« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月13日 (土)

国際ワークショップ "Islam, Kingship, and Legitimacy in South Asia"

アジア・アフリカ言語文化研究所の共同研究課題「「近世イスラーム国家と周辺世界」は、科研費基盤A「イスラーム国家の王権と正統性」と共催で国際ワークショップIslam, Kingship, and Legitimacy in South Asiaを開催いたします。この分野の第一人者であるA. Azfar Moin氏も報告されます。南アジアのイスラーム王権のあり方に関する興味深いものですので、皆様のご参加をお待ち申し上げております。


International Workshop: Islam, Kingship, and Legitimacy in South Asia
Date: March 18, 2016, 14:00-18:00
Venue: Large Conference Room (303), ILCAA, Tokyo University of Foreign Studies
http://www.tufs.ac.jp/english/access/

Program:
Satoshi OGURA (Kyoto University)
“Lakṣmī Becomes Dawla: Remarks on the Translation Strategies of Notions of Kingship in a Persian Translation of the Rājataraṅgiṇīs and the Following Chronicles”

A. Azfar Moin (The University of Texas at Austin)
“Universal Peace and Sun Worship in Mughal India: A “Hermetical” Revival in Islam?”

共催:アジア・アフリカ言語文化研究所 共同研究課題「近世イスラーム国家と周辺世界」
      科学研究費基盤A「イスラーム国家の王権と正統性」(代表:近藤信彰)
参加自由・無料 英語・通訳なし

2016年2月11日 (木)

『シャー・アッバース』

先日ご紹介した論集にもご寄稿いただいたSholeh Quinnさんの新作です。
手頃な入門書といったところでしょうか。

Sholeh A. Quinn. Shah 'Abbas: The King Who Refashioned Iran. London: One World. 2015
142p.
Imgshole

2016年2月 9日 (火)

【Lecture】第一次大戦期アラブ・オスマン将校の回想録

Lecture title: "Swimming against the currents: On the unpublished memoirs of an Arab-Ottoman officer during WWI"

Date: Friday, February 19, 2016

Time: 17:00-18:30

Venue: 7th Floor meeting room, Hongo Satellite (Tokyo University of Foreign Studies) 2-14-10 Hongo, Bunkyo-ku, Tokyo 113-0033
          東京外国語大学本郷サテライト 7th Foor meeting Room
          http://www.tufs.ac.jp/common/satellite/#access
          http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html

Language: English

Admission: Free, No registration is required.

Summary: In this talk Dr. Malek Sharif will introduce the memoirs and discuss their significance in view of other reminiscences dealing with the same period. Some themes in the memoirs will be analysed, like the author’s experience as a Boy Scout and later as a cadet in Istanbul as well as his experience as a young officer in the Ottoman army on the west Jordanian front. The self perception of the author as an educated Beiruti, an Arab and an Ottoman officer will be discussed.

Sponsored by Core Project “Human Mobility and Formation of Plural Societies in the Middle East and the Muslim World,” ILCAA, Tokyo University of Foreign Studies
          http://meis2.aacore.jp/?p=9837
          http://meis2.aacore.jp/?p=9837&lang=en

Short Bio of Dr. Malek Sharif:

Malek Sharif holds a BA in History and a MA in Middle Eastern History from the American University of Beirut.  In 2004, he received his PhD in Ottoman History from the Free University of Berlin, Institute of Turkic Studies. 2004-2005 he was affiliated to the German Orient Institute in Istanbul, as a post doctoral fellow of the Wissenschaftskolleg zu Berlin. From 2005 until 2007 he was a fellow of the Fritz Thyssen Foundation residing in Istanbul where he conducted research on the parliamentary, municipal and medical history of the Ottoman Empire. From 2008 until 2014 he was visiting assistant professor and lecturer at the American University of Beirut. He is currently senior research associate at the Corpus Musicae Ottomanicae at the University of Münster.

He is the author of Imperial Norms and Local Realities: The Ottoman Municipal Laws and the Municipality of Beirut (1860-1908), 2014, and coeditor of The First Ottoman Experiment in Democracy, 2010. He also wrote on migration, health care, the closing days of the Ottoman Empire in Beirut and the first Ottoman parliament.

2016年2月 8日 (月)

A. アズファル・モイン博士講演会

科学費基盤研究(A)「イスラーム国家の王権と正統性」では、このたび、テキサス大学オースティン校のA. アズファル・モイン氏を招聘いたしました。

氏は、イスラームにおけるスーフィズムと聖者の関係や南アジアにおける王権の研究に取り組まれており、ご著書 The Millennial Sovereign: Sacred Kingship and Sainthood in Islam(2012)は学界で高い評価を受けています。

アジア・アフリカ言語文化研究所と共催で下記の通り、講演会を開催いたします。聖者と聖廟に関して広くペルシア語文化圏を見渡したご講演ですので、皆様のご参加をお待ち申し上げます。

 記
日時:2016年3月15日(火) 17:00-19:00
会場:東京外国語大学本郷サテライト5F会議室
(文京区本郷2-14-10)
http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html

プログラム:
A. Azfar Moin, University of Texas, Austin
“The Politics of Saint Shrines in the Persianate Empires”

共催:科学費基盤研究(A)「イスラーム国家の王権と正統性」
アジア・アフリカ言語文化研究所基幹研究「中東・イスラーム圏における人間移動と多元的社会編成」

英語・通訳なし、参加自由・無料

2016年2月 6日 (土)

「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」2015年度第十回研究会

東洋文庫拠点(TBIAS)共催「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」(科研費基盤(B)、代表者:高松洋一)では、今年度第10回(通算27回目)となる研究会を下記要領で開催いたします。

研究会では史料講読をおこないます。扱う史料は、サファヴィー朝(1501-1736)シャー・タフマースプShah Tahmasp(r. 1524-76)期に成立したギヤース・アッディーンGhiyath al-Din Abu Ishaq Kirmaniの簿記術論文です。

【日時】
2016年3月25日(金)16:00~19:00

*次回は3月の開催になります。日時ともにお間違えのないようご確認ください。

【場所】
東洋文庫7階会議室(http://www.tbias.jp/access.html)

【講読史料】
Ghiyath al-Din Abu Ishaq Kirmaniによる簿記術論文(ペルシア語およびアラビア語)

【講読箇所】

    第2部(daf‘a)「タウジーフ帳簿(tawjih)について(dar daftar-i tawjih)」
    第2章「パルワーンチャ、バラート、タアリーカの書き方、ムサンナー、サル・ハットの書式およびそれに関連する事柄について」
    Mar‘ashi 8140: 140.バラート用例左下「tahwil-i Zubdat al-sunna' …」から。

    写本画像:
    Mar‘ashi 8140: 140-146 = image 72-75
    Majlis 6544: 64b-67a = image 71-73
    Majlis 3117: 87b-90b = image 90-93
    Astan-i Quds 7148: 60b-62b = image 62-64

【担当】
渡部良子(東京大学文学部非常勤講師)

今回はじめて参加されるという方には、必要資料をご用意しますので、本案内文末に記した連絡先までご連絡ください。

みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ