« 「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」 2016年度第3回研究会 | トップページ | 中央アジア研究セミナーのお知らせ »

2016年6月 8日 (水)

イスラーム地域研究・若手研究者の会6月例会

来る6月26日(日)、イスラーム地域研究・若手研究者の会6月例会を開催いたします。 
6月例会の報告は、東京大学大学院の嘉藤慎作さんにお願いしました。

本報告では、ムガル朝下随一の外港としてインド洋貿易で繁栄を誇ったスーラトにおいて、外来商人と内陸部の生産地を結びつける等、海上貿易に欠かせない重要な役割を担った貿易仲介人の実態を明らかにして頂く予定です。

これまで以上の多数の皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

*資料代:200円

記
日時: 6月26日(日) 14時~17時30分
会場: 早稲田大学戸山キャンパス33号館6階第11会議室
(会場地図:http://www.waseda.jp/top/assets/uploads/2014/08/edb11e6c82861fa22b605950bcfdee00.pdf)
報告者:嘉藤慎作氏(日本学術振興会特別研究員DC1、東京大学大学院・人文社会系研究科・博士課程)
題目:「ムガル朝下スーラトの貿易仲介人―イギリス東インド会社を事例として―」
コメンテーター:太田信宏氏(東京外国語大学・アジア・アフリカ言語文化研究所・准教授)

« 「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」 2016年度第3回研究会 | トップページ | 中央アジア研究セミナーのお知らせ »

研究会情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イスラーム地域研究・若手研究者の会6月例会:

« 「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」 2016年度第3回研究会 | トップページ | 中央アジア研究セミナーのお知らせ »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ