« AA研 研究機関研究員発表会のお知らせ | トップページ | 国際ワークショップ"Authority, Legitimacy and Historiography in the Ottoman Empire" »

2016年3月 9日 (水)

第35回イラン研究会プログラム

第35回イラン研究会プログラム
(於:大阪大学豊中キャンパス・大阪大学会館会議室)

2016年3月26日(土)
13:00 梶山卓哉「英国外交文書から見たイラン・イスラーム革命」
14:00 富田健次「アラブの春かイスラームの目覚めか」
15:00 コンフェッション1
15:30 吉田雄介「マスジェドをアーカイブとして―寄進されたズィールーから読み取れること―」
16:30 佐野東生・野元晋「アリー研究の一視座―『雄弁の道(Nahj al-Balaghah)』手紙第53番「行政官の鏡」翻訳報告とイスマーイール派終末論におけるアリー―」(仮題)
18:00~ 懇親会(於:「活魚・季節の一品料理かさ家」http://r.gnavi.co.jp/c071500/)
*会費は5000円程度の予定です

2016年3月27日(日)
9:30 中村菜穂「ペルシア語教育の現状と課題について」
10:30   Hassan Rezai Baghbidi「イランのロマ―歴史、文化、言語―」
11:30   コンフェッション2

*****12:30昼食休憩*****

13:30 森田豊子「イラン家族保護法について」
14:30  谷正人「伝統楽器サントゥールの新型調律システムについて」
15:30  Behnam Jahedzadeh「ペルシア語の移動動詞āmadanとraftanについて」
16:30   コンフェッション3

*発表時間は質疑の時間も含めたおおよその目安です。発表者は10分以上の質疑の時間を取れるようにご配慮下さい。
*ハンドアウトの配布をご希望の場合は、3月24日(木)までにファイルをお送り下さい。間に合わない場合は、お手数ですがご自身で25部程度ご用意下さい。
*コンフェッションの時間には、近況報告に加え、ミニ発表も可能です。

« AA研 研究機関研究員発表会のお知らせ | トップページ | 国際ワークショップ"Authority, Legitimacy and Historiography in the Ottoman Empire" »

研究会情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第35回イラン研究会プログラム:

« AA研 研究機関研究員発表会のお知らせ | トップページ | 国際ワークショップ"Authority, Legitimacy and Historiography in the Ottoman Empire" »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ