(tawjih)について(dar daftar-i tawjih)」
第3章「タウジーフ帳簿の書きかたとそれに関連する事柄について」
Mar‘ashi 8140: 151.「隠されていてはならないことだが(pushide namanad ke ...)
」から

写本画像:
Mar‘ashi 8140: 146- = image 78-
Majlis 6544: 69b- = image 76-
Astan-i Quds 7148: 66a- = image 67-


【担当】
渡部良子(東京大学文学部非常勤講師)

2016年7月20日 (水)

ギュルテキン・ユルドゥズ氏講演会・国際シンポジウム・研究会

7/26更新
ギュルテキン・ユルドゥズ氏(イスタンブル大学)の講演会等ですが、
同氏は残念ながら来日できなくなりました。

これは、この度のトルコの軍事クーデター未遂にともない、
公務員の出国が認められないだけでなく、数万人の公務員が免許剥奪・解雇され、
非常事態宣言が出されている状況によるものです。

講演会等にいらっしゃるおつもりであった会員の皆様に、深くお詫び申し上げます。

講演会等自体は、同氏の報告原稿の日本語訳を代読するなどして開催致しますが、
下記のとおり、プログラムに変更がございます。
このような状況ではありますが、皆様にお越し頂けましたら幸いです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【代読による講演会】
「無名の兵士―オスマン帝国における軍事的エトスと市民権の形成(1792-1918)」
日時:2016年7月23日(土)14:00~17:30
会場:早稲田大学小野記念講堂

司会 吉澤誠一郎(東京大学/中国近代史)
14:00~14:20 開会挨拶 谷口眞子(早稲田大学/日本近世史)
14:20~14:40 小松香織(早稲田大学/トルコ近代史)「トルコの基礎知識レクチャー」
14:40~15:20 ギュルテキン・ユルドゥズ講演「無名の兵士―オスマン帝国における
        軍事的エトスと市民権の形成(1792-1918)」内容説明(小松香織)
15:20~15:50 コメント 小原淳(和歌山大学/ドイツ近代史)「オスマン帝国の軍制改革と
        近代化への問い―ドイツ史の視点から」
15:50~16:10 休憩
16:10~17:30 パネルディスカッション(吉澤誠一郎、小松香織、長谷部圭彦、小原淳、西願広望、鈴木直志)
講演会後、レセプションがあります。

【国際シンポジウム「軍事的エトスの近代史」】
日時:2016年7月24日(日)14:00~18:00
会場:早稲田大学小野記念講堂

司会 丸畠宏太(敬和学園大学/ドイツ近代史)
14:00~14:20 開会挨拶 谷口眞子(早稲田大学/日本近世史)
14:20~14:50 原田敬一(佛教大学/日本近代史)報告「「武士道」はなぜ生き残ったのか」
14:50~15:20 池田嘉郎(東京大学/ロシア近現代史)報告「ロシア革命は兵士を市民にしたのか」
15:20~15:40 小松香織(早稲田大学/トルコ近代史)「トルコの基礎知識レクチャー」
15:40~16:10 ギュルテキン・ユルドゥズ報告「ラスト・イェニチェリ―近代戦争期における
        オスマン/トルコの軍事的エトスの転換(1826~1927)」内容説明(長谷部圭彦)
16:10~16:30 休憩
16:30~18:00 パネルディスカッション(丸畠宏太、小松香織、長谷部圭彦、原田敬一、池田嘉郎)
シンポジウム後、レセプションがあります。

【研究会「近現代トルコにおける政軍関係」】
日時:2016年7月25日(月)10:00~12:00
会場:早稲田大学大隈記念タワー(26号館)1102号室

10:00~11:00 岩坂将充(同志社大学/トルコ政治)「現代トルコの民主政治と政軍関係―政府・軍・市民の観点から」
11:00~11:10 休憩
11:10~12:00 ディスカッション

主催:科学研究費基盤研究(B)「軍事史的観点からみた18~19世紀における名誉・忠誠・愛国心の比較研究」
共催:早稲田大学高等研究所/早稲田大学イスラーム地域研究機構

2016年7月 5日 (火)

「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」2016年度第4回研究会のご案内

「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」(科研費基盤(B)、代表者:高松洋一)では、2016度第4回(通算31回目)となる研究会を下記要領で開催いたします。

研究会では史料講読をおこないます。扱う史料は、サファヴ
ィー朝(1501-1736)シャー・タフマースプShah Tahmasp(r. 1524-76)期に成立したギヤース・アッディーンGhiyath al-Din Abu Ishaq Kirmaniの簿記術論文です。

【日時】
2016年18日(月・祝日16:00~19:00
*いつもより開催時間が早めに設定されておりますのでお気をつけください。
【場所】
東洋文庫7階会議室(http://www.tbias.jp/access.html

【講読史料】
Ghiyath al-Din Abu Ishaq Kirmaniによる簿記術論文(ペルシア語およびアラビア語)

【講読箇所】

第2部(daf‘a)「タウジーフ帳簿(tawjih)について(dar daftar-i tawjih)」
第3章「タウジーフ帳簿の書きかたとそれに関連する事柄について」
Mar‘ashi 8140: 148.「至高のディーワーンのタウジーフ帳簿を書く書式は以下の通りである(surat-i niwishtan-i daftar-i tawjih-i diwan-i a‘la badin tariq ast)」の後、最初の帳簿用例から

写本画像:
Mar‘ashi 8140: 146- = image 76-
Majlis 6544: 68a- = image 74-
Majlis 3117: 92a- = image 94-
Astan-i Quds 7148: 63b- = image 65-


【担当】
渡部良子(東京大学文学部非常勤講師)



今回はじめて参加されるという方には、
必要資料をご用意しますので、本案内文末に記した連絡先までご連絡ください。

みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ