« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月28日 (月)

「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」2015年度第6回研究会

東洋文庫拠点(TBIAS)共催「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」(科研費基盤(B)、代表者:高松洋一)では、今年度第6回(通算23回目)となる研究会を下記要領で開催いたします。

研究会では史料講読をおこないます。扱う史料は、サファヴィー朝(1501-1736)シャー・タフマースプShah Tahmasp(r. 1524-76)期に成立したギヤース・アッディーンGhiyath al-Din Abu Ishaq Kirmaniの簿記術論文です。

【日時】
2015年10月23日(金)17:00~19:00

【場所】
東洋文庫7階会議室(http://www.tbias.jp/access.html)

【講読史料】
Ghiyath al-Din Abu Ishaq Kirmaniによる簿記術論文(ペルシア語およびアラビア語)

【講読箇所】

    第1部(daf‘a)「日誌(ruznamcha)について」(続き)

    帳簿用例(途中):「預託とその他(tahwil wa ghayra)」の第2項目(上段左)「褒賞(in'am)」から

    第2部(daf‘a)「タウジーフ帳簿(tawjih)について」

    写本画像:
    Mar‘ashi 8140: 132- = image 68-
    Majlis 6544: 61a- = image 67-
    Majlis 3117: 82r- = image 84-
    Astan-i Quds 7148: 56b- = image 58-

【担当】
渡部良子(東京大学文学部非常勤講師)

今回はじめて参加されるという方には、必要資料をご用意しますので、本案内文末に記した連絡先までご連絡ください。
みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

2015年9月20日 (日)

東洋文庫英文叢書『ヴェラム契約文書』

Imgvellam
Toru Miura and Kentaro Sato ed.
The Vellum Contract Documents in Morocco in the Sixteenth and Ninteenth Centuries.
Part 1.
Tokyo: The Toyo Bunko. 2015. 296p.

ご恵贈いただきました。ありがとうございました。
英文による解説、アラビア語テキスト、文書の写真が含まれています。原山さん、吉村さん、亀谷さん、Lotfi Bouchentoufさんが寄稿されています。

2015年9月18日 (金)

第2回ボアチ・エルゲネ氏講演会

オスマン史研究会(第2回ボアチ・エルゲネ氏講演会)(2015/10/31)のご案内

NIHUプログラム、イスラーム地域研究東洋文庫拠点では、科研費基盤(B)「17~19世紀オスマン帝国における近代社会の形成」(研究代表者:秋葉)と共催で、オスマン史研究会(ボアチ・エルゲネ氏講演会)を下記の要領で開催することとなりました。

この度の研究会では、シャリーア法廷台帳を用いた多数の研究で知られるボアチ・エルゲネ氏を米国からお招きし、17-18世紀オスマン帝国における法・司法の変容について語っていただくことになりました。皆様ふるってご参加ください。

「オスマン史研究会(第2回ボアチ・エルゲネ氏講演会)」

【日時】:2015 年10月31日(土) 16:00~18:00
【場所】:東洋文庫7階会議室(東京都文京区本駒込2-28-21)
会場アクセス:http://www.toyo-bunko.or.jp/about/access.html

【プログラム】
司会 秋葉淳(千葉大学文学部)
16:00- 17:00 Boğaç A. Ergene(ヴァーモント大学准教授)
Law and Legal Change in the Ottoman Empire during the Seventeenth and
Eighteenth Centuries
17:00~18:00 質疑応答・討論

(使用言語:英語、通訳なし)

※第1回講演会は10月28日(水)に京都(京都大学吉田キャンパス)にて開催されます。こちらにもぜひご参加ください。

2015年9月16日 (水)

第1回ボアチ・エルゲネ氏講演会

オスマン史研究会(第1回ボアチ・エルゲネ氏講演会)(2015/10/28)のご案内

NIHUプログラム、イスラーム地域研究東洋文庫拠点では、科研費基盤(B)「17~19世紀オスマン帝国における近代社会の形成」(研究代表者:秋葉)及び京都大学拠点(KIAS)と共催で、オスマン史研究会(ボアチ・エルゲネ氏講演会)を下記の要領で開催することとなりました。

この度の研究会では、シャリーア法廷台帳を用いた多数の研究で知られるボアチ・エルゲネ氏を米国からお招きし、法廷台帳研究の方法論について語っていただくことになりました。皆様ふるってご参加ください。

「オスマン史研究会(第1回ボアチ・エルゲネ氏講演会)」

【日時】:2015 年10月28日(水) 18:00~20:00
【場所】:京都大学吉田キャンパス総合研究2号館4階第一講義室(AA401)(〒606-8501 京都市左京区吉田本町)
会場アクセス:http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y/
 (地図中の34番)

【プログラム】
司会 秋葉淳(千葉大学文学部)
18:00- 19:00 Boğaç A. Ergene(ヴァーモント大学准教授)
Making the Case for Quantitative and Economic Approaches to Ottoman
Legal History
19:00~20:00 質疑応答・討論

(使用言語:英語、通訳なし)

※第2回講演会は10月31日(土)に東京(東洋文庫)にて開催されます。こちらにもぜひご参加ください。

2015年9月14日 (月)

中東☆イスラーム研究セミナー 2015

アジア・アフリカ言語文化研究所では、本年も下記の要領で、「中東☆イスラー
ム研究セミナー(第16回、12/18-20)」の受講生を募集いた します。
これは、博士論文等を執筆する準備をされている全国の大学院生・若手研究者の
方々を対象としたものです。
若手研究者の皆様のご応募をお待ちしております。

1. 開催期間 平成27年12月18日(金)~20日(日)の3日間

2. プログラム
受講者がそれぞれ1時間程度の研究発表を行い、研究会形式で関係教員および他
の受講者から質問・コメントを受けることで、博士論文等の執筆に資する。

3. 開催場所 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 (東京都府中市朝
日町3-11-1)

4. 応募資格
イスラームもしくは中東に関連する人文・社会科学研究(地域研究・歴史学・人
類学・政治学・経済学・社会学・国際関係論・移民研究など、たとえば「東南ア
ジアにおけるイスラーム教育」「ヨーロッパのムスリム移民」なども含む)を進
めている大学院博士後期課程の大学院生・PDまたはこれに相当する研究歴を持
つ者で、学術論文、特に博士論文の執筆計画を持つ者。

5. 募集人員 4~7名。なお、募集人員内で大学院生、PD、その他の区分は行
わない。

6. 受講料 無料。なお、首都圏以外からの参加者には本学規定の範囲内で旅費・
宿泊費を支給する。

7. 応募締切    平成27年10月2日(金)(当日消印有効)
なお、応募方法の詳細については、以下のサイトをご覧ください。
過去、10年間のプログラムや受講生の感想も掲載されています。
http://meis2.aacore.jp/meis_research_seminar

8. 担当スタッフ
飯塚正人、黒木英充、髙松洋一、近藤信彰、錦田愛子、
苅谷康太,小副川琢、 その他交渉中

2015年9月11日 (金)

日本オリエント学会第57回大会プログラムより

日本オリエント学会第57回大会 
2015年10月17日~18日
於:北海道大学
プログラム

18日

10:00-10:25 岩本 佳子「オスマン帝国における奉公集団研究序説―バルカン半島のミュセッレムを中心に」

10:30-10:55 今野 毅「17世紀末におけるオスマン軍の損耗率―給養台帳におけるアルバニア系軍事集団の記録から」

11:05-11:30 松本奈穂子「オスマン朝末期からトルコ共和国初期における旋律学校の機能と意義」

11:35-12:00 小野 亮介「「人種主義・トゥラン主義裁判事件」半年前のゼキ・ヴェリディ・トガン―未刊行論文「第二次世界大戦とトルコ性」(1943年)の検討

テーマ:「18世紀中葉のオスマン帝国―首都イスタンブルからの展望」(企画代表:秋葉淳)
13:30-13:55 高松 洋一「マフムト1世によるAyasofya図書館の蔵書形成―歴史書を中心として」

14:00-14:25 守田まどか「マフムト1世時代イスタンブルの「公共空間」と女性」

14:35-15:00 秋葉 淳「18世紀オスマン帝国の裁判官のプロフィール―遺産目録を史料として」

2015年9月 6日 (日)

トルコ総理府文書館出版物 ダウンロード

昔、買えずに悔しい思いをした本が、簡単にダウンロードできます。

すばらしいです。

オスマン期に関する一覧はこちら

2015年9月 3日 (木)

ペルシア語文化圏学会第7回大会

THE SEVENTH BIENNIAL CONVENTION OF THE
ASSOCIATION FOR THE STUDY OF PERSIANATE SOCIETIES (ASPS)
ASPS/Istanbul 2015
September 8-11, 2015
Istanbul, Turkey
VENUE: MIMAR SINAN FINE ARTS UNIVERSITY,FINDIKLI CAMPUS

http://www.persianatesocieties.org/

Mughal India and the Deccan Kingdoms
Room Emma Kalb (University of Chicago): Reading the Tahmasnama: Interpreting the Idealized Portrait of an Elite Mughal Slave
Gulfishan Khan (Aligarh Muslim University): Mughal Environmental Concerns in Kashmir
NisarKhan (Jamia Millia Islamia): Sacred and Spatial Meanings of Hasht Behesht in Indo-Iranian Architecture
SalmaAhmed Farooqui (Maulana Azad National Urdu University): Hyderabad: Development of ‘Persianized’ Utilitarian Architecture under the Qutb Shahis

Religion and Cultural Trends in the Mongol Period
Derek Mancini-Lander (SOAS, University of London): Making Yazd Mongol: Rashiduddin Fazlullah and the Rise of the Sayyids in Yazd’s Local Historiography
Kazuo Morimoto (University of Tokyo): The Identity of Sayyid Ibn ʿAbd al-Hamid, the Close Associate of Özbek Khan
Osamu Otsuka (University of Tokyo): Hamd-Allāh Mustawfī and Īrān-zamīn: With a Special Reference to the Unexamined Source, the Dhayl-i Ẓafar-nāma
Mohammad Masad (Zayed University): Between the Lines: A Reexamination of the Life and Times of Ganji

Shiʻism in the Persianate World
Keiko Sakurai (Waseda University): Twelver Shi‘a in Dhaka, Bangladesh: The Emergence of New Leadership
Dennis Halft (Freie Universität Berlin): Twelver Shiite-Armenian Controversies in 12th/18th-Century Iran (WITHDRAWN)
Mohammad Hassan Akhlaqi (Kateb University): Hazaras and Isna Ashari Shiites

Persianate Historiography I
Rudi Matthee (University of Delaware): The Eighteenth Century in Iranian Historiography: Nader Shah: Warlord or National Hero?
Tamar Lekveishvili (Ilia State University): Two References of the Iranian Historian Mohammad Kazem about Relations between Iran and the Georgian Royal Families in the Eighteenth Century
Stanisław Jaśkowski(University of Warsaw): Ahmad Kasravi and His View of History in the Light of Iranian Historical Tradition
Philip Hopkins (University of St Andrews): Southern Baptist Missions in Iran

Language and Society
Panel Chair: Seyfi Kenan (Marmara University)
Aftandil Erkinov (Tashkent State Institute of Oriental Studies): Kitab-e Sasiyan: A Unique Fourteenth-Century Manuscript from Tashkent for Understanding the Secret Language of Street Workers in Central Asia
Dan Shapira (Bar Ilan University): Parting of Ways: When the Kinds of Persian Became So Different?
Martin Schwartz (UC, Berkeley): The Ketab-e Sasiyan and Secret Vocabularies of Iran

What is Indo-Persian? A View from the Late Mughal Period
Mana Kia (Columbia University): Loving Iran from Hindustan: Translocal Persian Literary Culture in a Mid-Eighteenth-Century Delhi Moment
Arthur Dudney (University of Cambridge): Indian Accents and Iranian Accents: A History of the Concept of Local Usage in Persian
Kevin Schwartz (University of Maryland): Tazkirahs and the Articulation of Socio-Literary Worlds in Late Mughal India
Jane Mikkelson (University of Chicago): Of Parrots and Crows: Bīdel and Ḥazīn in Their Own Words

Indo-Persian Literature
Sunil Sharma (Boston University): The Shahjehan-nameh: Versifying the Glorious Reign of a Mughal Ruler
Theodore Beers (University of Chicago): Social Networks in the ‘Arafat al-‘Asheqin of Taqi Awhadi: The Case of Vahshi, Muhtasham, and the Poets of Kashan
Shahla Farghadani (Islamic Azad University): Social Class and Sexuality in the Safavid-Mughal Period
Alexander Jabbari (University of California, Irvine): Contested Visions of Persianate Sexuality, Past and Future

Persianate Historiography II
Golriz Farshi (University of Michigan): The Encounter of Timur and Bayazid: Historians vs. the Sultans
Barry Wood (Boğaziçi University): The Battle of Chaldiran in Safavid Memory: Evidence from the “Anonymous Tales”
Philip Bockholt (Freie Universität Berlin): Writing History in Safavid Times: The Habib al-siyar and its Reception in the Pre-Modern World
Abolala Soudavar (Independent Researcher): Parading an Emperor: Tahmasb's Trump Card against the Ottomans
Grigoi Beradze (Georgian Academy of Sciences, Ilia State University): Written in Stone: On a Bilingual Epitaph of the Late Fourteenth Century from Khnov (Daghestan)

2015年9月 2日 (水)

ヨーロッパイラン学会・第8回大会

9月15-18日、サンクトペテルスブルグのエルミタージュ博物館で開催です。
とりあえず、知り合いに気づいたパネルだけ。
みなさん、ご活躍です。

CHRISTOPH WERNER. The British Consuls, Hajj Mirza Aqasi, and the acquisition of landed estates
ABE NAOFUMI. The Surviving Shrine: The Shrine of Sheykh Safi al-Din after the Fall of the Safavids.
ALI GRANMAYEH. Diplomacy and Despair :Narratives of Qajar Emissaries.
MEHRDAD MOZAYYAN. 19th-Century Educational Exchanges: The case of Iranian Students.
FATEMA SOUDAVAR FARMANFARMAIAN. Of banknotes and bijaks

MEYSAM ABDOLI, MARZIYE MORTAZAVI. The Emancipation Decree of the Slave in Safavid Iran
MOHAMMAD TAGHAVI. The Social and Political History of the Safavids in Tazkereh-ye Mozakker al-Ashab
YUKAKO GOTO. Tabriz under the Safavids – its political position, constructions and development
NOZHAT AHMADI. Highlights of the Condition of Women in the Society of the Safavid Era, with Reference to Story and Tales
ABDOLLAH MOTAVALLI. Retrieving joyful traditional celebrations and ceremonies in the Safavids Era

PEDRAM KHOSRONEJAD. Stolen Souls: visual depiction of Black slaves in Qajar Iran
SHAHROKH RAEI. The ͑Ajam Dervishes and Their Role in the Development and Passing-on of Iranian Folk Culture
DARIUSH RAHMANIAN, ZAHRA HATAMI. Evolution of Kid's Clothing in Qajar Era in Iran (Pictorial Study)
ANTON ZYKOV. Zoroastrian Funeral Practises: Transition in Conduct and Language
BADROSADAT ALIZADEH MOGHADAM. Study of the social place of Zoroastrians in Safavid era in Esfahan

GABRIELLE VAN DEN BERG. The reception of the Shahnama: the different contexts of the Barzunama in prose
KINGA MARKUS TAKESHITA. The portrait of the King Shapur Dhu al-Aktaf in the Shahname of Firdausi.
YURIKO YAMANAKA. Alexander and the Wonders of the World in Ṭūsī’s ʿAjāʾib al-makhlūqāt
SHOKOUFEH TAGHI. Language without Borders

CHARLES MELVILLE. Patronage, politics and piety: Shah ‘Abbas in 1607
PEYVAND FIROUZEH. Bektāsh Khan and Patronage of the Shrine of Shāh Neʿmatollāh-e Valī at Mahan in the Safavid Period
AKIHIKO YAMAGUCHI. Evolution of Centre-Periphery Relationships as Seen from the Appointments of Local Clerics: The Case of the Ardalan Province in the 17th–19th Centuries
RAYA SHANI. From Veneration to Deep Devotion: A Preliminary Study on the Portrayal of ‘Alī b. Abū Ṭālib in Persian Art.
SARA KUEHN. Heavenly Beings and the First Prophet in Iranian Visual Traditions. (15th to 17th

AFTANDIL ERKINOV. The poetics in service of politics in court of Umar-khan (1810–1822) (on the example of the qasida`s from «Мajmu‘а-yi shā‘irān»)
OXANA A.VODNEVA. Trade relations of the Russian Empire and Afghanistan at the turn of the 20th century (based on the documents of Bukhara customs office)
JAVED KHOLOV. Persian/ Tajik influence on Urdu Language
RASOUL ARABKHANI. The Role of Iranian Elite in Ottoman Panislamism in the 19th Century

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ