« 特別講義「オスマン帝国史入門」 | トップページ | 黒木英充編『中東都市社会における人間移動と多民族の共存』 »

2015年4月13日 (月)

南アジアのイスマーイール派に関する講演会のお知らせ

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所では、中東・イスラーム基幹研 究の活動の一環として、以下の講演会を企画いたしました。
Surani博士は、南アジアのイスマーイール派についてイマーム・アリーの箴言集 であるKalâm-i Maulâの分析を中心に研究を行っている新進気鋭の研究者です。
皆様のご参加をお待ち申し上げております。


日時:2014年5月1日(金) 17:00-19:00
会場:東京外国語大学本郷サテライト7F会議室
(文京区本郷2-14-10)
http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html
プログラム:
Dr. Iqbal Surani (Ecole Pratique des Hautes Etudes)
"From Haridâs to 'Alîdâs"

講演要旨
The figure of the Imâm is central in shî’sme, particularly for the khojas ismailis where the Imâm is physically present in the person of Shâh Karîm al-Husaynî, Aga Khan IV. He is considered as the 49th Imâm descendant of the Prophet Muhammad from his daughter Fâtima and his cousin and son in law ‘Alî (d. 661). An emblematic and historical figure, the Imâm assumes a double heritage that of Abrahamic tradition vested in the interpretation of the Quran, and presented in the devotional texts of ginân  and du’a as the  10th avatâr of Vishnu in the hindu tradition.
Through an analysis of two ginân and of some selected verses of Kalâm-i Maulâ which are examples of the devotional literature of the community we shall try to understand the construction of religious identity of the Khojas Shia Imâmî Ismailis in South East Asia.

英語(通訳なし)
参加自由・無料

« 特別講義「オスマン帝国史入門」 | トップページ | 黒木英充編『中東都市社会における人間移動と多民族の共存』 »

研究会情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南アジアのイスマーイール派に関する講演会のお知らせ:

« 特別講義「オスマン帝国史入門」 | トップページ | 黒木英充編『中東都市社会における人間移動と多民族の共存』 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ