« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月30日 (金)

東洋文庫 ワクフの国際比較 シンポジウム

The Fourth International Symposium of Inter-Asia Research Networks
Comparative Study of the Waqf from the East: Dynamism of Norm and Practices in Religious and Familial Donations

December 5-6 (Sat. & Sun.), 2015
Pre-registration Required Entry Free of Charge *Seating capacity is about 50. We will stop accepting registration once all the places are taken. Registration is required by e-mail of Fax to the address at the end.

The Toyo Bunko, Research Library for Asian studies in Tokyo, has been conducting a comparative study of waqf endowment, in collaboration with the CNRS International Research Group, TELEMME-MMSH, Aix-Marseille University (headed by Professor Randi Deguilhem) for five years since 2011, holding the workshops in Aix-en-Provence, Tunis, Birzeit/Palestine and Mascara/Algeria. We will hold an international symposium on this subject in Tokyo on December 5-6 2015 in order to clarify the socio-economic role of the waqf donation by cross-area comparisons among the waqf in the Middle East, Central Asia, South Asia, Southeast Asia and similar endowments in China and Japan. Our goal is to find and locate both regional features and historical changes of the waqf and similar donations within the sweep of human history, based on a common definition of the waqf below, by analyzing historical materials of each region from comparative perspectives on the topics such as purpose, management, profit and its distribution, transformation and abuse, etc., and searching for dynamism of the waqf and similar donations and their potential in the contemporary world. Definition of the waqf for comparison: irrevocable property donation to distribute the profit to the donor’s family or other beneficiaries as well as for a charitable/philanthropic purpose, by creating a management body independent from the donor and the State.

Organizer: MIURA Toru (Research Fellow, Toyo Bunko; Professor, Ochanomizu University)

December 5, 2015 (Sat.)
13:00-13:10 HAMASHITATakeshi (Research Department Head, Toyo Bunko) Opening Address

13:10-13:25 MIURA Toru Keynote Speech

Session 1: Benefit Moderator: OKAWARA Tomoki (Research Fellow, Toyo Bunko; Associate Professor, Graduate School of International Cultural Studies, Tohoku University)

13:30-14:10 KONDO Nobuaki (Research Fellow, Toyo Bunko; Professor, Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa (ILCAA), Tokyo University of Foreign Studies) “State and Shrine in Iran: Waqf Administration of the Shah ‘Abd al-‘Azim Shrine under the Qajars”

14:10-14:50 Musa SROOR (Director of History and Archaeology Department, Director of Master Program in Muslim and Arab History, Professor, Birzeit University) “The Waqf and Building the Cities: The Old City of Jerusalem as a Case Study” (Break: 10 minutes)

15:00-15:40 ISOGAI Kenichi (Research Fellow, Toyo Bunko; Professor, Faculty of International Liberal Arts, Otemon Gakuin University) “Waqf as a Sustainer of Educational Activity: A Sixteenth Century Waqf for a Bukharan Madrasa”

15:40-16:20 Ouddène BOUGHOUFALA (Professor, Humanities Department, Mascara University) “Women’s Waqf and their Social Role in Ottoman Algeria” (Break: 10 minutes)

16:30-17:00 Discussion

December 6, 2015 (Sun.)

Session 2: Networks Moderator: Stefan KNOST (Lecturer, University of Halle-Wittenberg)

9:30-10:10 Joseph P. McDERMOTT (Fellow of St John’s College and Emeritus Reader of Chinese History, Cambridge) “Village Institutions: Their Development and Potential in China during the Ming and Qing Dynasties”

10:10-10:50 TAKAHASHI Kazuki (Professor, Musashi University) “Land Donation in Medieval Japan and its Social Function” (Break: 10 minutes)

11:00-11:40 KHOO Salma Nasution (Author, Areca Books, Penang, Malaysia) “Waqf and Social Patronage among Tamil Muslim Diaspora in the Straits Settlements of Penang”

11:40-12:20 Nacereddine SAIDOUNI (Professor Emeritus, University of Algiers) “The Awqâf of Maghrebis in Cairo and Jerusalem: Spiritual Links, Cultural Exchanges, and Economic Necessities (Through a Sample of Maghrebis’ Waqfiyât in al-Azhar and al-Aqsa Mosques)”

12:20-12:40 Discussion

(Lunch Time: 1 hour)

Session 3: Transition Moderator: Randi DEGUILHEM (Professor, CNRS, TELEMME-MMSH/AMU, Aix-en-Provence)
13:40-14:20 Saiyid Zaheer Husain JAFRI (Professor of Medieval Indian History, Department of History Faculty of Social Sciences, Delhi University) “Familial Grants and Making of a Waqf: A Case Study of Khanqah-e Karimia, Salon (in Northern India) from Mughal to the Modern Times AD.1679-1953”

14:20-15:00 Randi DEGUILHEM (Professor, CNRS, TELEMME-MMSH/AMU, Aix-en-Provence, Director of GDRI CNRS International Research Network on Waqf and codirector of IISMM-EHESS seminar on waqf) “Colonial States Claiming Waqf, A Transregional Approach: From the French and British Near East to British India”

(Break: 10 minutes)

15:10-15:50 Tunku Alina ALIAS (Adjunct Professor, University of Miami Law School; Adjunct Research Fellow, International Centre for Education in Islamic Finance (INCEIF) KL) “The Spread of Waqfs following British Colonial Trade in the Indian Ocean: A Comparison with the Atlantic Trade”

15:50-16:20 Discussion
(Break: 10 minutes)

Closing Session:
16:30-16:45 Discussant Jean-Pierre DEDIEU (Senior Researcher (emeritus) CNRS, Framespa, Toulouse/IAO (Lyon)

16:45-17:15 General Discussion

17:15-17:20 Randi DEGUILHEM Concluding Remarks

Location: 2nd Floor, Lecture Room, Toyo Bunko For more information: Toyo Bunko 2-28-21 Honkomagome, Bunkyo-ku, Tokyo

2015年10月29日 (木)

Digital Library of India 新サイト

Digital Library of India, 密かに新サイトができています。
なぜか、旧サイトからは行けません。

http://dli.serc.iisc.ernet.in/

今までできなかったPDF一括ダウンロードが可能です。

2015年10月27日 (火)

オスマン研究国際会議 プログラム

以前お知らせしたオスマン研究国際会議ですが、先々週、終わってしまいました。

プログラムのサイトを秋葉さんに教わったので、お知らせしておきます。

http://www.osmanliarastirmalari.org
http://www.osmanliarastirmalari.org/docs/PROGRAM-ENG.pdf

ふたをあけてみると、結構大物も参加しています(トルコ人が圧倒的多数ですが、ヨーロッパからの参加もあります)、とのことです。

2015年10月26日 (月)

九州史学会

平成27年度九州史学会のご案内

来る12月13日(日)に下記の要領で九州史学会大会イスラム文明学部会を開催いたします。午前の部では個人発表として4名の研究者に、午後の部では、シンポジウム「イスラームの王権と正統性――中世から近代へ」を開催し4名の研究者に、それぞれ最新の研究成果をご披露いただきます。貴重な機会ですので、ぜひ皆様おいでください。

なお、前日の12日(土)には、九州史学会大会全体シンポジウム「正史の近代―修史事業と歴史学」も開催されますので、こちらの方も併せてご参加いただけますとありがたく存じます。
時節柄ご多忙の折とは存じますが、皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

※ 13日の部会終了後、例年通り懇親会を予定しております。準備の都合上、懇親会にご参加予定の方は、11月30日までに、e-mailにて当方(his.isla@gmail.com)までご連絡下さいますようお願い申し上げます。

九州大学文学部イスラム文明学研究室
〒812-8581 福岡市東区箱崎6-19-1 Tel & Fax: 092-642-2384
URL: http://www2.lit.kyushu-u.ac.jp/~his_isla/
事務担当: 小笠原弘幸
Mail to: his.isla@gmail.com

12月12日(土)
全体シンポジウム  法文系講義棟101番教室(午後1時30分より)

「正史の近代―修史事業と歴史学」

趣旨説明  九州大学 山口輝臣
    「博士論文になった「正史」―柯劭忞『新元史』をめぐって―」東北大学 渡辺健哉
    「李王職の高宗・純宗実録編纂と小田省吾の「朝鮮史学」 」佐賀大学 永島広紀
    「公定歴史学と教科書-トルコ共和国における正史と歴史教育」九州大学 小笠原 弘幸

12月13日(日)
イスラム文明学部会 法文系講義棟203番教室(午前9時30分より)

    「境域を行き交う人々――十五世紀マグリブ・アクサー北部の事例から」独立研究者 篠田知暁
    「英領インド行政とムスリム聖者廟」青山学院大学 二宮文子
    「18世紀ブハラの年代記『ハンへの贈り物』について――史料論と王権論からの略考」筑波大学 木村暁
    「「火器史の近代」とガージャール朝政府――その武器調達の性格をめぐって」上智大学 小澤一郎
・シンポジウム「イスラームの王権と正統性――中世から近代へ」
趣旨説明  東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 近藤信彰
    「貨幣資料からみた初期ブワイフ朝の権力構造」千葉科学大学 橋爪烈
    「イルハーン朝君主の称号と王権――イラン概念研究の視点から」東京大学 大塚修
    「インドのムスリム諸政権とカリフ―― デリー・スルターン朝時代からムガル帝国時代へ」神戸大学 真下裕之
    「愛国としての法学――イブラヒム・ハックとオスマン公法学の展開」津田塾大学 藤波伸嘉
司会:高松洋一(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)
共催:科学研究費基盤A「イスラーム国家の王権と正統性――近世帝国を視座として」

2015年10月25日 (日)

史学会大会東洋史部会

史学会東洋史部会 11月15日(日)13:00~17:30

会場:東京大学本郷キャンパス法文1号館113番教室

13アブド・アルマリクの貨幣改革再考

亀谷 学

14 中世イスラーム世界のウラマーの「よそ者」観

西村淳一

15 西アナトリアの「匪賊」サルベイオウル――「地方名士」台頭の18世紀

末森晴賀

 

2015年10月23日 (金)

羽田記念館定例講演会


京都では時代祭も終わり、少しずつ秋が深まっておりますが、皆様におかれましてはご健勝のこととお慶び申し上げます。

さて、12月12日(土)に第75回定例講演会が開催されますのでご案内いたします。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

      記

■□━━━━━━━━━━━━
75回羽田記念館定例講演会
━━━━━━━━━━━━
■□

日時:20151212日(土)14001730

場所:ユーラシア文化研究センター(羽田記念館)

603-8832 京都市北区大宮南田尻町13


プログラム

14:00 開会挨拶

14:1015:30

〈講演1〉「トプカプ宮殿博物館付属図書館所蔵アラビア語写本(Ahmet III 3057)に関する覚書」

伊藤隆郎 氏(神戸大学人文学研究科准教授)

〈紹介・司会〉塩野崎信也 氏(京都大学文学研究科附属ユーラシア文化研究センター教務補佐員)

15:5017:10

〈講演2〉「19世紀後半のタブリーズの市区と官吏」

水田正史 氏(大阪商業大学商学科教授)

〈紹介・司会〉小野沢透 氏(京都大学文学研究科准教授)

 

案内ポスターはこちらからダウンロードいただけます:

http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/wp-content/uploads/2015/10/75th_announce.pdf

(広報にご協力いただければ幸いです)

1730より懇親会を開きます。こちらにもぜひご参加ください。

(一般2000円、学生1000円)

 

京都大学大学院文学研究科附属ユーラシア文化研究センター(羽田記念館)

603-8832 京都市北区大宮南田尻町13

URL: http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/hanedahall/hkk-top/

2015年10月 4日 (日)

東洋史研究会 大会

2015年度 東洋史研究会大会

■日時:2015年11月3日(祝) 午前10時~午後5時(講演終了後、懇親会を予定しております) 
■会場:京都大学文学部新館第三講義室(二階)

午後の部
杉山 雅樹「ティムール朝末期における支配者とイスラームの諸相」
高松 洋一「オスマン朝の敕令起草過程で作成される文書類型について」

『オリエント』 58-1

イルハーン朝末期地方政権におけるペルシア語文芸活動の隆盛 ――ハザーラスプ朝君主ヌスラト・アッディーンの治世を事例として                                                大塚 修

トルコ共和国におけるナクシュバンディー教団 ――エレンキョイ・グループとその機関誌『金の樋』                                          上野 愛実

書評
小杉泰、林佳世子編『イスラーム  書物の歴史』                  戸田 聡

小笠原弘幸著『イスラーム世界における王朝起源論の生成と変容』       今澤 浩二

コリン・P・ミッチェル著『サファヴィー朝における政治権力の実践』        市川 千乃

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ