« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月25日 (木)

イスラーム地域研究・若手研究者の会7月例会

こんにちは。来る7月11日(土)、イスラーム地域研究・若手研究者の会7月例会を開催いたします。

7月例会の報告は、山本佳奈さん(同志社大学大学院文学研究科・博士後期課程)にお願いしました。

本報告では、16世紀オスマン帝国の支配組織全体を俯瞰する体系的組織運営論として、当時大宰相を務めたルフィー・パシャ(1488頃-1563年,
在任 1539-41年)が著した『宰相の書』の分析から、現実の組織運営を解明する手掛りを見出していただく予定です。
これまで以上の多くの皆様の参加をお待ちしております。

       記
日時:7月11日(土) 14時~17時30分
会場:早稲田大学早稲田キャンパス120-4号館405, 6教室
報告者:山本佳奈 氏(同志社大学大学院文学研究科・博士後期課程)
題目:16世紀オスマン帝国の支配組織運営の作法:ルトフィー・パシャ『宰相の書』における軍人系大宰相の視点から
コメンテータ:松尾有里子 氏(お茶の水女子大学・非常勤講師)
(会場地図:http://www.waseda.jp/top/assets/uploads/2014/10/waseda-campus-map.pdf)

研究会に関するお問い合わせは、事務連絡担当の長沼までお願い致します

2015年6月19日 (金)

AA研研究会「イスラーム国家の王権と正統性」のお知らせ(7/12)

今年度採択された科研費基盤A「イスラーム国家の王権と正統性――近世国家を視座として」(代表:近藤信彰)では、共同研究課題「近世イスラーム国家と周辺世界」と共催で、下記の研究会を開催いたします。イスラーム史を通暁するテーマについて、議論を深めるきっかけにしたいと思いますので、皆様のご参加をお待ち申し上げます。


日時:2015年7月12日(日) 14:00-18:15
場所:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所大会議室(303)
(府中市朝日町3-11-1)

プログラム:
近藤信彰(AA研) 「イスラームにおける王権と正統性--めざすもの」

清水和裕(九州大学)「カリフ論の展望」

髙松洋一(AA研)
    「オスマン朝君主の呼称と称号--パーディシャー,カリフ,スルタン」

主催:科学研究費基盤A「イスラーム国家の王権と正統性」(代表者:近藤信彰)
   共同利用・共同研究課題「近世イスラーム国家と周辺世界」
参加自由、無料
以上

*7/8追記 清水和裕さんは、体調を崩されたため、ご欠席となりました。
発表者は2名の予定です。

2015年6月13日 (土)

日本大学史学会 平成27年度大会

今日です。

日本大学史学会 平成27年度大会

日時:平成26年6月13日(土)
場所:日本大学文理学部百周年記念館2階

【公開講演】 15:00~
会場:国際会議場 
鈴木 董氏(東京大学名誉教授)
「イスラムの衝撃と西欧世界」

※研究報告、公開講演共に参加自由
参加費(資料代含む):100円(会員無料)

2015年6月 6日 (土)

「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」2015年第3回研究会

東洋文庫拠点(TBIAS)共催「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」(科研費基盤(B)、代表者:高松洋一)では、今年度第3回(通算20回目)となる研究会を下記要領で開催いたします。

第3回研究会は、史料講読をおこないます。扱う史料は、サファヴィー朝(1501-1736)シャー・タフマースプShah Tahmasp(r. 1524-76)期に成立したギヤース・アッディーンGhiyath al-Din Abu Ishaq Kirmaniの簿記術論文です。

【日時】
6月19日(金)17:00〜19:00
*今回の開催は金曜日になりますのでお気をつけ下さい。

【場所】
東洋文庫7階会議室(http://www.tbias.jp/access.html)

【講読史料】
Ghiyath al-Din Abu Ishaq Kirmaniによる簿記術論文(ペルシア語およびアラビア語)

【講読箇所】
第1部(daf‘a)「日誌(ruznamcha)について」(続き)
最初の帳簿用例箇所から

Mar‘ashī 8140: 126-135 = image 65-70
Majlis 6544: 58b-62a = image 65-68
Majlis 3117: 79b-84b = image 82-87
Āstān-i Quds 7148: 54a-58a = image 55-59

担当:阿部尚史(東京大学総合文化研究科特任助教)

2015年6月 3日 (水)

オスマン史研究会第4回定例大会のお知らせ

オスマン史研究会第4回定例大会のお知らせ

NIHUプログラム、イスラーム地域研究東洋文庫拠点では、科研費基盤(B)「17~19世紀オスマン帝国における近代社会の形成」(研究代表者:秋葉)と共催で、オスマン史研究会第4回定例大会を下記の要領で開催することとなりました。

この度の研究会では、オスマン帝国における「ルメリのユリュク」と呼ばれる遊牧民的準軍事集団について研究をされている岩本佳子さんと、オスマン帝国の宮殿に関して建築史の研究をされている川本智史さんに報告をお願いしました。

皆様ふるってご参加ください。

「オスマン史研究会第4回定例大会」

【日時】:2015年7月4日(土)14:10~19:30

【場所】:東洋文庫7階会議室(東京都文京区本駒込2-28-21)
会場アクセス:http://www.toyo-bunko.or.jp/about/access.html

【プログラム】
司会 秋葉淳
14:10~15:30 岩本佳子(日本学術振興会)
「オスマン帝国における免税特権と奉公集団:ルメリのユリュクとヤヤ・ミュセッレムの類似と相違」

15:50~17:20 川本智史(日本学術振興会)
「帝王の門:オスマン朝宮殿群の形成過程について」

17:30~18:00 総合討論

18:10~19:30 今年度研究計画についての研究打合せ

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ