« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月31日 (日)

頂いた抜き刷りより

学会大会のときにいただきました。

小澤一郎「エリムス・チョウ著『周縁の武装化:グローバル帝国の時代におけるインド洋の武器交易』」『東洋学報』96-4 (2015): 27-34.

小倉智史「中世後期・近世カシミールにおける歴史叙述に関する近年の研究動向」『西南アジア研究』80(2014): 49-62.

小倉智史「15-16世紀スリナガルのハーンカーヒ・ムアッラー」『駿台史学』164(2015): 51-90.

川本智史「15-16世紀イスタンブル旧宮殿の研究」『建築史学』64(2015): 2-33.

小倉さんにはもう一ついただいたのですが、それは別の機会に。

2015年5月25日 (月)

海外学術調査フォーラム

アジア・アフリカ言語文化研究所では6月27日(土)に今年度の海外学術 調査フォーラムを開催いた します。

プログラムの詳細が決まりましたのでお知らせいたします。

  記
日時 6月27日(土) 10:30~19:30
会場 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所
(府中市朝日町3-11-1)

プログラム
10:30~12:30 海外学術調査ワークショップ(公開、事前申込不要)
[於 AA研3階大会議室(303室)]

「フィールドサイエンスにおけるドキュメンテーション
                    ― あつめる・はかる・かぞえる ―」

挨拶 飯塚 正人(AA研所長)
1     「科学研究と不正―STAP事件をめぐって」
 難波 紘二(鹿鳴荘病理研究所・広島大学/病理学)
2     「破壊されゆく都市の記録と記憶―19世紀アレッポの人口と空間」
 黒木 英充(AA研/歴史学)

12:30~12:35 海外学術調査フェスタ展示内容の案内

14:00~14:30 全体会議(事前申込制) [於 AA研3階大会議室(303室)]

「科学研究費の執行について」 大鷲 正和((独)日本学術振興会研究事業部研 究助成第一課長)
14:30~15:00 会場別質疑(事前申込制)  [於 AA研各会議室]

15:10~17:10 地域別分科会(事前申込制) [於 AA研各会議室]
IV 南アジア・西アジア・中央アジア・北アフリカ分科会
座長    近藤 信彰(AA研)
錦田 愛子(AA研)
情報提供講師    長野 宇規氏(神戸大学大学院農学研究科)
タイトル    「トルコ共和国東部の水資源開発と農業」
(トルコでの井戸や水資源、農業に関する調査について、お話しいただけること になっています。)

なお、海外調査に直接関わる午後の部にご出席いただくためには、事前登録が必 要です。

登録はこちらで6月15日まで受け付けております。
http://www.aa.tufs.ac.jp/~gisr/forum.html

皆様のご参加をお待ちしております。

2015年5月22日 (金)

2015年度三田史学会

2015年度 三田史学会大会

期日     2015年6月27日(土)
会場     慶應義塾大学三田キャンパス 

東洋史部会 (10:00~)
西校舎 513番教室

3.イマーム・レザーの死後の奇蹟譚をめぐって――サファヴィー朝後期の一ペルシア語写本を中心に
早稲田大学イスラーム地域研究機構 杉山隆一

4.ザンギー朝ヌール・アッディーン政権のアミールたち
東洋文庫 柳谷あゆみ

民族学考古学部会 (10:00~)
西校舎 516番教室

1.中世イスラーム期における都市ハランの宗教――イブン・アン・ナディームの『目録の書』を中心に
慶應義塾大学大学院文学研究科修士課程 江原聡子

2015年5月19日 (火)

イエニチェリ国際会議

秋葉さんに教えていただきました。
来週ですが、とても魅力的な会議だそうです。
-----------------------------------------------------
International Conference on Ottoman Studies I: Janissaries
May 25, 2015.

Beşiktaş Campus, Auditorium, Yıldız Technical University, Beşiktaş, Istanbul, Turkey.

OPENING SPEECH  

      Cemal KAFADAR, Harvard University

17. Yüzyıl İstanbul’unun Yeni Ekonomik Aktörleri: Yeniçeriler

       Gülay YILMAZ, Akdeniz University

Christian Immigrants-Turned Janissaries in Late Seventeenth-Century Istanbul: A Preliminary Examination

      Eunjeong YI, Seoul National University

Mustafa Naima (1655-1716) and the Military Establishment in Ottoman Aleppo

      Charles WILKINS, Wake Forest University

The Imperial Janissaries of Crete, 1669-1826

      Yannis SPYROPOULOS, CETOBaC (EHESS, CNRS, College de France)
1730 İsyanına Katılan Yeniçerilerin Terekeleri: Bir Analiz

      Selim KARAHASANOĞLU, Istanbul Medeniyet University

Yeniçeri Zabitlerinin Gözüyle Yeniçeri Ocağı

      Aysel YILDIZ, Fatih University

18. Yüzyıl Sonunda İstanbul’da Yeniçeri-Esnaf İlişkileri

      Betül BAŞARAN, St. Mary's College of Maryland &Cengiz KIRLI, Boğaziçi University

18. Yüzyıl ve 19. Yüzyıl Başlarında Eski ve Yeni Odalar

      Mehmet Mert SUNAR, İstanbul Istanbul Medeniyet University
Farklı Bir Yeniçeri Uygulaması Olarak Bosna’nın Yerlikulu Yeniçerileri

      Fatma SEL TURHAN, Istanbul Technical University

Ocak Neden Söndürüldü?: Yeniçerisiz Yıllar Işığında Retrospektif Bir Değerlendirme

      Gültekin YILDIZ, Istanbul University

1826 ve Sonrası: Yeniçeri Ocağı’nın Kaldırılması ve “Yeniçeriler”

      Nalan TURNA, Yıldız Technical University

Bulgaristan Tarih Ders Kitaplarında Devşirme Sistemi ve Yeniçeriler

      Neriman ERSOY HACISALİHOĞLU, Istanbul University

2015年5月12日 (火)

発表者募集「サファヴィー朝世界における宣教師たち」

Consejo Ibero-Safavid de Estudios Históricos. International Conference. MISSIONARIES IN THE SAFAVID WORLD

 
 

missionariessafavid

Institute of History, CSIC.
C/Albasanz 26-28, 28037 Madrid.
10 – 11 March 2016.
Directed by Enrique García Hernán, José Cutillas and Rudi Matthee.

Proposals for papers should be sent to Dr. José Cutillas jcutillas@gmail.com with abstract (600 words) and cv (300 words), until 31st December 2015

マドリードには行ってみたいが、はてさて。

2015年5月 8日 (金)

第15回ガージャール学会

知り合いが多いので、行けばよかったか、と思ったりします。

-----------------------------------------
15th IQSA Conference “Image and Society”

How and why and by and to whom was Persia presented in the way it was from the early Qajar Era to the present

at the International Museum for Family History, Eijsden, the Netherlands

Programme

Friday June 5, 2015

10.00-10.30 Registration

10.30-10.45 Opening Prof. Dr. Manoutchehr Eskandari-Qajar

10.45-11.00 Introduction to the conference

11.00-12.30 Visit of museum and opening of exhibition

12.30-13.45 Lunch

13.45-14.30 Prof. Dr. Joep Geraedts “DNA and Identity”

14.30-15.15 Prof. Mr. René de Groot “Private and national names; a matter of image”

15.15-15.45 Tea break

15.45-16.30 Prof. Dr. Touraj Atabaki “ Who is writing whose past?”

16.30-17.15 Prof. Dr. Rudi Matthee “The development of the historiographical image of Nader Shah in the Qajar period”

17.15-17.45 Annual meeting IQSA

19.00           Dinner

Saturday June 6, 2015

10.30-10.45 opening and introduction

10.45-11.30 Jennifer Scarce “the visual world of Persianate culture”               

11.30-12.15 Dr. Pedram Khosronejad “The image of the other; black slaves in Qajar Persia”

12.15-13.00 Dr. Rohangiz Karachi “The roots of changes in women’s social behaviors in the Naseri period from historical sociological perspective”

13.00-14.30 Lunch

14.30-15.15 Dr. Elahe Helbig “Rural leaders and villages”

15.15-16.00 Kamran Najafzadeh “Photography and image-making”

16.00-16.45 Ferydoun Barjesteh “The image of Persia through Dutch newspapers 1790-1978”

16.45-17.15 Final Discussions

19.30           Dinner

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ