« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月29日 (水)

「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」2015年度第2回研究会

東洋文庫拠点(TBIAS)共催「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」(科研費基盤(B)、代表者:高松洋一)では、今年度第2回(通算19回目)となる研究会を下記要領で開催いたします。

第2回研究会は、史料講読をおこないます。扱う史料は、サファヴィー朝(1501-1736)シャー・タフマースプShah Tahmasp(r.
1524-76)期に成立したギヤース・アッディーンGhiyath al-Din Abu Ishaq Kirmaniの簿記術論文です。

【日時】
5月18日(月)17:00〜19:00

【場所】
東洋文庫7階会議室(http://www.tbias.jp/access.html)

【講読史料】
Ghiyath al-Din Abu Ishaq Kirmaniによる簿記術論文(ペルシア語およびアラビア語)

【講読箇所】
第1部(daf‘a)「日誌(ruznamcha)について」(続き)
最初の帳簿用例箇所から

Mar‘ashī 8140: 124-135. = image 64-70.
Majlis 6544: 57b-62a. = image 64-68.
Majlis 3117: 79a-84b. = image 81-87.
Āstān-i Quds 7148: 53a-58a. = image 54-59.

担当:阿部尚史(東京大学総合文化研究科特任助教)

2015年4月28日 (火)

Eurasian Studies 12(2014)

LECTEURS ET COPISTES DANS LES TRADITIONS MANUSCRITES IRANIENNES, INDIENNES ET CENTRASIATIQUES
Textes réunis par Nalini Balbir – Maria Szuppe

Nourane Ben Azzouna: 
Pratique et théorie en calligraphie d’après l’œuvre de ‘Abdallāh al-Ṣayrafī (Iran,
première moitié du XIVe siècle)   

Domenico Agostini:
Pehlevi, pāzand et pārsi : trois systèmes d’écriture au service de Zoroastre (IXe-
XIXe siècles). Le cas de Jāmāspi

Ashirbek Muminov: Les manuscrits kazakhs en « nouvelle graphie arabe » (XXe siècle)

Francesca Bellino:
Sirāj al-Dīn ibn al-Wardī and the Ḫarīdat al-‘ajā’ib: authority and plagiarism in a fifteenth-century Arabic cosmography

Corinne Lefèvre: Le livre en acte à la cour moghole : le cas des littératures historique et religieuse
    d’après le Majālis-i Jahāngīrī (1608-1611)
Thibaut d’Hubert:
La diffusion et l’usage des manuscrits bengalis dans l’est du Bengale, XVIIe-XXe siècles

Maria Szuppe:
À propos des lieux de copie des manuscrits d’Asie centrale issus d’ateliers locaux du XVIe au XIXe siècle

Francis Richard:
Une collection vue par le biais de ses colophons: présentation sommaire des manuscrits persans de l’École nationale des Langues orientales

Aftandil Erkinov:
Livres manuscrits et milieu féminin en Asie centrale : contenu et audience des recueils poétiques copiés par des femmes à Kokand du XIXe au début du XXe siècle

Jun Sugawara:
Expanded texts of “martyrdom”: The genesis and development of the Uighur legend of Abdurahman Ḫan

Jérôme Petit: Les savants occidentaux, lecteurs et (re)copistes des manuscrits orientaux: Eugène Burnouf, Léon Feer, Julien Vinson

Alexandre Papas:
Un rouleau talismanique du Xinjiang musulman

Nobuaki Kondo:
The lives of qabālas : Annotation, transcription and registration of documents in Early Modern Iran

2010年にパリで行われたシンポジウムの成果です。イスラーム以前のものは省きました。

2015年4月21日 (火)

第11回中東☆イスラーム教育セミナーのご案内

 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所では、今年度も下記の要領で全 国の大学院生を対象とした「中東☆イスラーム教育セミナー(第11回)」を開催 し、受講生を募集いたします。 なお、このセミナーは、地域研究コンソーシアムの協賛を受けて行われるものです。 大学院生の皆様の積極的なご応募をお待ちしております。
  記
1. 開催期間  平成27年9月21日(月・祝)~24日(木)の4日間

2. プログラム  6名の講師によるそれぞれ1時間の講義+受講者の中の希望者に よる40分程度の研究発表

講師(敬称略)  富沢寿勇(文化人類学・東南アジア), 藤元優子(イラン現 代文学・ジェンダー研究 ),桝屋友子(イスラーム美術史),長縄宣博(中央 ユーラシア近現代史),飯塚正人(イスラーム学・中東地域研究),髙松洋一 (オスマン朝史,古文書学)

3. 開催場所  東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 (東京都府中 市朝日町3-11-1)

4. 応募資格 イスラームもしくは中東に関連する人文・社会科学研究(地域研 究・歴史学・人類学・政治学・経済学・社会学・国際関係論・移民研究など。た とえ ば「東南アジアにおけるイスラーム教育」「ヨーロッパのムスリム移民」 なども含む)を志す大学院生、またはそれに相当する研究歴を持つ者で、受講 期間を通じて講義に出席し、討論に積極的に参加する意思を持つ者。

5. 募集人員  約25名。

6. 受講料    無料。

7. 応募締切 平成26年6月26日(金)(当日消印有効) 応募方法については以下のサイトをご覧ください。 過去のプログラム・参加者の感想もこちらに掲載されています。 http://meis2.aacore.jp/meis_educational_seminar

なお、博士論文執筆者等を対象とする中東☆イスラーム研究セミナーは本年は12 月18日(金)~20日(日)の3日間まで開催されます。 こちらの応募締切は10月2日(金)となっています。 詳細はこちらをご覧ください。
http://meis2.aacore.jp/meis_research_seminar

2015年4月20日 (月)

第10回 ベイルート若手研究者報告会 報告者募集開始のお知らせ

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所では、11月27日(金)に、レバノンにて第10回 ベイルート若手研究者報告会を開催することとなりましたので、ご案内申し上げます。

本報告会は、日本の大学や研究機関で中東研究・イスラーム研究を進める若手研究者に研究発表の機会をご提供するとともに、その最新の研究成果を、レバノンをはじめとする中東の研究者たちに広く知っていただくことを目的としたものです。 毎年、専門家同士の密度の濃い議論が行われ、レバノンの研究機関の研究者と交流する場ともなっております。 会場は、ベイルートの中東研究日本センターJaCMESです。 若手の研究者の皆さまには、多数のご応募をお待ちしております。

詳しい募集要項につきましては、下記をご覧下さい。
http://meis2.aacore.jp/report_beirut_seminar

こちらからは、過去の報告会のプログラムや、ご参加頂いた皆さまの感想もご覧頂けます。

2015年4月18日 (土)

メッカ巡礼関係図書デジタルライブラリー

たまたま見つけました。
アラビア語・ペルシア語の文献が多数アップロードされているようです。

閲覧もダウンロードも可能、登録もいらないという優れものです。

http://lib.hajj.ir/

2015年4月15日 (水)

黒木英充編『中東都市社会における人間移動と多民族の共存』

Kuroki Hidemitsu. ed.
Human Mobility and Multi-ethnic Coexistence in Middle Eastern Urban Societies 1: Tehran, Aleppo, Istanbul, and Beirut. Fuchu: ILCAA 2015. 192p. 
Studia Culturae Islamicae no. 102.

Humanmobility

Migration and Multiethnic Coexistence in Qajar Tehran
                                                                                           Nobuaki Kondo

Migration and Social Mobility in Greater Tehran: From Ethnic Coexistence to Political Divisions?
                                                                                       Bernard Hourcade

The Christian Communities in Ottoman Aleppo and the Role of Religious  Endowments (waqf) in the Construction Translocal Spaces
                                                                                             Stefan Knost

Migrants in Ottoman Aleppo, 1849: A Preliminary Analysis of Census Registers
                                                                                             Hidemitsu Kuroki

Ottoman Population Registers of Late 18-19th Centuries Istanbul: As a Source for the Study of the Greek Orthodox (Rum) Population
                                                                                          Yoichi Takamatsu

Urban Reforms in Istanbul as a Negotiated Process: The Case of the Armenian Cemetery in Beyoğlu
                                                                                           Masayuki Ueno

The Formation of Armenian Communities at “Home” and Abroad: Diasporan Armenian Leaders’ Attitudes toward Soviet Armenia
                                                                                        Takayuki Yoshimura

Middle Eastern Regional Politics and the Impact on Beirut’s Inter-sectarian Relations
                                                                                          Taku Osoegawa

Mobility, Coexistence and Memory: Beirut after the 1975 War
                                                                                      Aïda Kanafani-Zahar

Writing the Civil War: Lebanese Writers’ Perspectives on a Precarious Coexistence
                                                                                        Kaoru Yamamoto

The Work of Gyoji Banshoya in the Middle East and North Africa
                                                                                             Kosuke Matsubara

Those who need a copy please inquire ILCAA.

2015年4月13日 (月)

南アジアのイスマーイール派に関する講演会のお知らせ

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所では、中東・イスラーム基幹研 究の活動の一環として、以下の講演会を企画いたしました。
Surani博士は、南アジアのイスマーイール派についてイマーム・アリーの箴言集 であるKalâm-i Maulâの分析を中心に研究を行っている新進気鋭の研究者です。
皆様のご参加をお待ち申し上げております。


日時:2014年5月1日(金) 17:00-19:00
会場:東京外国語大学本郷サテライト7F会議室
(文京区本郷2-14-10)
http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html
プログラム:
Dr. Iqbal Surani (Ecole Pratique des Hautes Etudes)
"From Haridâs to 'Alîdâs"

講演要旨
The figure of the Imâm is central in shî’sme, particularly for the khojas ismailis where the Imâm is physically present in the person of Shâh Karîm al-Husaynî, Aga Khan IV. He is considered as the 49th Imâm descendant of the Prophet Muhammad from his daughter Fâtima and his cousin and son in law ‘Alî (d. 661). An emblematic and historical figure, the Imâm assumes a double heritage that of Abrahamic tradition vested in the interpretation of the Quran, and presented in the devotional texts of ginân  and du’a as the  10th avatâr of Vishnu in the hindu tradition.
Through an analysis of two ginân and of some selected verses of Kalâm-i Maulâ which are examples of the devotional literature of the community we shall try to understand the construction of religious identity of the Khojas Shia Imâmî Ismailis in South East Asia.

英語(通訳なし)
参加自由・無料

2015年4月11日 (土)

特別講義「オスマン帝国史入門」

トルコ史特別講義「オスマン帝国史入門」
講師:鈴木 董 東京大学名誉教授
日時:毎週月曜日 18;30-20:00 前期4月20日~7月27日
                   後期10月5日~1月25日
場所:トルコ大使館文化部(ユノス・エムレ・トルコ文化センター) 渋谷区大山町 1-19
費用:前期・後期各12回、18,000円(学生 9,000円)
詳細はちらしをご覧ください。

2

2015年4月 9日 (木)

エルキノフ編『ナヴァーイー:アクコユンルの崇敬者たちの詩集』

Alī Shīr Navā’ī. Dīvān of the Aq Qoyunlu Admirers. Edited by Aftandil Erkinov. Fuchu: ILCAA. 2015. 207p  Studia Culturae Islamicae no.101.

Navai

プロジェクトの成果の一つとして刊行されました。1471年書写のナヴァーイーの詩集(カイロ写本)のファクシミリと解説です。
シーラーズのアクコユンルの宮廷で書写されたと考えられ、書写がナスタリーク体の著名な書家です。ナヴァーイーの詩集としては、2番目に古いもので、これまでの詩集の成立史を大きく書き換えるものです。
ミニュアチュールも数点含まれています。

ご希望の方は、こちらをご覧ください。

2015年4月 5日 (日)

「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」2015年度第1回研究会のご案内

東洋文庫拠点(TBIAS)共催「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」(科研費基盤(B)、代表者:高松洋一)では、今年度第1回(通算18回目)となる研究会を下記要領で開催いたします。

第12回研究会は、史料講読をおこないます。扱う史料は、サファヴィー朝(1501-1736)シャー・タフマースプShah Tahmasp(r. 1524-76)期に成立したギヤース・アッディーンGhiyath al-Din Abu Ishaq Kirmaniの簿記術論文です。

【日時】
4月20日(月)17:00〜19:00

【場所】
東洋文庫7階会議室(http://www.tbias.jp/access.html)

【講読史料】
Ghiyath al-Din Abu Ishaq Kirmaniによる簿記術論文(ペルシア語およびアラビア語)

【講読箇所】
序論第15章「護られたる王国の徴税の規則(qarar-i jam’)と税の規定(qanun)と農作物の増加(ray’)と換算(tas’ir)について」(続き)
Mar‘ashī 8140: 122-123. = image 63-64.
Majlis 6544: 56b-57a. = image 63.
Āstān-i Quds 7148: 52b. = image 54.
担当:渡部良子(東京大学文学部・非常勤講師)

第1 部(daf‘a)「日誌(ruznamcha)について」
Mar‘ashī 8140: 123-135. = image 64-70.
Majlis 6544: 57a-62a. = image 63-68.
Majlis 3117: 77b-84b. = image 80-87.
Āstān-i Quds 7148: 52b-58a. = image 54-59.
担当:阿部尚史(東京大学総合文化研究科特任助教)

2015年4月 3日 (金)

ペルシア語オンライン辞書 追加

イラン研究会で森島さんにうかがいました。

Vaje-yab
Loghat-name + Mo`in+ `Amidほか。出典がわかる。

Vaje
Loghat-name + Mo`in + Ariyanpur
ただし、どれがどの語釈かよくわからない。
発音記号あり

Farsi 123
ペルシア語-英語、英語-ペルシア語

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ