« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月22日 (日)

東文研セミナー アッバース朝初期における政治的言説

Tobunken Symposium and the First ASPS Gilas Seminar

 

In Quest of a Proper Polity: Political Discourses in the Early Abbasid Period

 

Co-organized by the Institute for Advanced Studies on Asia, the University of Tokyo, the Kakenhi Project “Kingship and Legitimacy of the Islamic Dynasties: In the Context of Early Modern History,” and the Kakenhi Project “Antiquity Inherited, Antiquity Invented: The Case of Medieval Middle East,”

with the support of the Japan Office of the Association for the Study of Persianate Societies

 

The Abbasid Revolution and the first century of the Abbasid rule represent a dynamic period of experimentations in quest of a sustainable Islamic polity and discourses to legitimize it. With two presentations that approach less utilized source materials with cutting-edge research questions, this seminar will shed fresh light on aspects of the experimentations that were under way in that crucial period of Islamic history.

 

Date and Time: January 11 (Mon), 2016, 10:15-13:00

 Venue: Room 303, Institute for Advanced Studies on Asia (Tobunken), the University of Tokyo (Hongo Campus; http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/eng/index.html)

 Program:

Moderator: Kazuo Morimoto (Tobunken)

10:15-11:15 Manabu Kameya (Hokkaido University), “Titles for Early Abbasid Caliphs: Tracing Their Evolution from Documentary Sources.”

11:25-12:25 Hayrettin Yücesoy (Washington University in St. Louis), “Mapping a Political Landscape: Ibn al-Muqaffa and the Contending Visions of Politics in the Abbasid 8th Century.”

12:30-13:00 Discussion

 Abstracts

 

Manabu Kameya

Titles for Early Abbasid Caliphs: Tracing Their Evolution from Documentary Sources

Documentary source (in the context of early Islamic history, it includes papyrus documents, epigraphy, inscriptions of coins) is one of the most important sources for the studies on the early Abbasid history, because of the scarcity of the extant contemporary historiography, same as the case of the Umayyad. Accordingly, a study based on documentary sources must be a good starting point for the analysis of the early Abbasid Caliphate. In this paper, I discuss the changing of the titles of the early Abbasid Caliphs and what they claimed by adopting those titles, based on the investigation through documentary sources. It will elucidate the evolution of titles for Abbasid Caliphs, such as “al-Mahdī”, “al-Imām”, “Khalīfat Allāh”, “al-Khalīfa” and the Laqabs of each of the Caliphs, and make clear that it corresponded to the religio-political situation and its ideological background in the early Abbasid period.

 

Hayrettin Yücesoy

Mapping a Political Landscape: Ibn al-Muqaffa and the Contending Visions of Politics in the Abbasid 8th Century

The passing of the Umayyad rule was not simply a mere substitution of one dynasty for another at the very helm of the empire, but rather it was a collapse of relations, structures, and mental categories about the lived reality. This significant event and the critical decades following it offer us a chance to examine how the early Abbasids reimagined the post-Umayyad world and structured a new web of socio-economic, and political relations to support their ambitions. In this lecture Dr. Yücesoy will address Ibn al-Muqaffa's well-known, but still understudied, the Epistle on Court Companions as a record demonstrating a subaltern imperial scribe’s participation in the process of empire building by mapping out from ground zero, “the day after” the revolution so-to-speak, the human, geographic, and material topography of the empire as an administrable and controllable political territory.

 

The seminar is open to public and free of charge. No registration is required.

Contact person: Kazuo Morimoto (morikazu[at]ioc.u-tokyo.ac.jp)

 

Co-organizers:

Institute for Advanced Studies on Asia, the University of Tokyo

The Kakenhi Project “Kingship and Legitimacy of the Islamic Dynasties: In the Context of Early Modern History” (JSPS 15H01895)

The Kakenhi Project “Antiquity Inherited, Antiquity Invented: The Case of Medieval Middle East” (JSPS 15H00707)

 

Supporter:

The Japan Office of the Association for the Study of Persianate Societies

2015年11月20日 (金)

第8回 オスマン文書セミナーのご案内

共同研究員の方は直接事務から連絡が行きますので、出欠をそちらにお知らせください。

-------------------------------------------------

第8回 オスマン文書セミナーのご案内

 

 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所(AA研)では、基幹研究「中東・イスラーム圏における人間移動と多元的社会編成」(代表 黒木英 充)の事業の一環として、2016年1月9日(土)と10日(日)に第8回オスマン文書セミナーを開催します。研究上、オスマン朝下で作成されたさまざま な手書きの文書や帳簿を読む必要のある方を中心に、広くイスラーム史を研究される方のご参加をお待ちしております。ただしオスマン・トルコ語の授業を行う 場では決してありませんのでご注意ください。また、本セミナーはNIHUプログラム・イスラーム地域研究東洋文庫拠点との共催となります。

 今年度も2012年度より引き続き、千葉大学の秋葉先生を講師にお迎えします。今回は昨年度に引き続いて、嘆願書(arzuhal)を講読するほ か、初心に帰って第1回のセミナーでも少し扱ったオスマン朝の上奏文書の一類型であるイラーデ(iradeあるいはirade-i seniyye:勅旨)を取り上げます。第1回では、上奏文書としての大宰相のテルヒース(telhis)と君主のハットゥ・ヒュマーユーン(hatt- ı hümayun:宸筆)が説明の中心でしたが、今回講読するイラーデは19世紀前半に新たに登場した文書類型です。今回もこれまでと同様、事前にお配りし たコピーを用いて具体的な実例を演習形式で読解していきます。

 今年度の第1日目は、最初にイラーデ及び前史としてのテルヒースとハットゥ・ヒュマーユーンについて講師が一般的な解説をおこない、つづいて実例を講読します。実例は、19世紀前半の初期のイラーデから選ばれる予定です。
 第2日目はイラーデの講読に続いて、18世紀の嘆願書の実例を講読します。昨年度は嘆願書の提出を受けた後、官僚機構でどのような処理が行なわれたかについてはあまり踏み込めませんでしたが、今回は異なるパターンの処理を受けた実例を講読していきたいと考えています。

 なおセミナーへの参加資格として、例年通り次の1.または2.のいずれかにあてはまることを条件といたします。

  1. 「現代トルコ語の読解力があり、かつアラビア文字に関する知識を有する」
  2. 「ペルシア語あるいはアラビア語の読解力があり、かつ現代トルコ語文法の知識を有する」

 参加を希望される方は、お名前、ご所属、連絡先住所・電話番号、メールアドレス、専門分野、セミナー参加可能日程を明記の上(部分参加も可)、下記の申込先まで 12月9日(水) までにEメールにてご連絡ください。こちらから、セミナーで用いる資料を郵送いたします。なお参加費は無料です。
 また、東京近郊以外に在住の方には旅費の支出も検討しておりますが、予算の都合上、旅費支給を希望される方は、なるべく早くその旨お知らせください。

問合わせ・申込先 : 
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 フィールドサイエンス研究企画センター事務局
e-mail : fsc_office@aa.tufs.ac.jp  (@は半角)

プログラム等の詳細は以下の通りです。

日時 2016年1月9日(土) 14:00-18:00 / 2016年1月10日(日) 10:30-18:00
会場 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 3階大会議室(303)
http://www.tufs.ac.jp/access
http://www.aa.tufs.ac.jp/ja/about/access
主催 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所
共催 NIHUプログラム・イスラーム地域研究東洋文庫拠点
講師 秋葉 淳 (千葉大学文学部)
髙松 洋一 (AA研)
プログラム
1月9日(土)
14:00-14:15 趣旨説明 講師・自己紹介
14:20-16:00 イラーデおよびハットゥ・ヒュマーユーンの解説 (担当:秋葉 淳髙松 洋一
16:20-18:00 イラーデの講読 (担当:秋葉 淳
1月10日(日)
10:30-12:10 イラーデの講読 (担当:秋葉 淳
13:00-14:40 嘆願書の解説と講読 (担当:髙松 洋一
15:00-16:40 嘆願書の講読 (担当:髙松 洋一
17:00-18:00 総合討論

2015年11月18日 (水)

MESA 2015 in Denver

MESA 2015
November 21-24, 2015
Sheraton Denver Downtown Hotel
Denver, CO

とりあえず、検索した結果だけ。

[P4072-17228] Sunnism, Qizilbashism and Shiism in the Context of Ottoman-Safavid Confrontation by Selim Güngörürler (Sunday, 11/22/15 11:00am)

[P4159-17697] The Evolving Rhetorical Response to Shah Ismail: Idris Bidlisi and Ottoman Anti-Safavid Sentiment, 1501-1513 by Christopher Markiewicz (Tuesday, 11/24/15 8:30am)

[P4159-17378] The Unpatriotic Persian: Fazl Allah Khunji as Pioneer of Anti-Safavid Propaganda by Matthew Melvin-Koushki (Tuesday, 11/24/15 8:30am)

[P4267-17901] Turk and Persian in the early Safavid court: The case of the Khurasan campaign of 1512 by Gregory Aldous (Sunday, 11/22/15 8:30am)

[P4159-17380] Turning Kızılbaş, Turning Safavid: Pro-Safavid Propaganda in Anatolia During the 15th and 16th Centuries by Ayse Baltacioglu-Brammer (Tuesday, 11/24/15 8:30am)

[P4159-17508] “F is for Fath: Qazi Mir Husain Maybudi and his Model Victory Letter” by Colin Mitchell (Tuesday, 11/24/15 8:30am)

 

[P4239-17904] At the Edge of Empire: Frontier Administration and the Formation of Qajar Iran by Assef Ashraf (Monday, 11/23/15 11:00am)

[P4201-17676] Gender, Interiority and the City Center: Locating the Golestan Harem During Nasser al-Din Shah’s Reign by Leila Pourtavaf (Monday, 11/23/15 8:30am)

[P4237-17743] The Baharistan of Jami and Persian Canon Formation by Theodore Beers (Tuesday, 11/24/15 8:30am)

2015年11月16日 (月)

イスラーム地域研究・若手研究者の会11月例会

来る11月28日(土)、イスラーム地域研究・若手研究者の会11月例会を開催いたします。11月定例会の報告は阿久津侑里さんにお願いしました。

本報告では、16世紀末オスマン朝下ブルサの法廷台帳(A153)にみられるズィンミー、なかでも非エリートの側にいたと考えられるズィンミー達に着目し、そのまなざしを意識した上で、人身傷害や婚姻にまつわる紛争的な内容の文書について分析と考察を行って頂く予定です。

これまで以上の多数の皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。


                    記

日時: 11月28日(土) 14時~17時30分

会場: 早稲田大学早稲田キャンパス120-4号館405, 6教室

報告者:阿久津 侑里氏(千葉大学大学院人文社会研究科前期課程修了)

題目:「暴力・婚姻にみるズィンミー:16世紀末オスマン朝下ブルサの法廷台帳(A153)を史料として」

コメンテーター:阿部 尚史氏(東京大学大学院総合文化研究科特任助教)

(会場地図: http://www.waseda.jp/top/assets/uploads/2014/10/waseda-campus-map.pdf)

2015年11月13日 (金)

15世紀中央アジアにおけるペルシア語・チュルク語関係

東京外国語大学国際日本研究センター対照日本語部門

『外国語と日本語との対照言語学的研究』第17回研究会

2015125日(土)

東京外国語大学語学研究所(研究講義棟419室)

15:1016:00
菅原睦氏「チャガタイ語
‘olča’について--15世紀中央アジアにおけるペルシア語・チュルク語関係の一例として」

2015年11月 5日 (木)

サファヴィー朝以前のペルシア語文化圏におけるサバルタン

The first workshop of the BIPS-funded Persianate Subalterns project - on pre-Safavid subalterns - will take place on 7-8 November, 2015 in Edinburgh, UK.

The First Workshop

Room G2
19 George Square
Edinburgh EH8 9LD

Live streaming is available by signing up for access at:
https://www.eventbrite.co.uk/e/the-subalterns-project-workshop-1-live-streaming-tickets-19162934854

and then visiting
http://www.shii-news.imes.ed.ac.uk/the-subalterns-project/webcast/

During the day we will take questions from viewers via our Twitter feed, at https://twitter.com/perssubalterns

Saturday, 7 November 2015

9 am – Welcome

9:15 – 10 am – Dr Sussan Babaie
The ‘riffraff’ in Timurid painting: toward a social history of food service

10 – 10.45 am Dr Lloyd Ridgeon
Female Sufis in the Medieval Period

10:45 – 11.30 am Ms Michelle Quay
Sufis and Subalterns: Blacks, Women, and Slaves in Hagiography from al-Sulamī (d. 1091) to Jāmī (d. 1492)

12 – 12.45 pm Dr Bruno de Nicola
Voicing heresy: a description of mendicant dervishes in Mongol Anatolia

12:45 – 1.30 pm Dr Alexey Khismatulin
To Appoint Subalterns to the Saljūq State Positions, To Take al-Ghazali’s Letters of Recommendation and To Submit a Job Statement to the Saljūq Sultan

2:30 – 3.15 pm Dr Miklos Sarkozy
The Dīwān-i Qā’imiyyāt and the Mongols – a reassessment of Mongol-Nizārī contacts in the light of a newly discovered literary source

3:15 – 4 pm Dr Derek Mancini-Lander
Subversive Skylines: Local History as Subaltern History in Mongol Yazd

4:30 – 5.15 pm Dr Riza Yildirim
Futuwwa Ritual Gatherings as a Worship and Social Organizer


Sunday, 8 November 2015

 

10 – 10.45 am – Dr Christine van Ruymbeke
The naughty female of the subaltern class in Kashefi’s version of the Kalila-Dimna

45 – 11.30 am Prof Albert de Jong
Their masters’ voice? The genesis of Zoroastrian Persian literature

15 – 1 pm Dr Rebecca Gould
Poetry as Political Critique: Khāqānī’s Christian Qaṣīda 2 – 3 pm Summary/Conclusio

2015年11月 2日 (月)

「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」今年度第7回研究会

日本中東学会の皆様


東洋文庫拠点(TBIAS)共催「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」(科研費基盤(B)、代表者:高松洋一)は、今年度第7回(通算24回目)となる研究会を下記要領で開催いたします。


研究会では史料講読をおこないます。扱う史料は、サファヴ
ィー朝(1501-1736)シャー・タフマースプShah Tahmasp(r. 1524-76)期に成立したギヤース・アッディーンGhiyath al-Din Abu Ishaq Kirmaniの簿記術論文です。

【日時】
2015年1116日()17:00~19:00
*次回の開催は月曜日になります、ご注意ください。

【場所】
東洋文庫7階会議室(http://www.tbias.jp/access.html


【講読史料】
Ghiyath al-Din Abu Ishaq Kirmaniによる簿記術論文(ペルシア語およびアラビア語)

【講読箇所】

  • 第2部(daf‘a)「タウジーフ帳簿(tawjih)について(dar daftar-i tawjih)」最初から

写本画像:
Mar‘ashi 8140: 135-142 = image 70-73
Majlis 6544: 62a -65b = image 68-72
Majlis 3117: 83b-87b = image 87-91
Astan-i Quds 7148: 57b-61b = image 59-63

【担当】
渡部良子(東京大学文学部非常勤講師)


« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ