« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月25日 (水)

「黒柳先生を偲ぶ会」公開講演会のご案内

春寒の候、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。  

昨年8月30日に永眠された本学名誉教授黒柳恒男先生を偲んで、下記のとおり「公 開講演会」を開催することとなりましたのでご案内いたします。  黒柳先生は東京外国語大学におけるペルシア語学科の必要性を早くから認識され、 その創設にご尽力されましたが、ご自身もペルシア語研究とその普及に意を配られ、 我が国におけるイラン地域研究の素地を作られました。
 御退官後も、ペルシア語辞典の編纂作業を続けられ、今後も末永く受け継がれるで あろう成果を我々に残してくださいました。  今回は、黒柳先生の経歴や業績を振り返るとともに、関係の方々より、先生の研 究、業績、お人柄や思い出などをお話しいただき、改めて、日本におけるペルシア語 研究、イラン研究における先生のご貢献の大きさを皆様と共有したいと思います。
 なお、講演会では、レザー・ナザルアーハーリー駐日イラン大使、ハーシェム・ラ ジャブザーデ氏(元大阪大学外国語学部客員教授)、山本由美子氏(川村学園女子大 学文学部教授)、石井啓一郎氏(三菱電機)、アリー・マダディー氏(イラン文化交 流センター)、藤井守男氏(東京外国語大学言語文化学部教授)の各氏よりお話を頂 く予定です。

                 記
日時: 2015年3月7日(土)     14:00~17:00(13:30受付開始)
場所: 東京外国語大学研究講義棟2階226教室
〒183-8534東京都府中市朝日町3-11-1
最寄駅:(JR中央線武蔵境駅乗り換え、西武多摩川線多磨駅下車 徒歩5分
または京王線飛田給駅下車、多磨駅行バス東京外国語大学前下車)
http://www.tufs.ac.jp/access/tama.html

参加費: 400円(資料代)
主催:東京外国語大学ペルシア語研究室「黒柳先生を偲ぶ会」実行委員会
協賛:在京イラン・イスラーム共和国大使館および同付属イラン文化交流センター

2015年2月21日 (土)

「第4回オスマン史研究会」のご案内

「第4回オスマン史研究会」のご案内

NIHUプログラム、イスラーム地域研究東洋文庫拠点では、科研費基盤(B)「17~19世紀オスマン帝国における近代社会の形成」(研究代表者: 秋葉)と共催で、 第4回オスマン史研究会を下記の要領で開催することとなりました。 この度の研究会では、多方面で大きな反響を呼んだ『第二オスマン帝国』(2010)の著者バーキー・テズジャン氏を米国からお招きし、ご自身にこの著書について 語っていただくことになりました。皆様ふるってご参加ください。

「第4回オスマン史研究会」
【日時】:2015 年3月24日(火)16:00~18:00
【場所】:東洋文庫7階会議室(東京都文京区本駒込2-28-21)
会場アクセス:http://www.toyo-bunko.or.jp/about/access.html
【プログラム】
司会 秋葉淳(千葉大学文学部)

16:00-17:00 Baki Tezcan(カリフォルニア大学デイヴィス校准教授)
The Second Empire: Conceptualizing Early Modern Ottoman History without Decline

17:00~18:00 質疑応答・討論 (使用言語:英語、通訳なし)

2015年2月19日 (木)

国際イラン学会第11回大会 in ウィーン、発表者募集

ELEVENTH BIENNIAL IRANIAN STUDIES CONFERENCE

University of Vienna Tuesday-Friday, 2-5 August 2016

 

CONFERENCE INFORMATION

The International Society for Iranian Studies (ISIS) is pleased to announce that the Eleventh Biennial Iranian Studies Conference will be held in Vienna, Austria from August 2-5, 2016 at the University of Vienna. Onsite registration begins on the 2nd and the program extends until the evening of the 5th. A world-heritage historic center, a vibrant cultural life and the traditional coffee houses are only some of the factors that make Vienna a top destination in Europe. Top-notch research institutions such as the Austrian Academy of Sciences, 13 universities, and the largest student population in Central Europe contribute to an atmosphere of cultural diversity and intellectual openness. The presence of several international organizations reflects the history of Vienna as a crossroads of cultures. Direct contacts with Iran date back to the medieval period, and an imperial school teaching Persian to future diplomats was established in Vienna in 1754. Today Vienna is home to a highly visible Iranian community. The landmark building of the University of Vienna is the main seat of the oldest and largest university in the German-speaking countries. Located in the historic city center, its combination of magnificent architecture with modern meeting facilities offers a perfect conference setting.

 

Conference Chair: Florian Schwarz, Institute of Iranian Studies, Austrian Academy of Sciences Program Chair: Camron Michael Amin, University of Michigan-Dearborn

 

CALL FOR PAPERS

The organizers of the 11th Biennial Conference of the International Society for Iranian Studies (ISIS) invite proposals for pre-arranged panels and individual presentations in all subfields of Iranian studies. The primary language of the conference is English, but papers in Persian will be considered as well. All proposals must be submitted electronically, through the ISIS website, on special forms which will become available on the website as the submission process begins. Independent PAPER PROPOSALS should include a bio of the presenter (a paragraph of no more than 200 words), and an abstract of the paper limited to a paragraph of no more than 400 words, outlining the central theme and main argument of the presentation. Conveners of PRE-ORGANIZED PANELS should submit a personal bio and a panel proposal outlining the central theme of the panel, and indicating how the individual presentations relate to that theme. The format and word count are as those for independent paper proposals. Panel members must submit personally their own bios and abstracts, which follow the format of the independent paper proposal, but include also the title of the panel. Ordinarily panels comprise four presentations, but panels with three presenters will also be considered. In the latter case, the organizers may suggest to the panel convener a fourth member, whose independent proposal is congruent with the topic of the panel. We will have a limited number of slots for PRE-ORGANIZED ROUNDTABLE PANELS. Abstracts for Roundtables should address how panelists will facilitate discussion regarding the academic, policy, or professional theme of the Roundtable.

 

DEADLINES: The electronic submission process will open on Wednesday April 15, 2015, and will close on Monday, June 15, 2015, 11:59 pm Pacific Time-zone (Greenwich Mean Time minus 8 hours). Detailed step-by-step guidelines on how proposals should be submitted will be posted on the ISIS website when the submissions web-page is opened. Applicants for the 11th ISIS Conference in Vienna must be current members of ISIS, and must preregister for the conference. ISIS membership can be obtained by accessing the “Membership” page of the ISIS website at http://iranianstudies.com/membership

 ADJUDICATION: Pre-arranged panels and independent paper proposals undergo a peer-review process by a Program Committee of scholars, whose names and academic affiliations will be published on the ISIS website after the closing of the submissions process. All applicants will be notified of the status of their proposals in the Fall of 2015, so that the approved candidates will have sufficient time to arrange funding through their institutions, and make travel arrangements


2015年2月13日 (金)

新刊『イスラーム法の「変容」--近代との邂逅』

Img_new
大河原知樹・堀井聡江『イスラーム法の「変容」--近代との邂逅』
山川出版社.2014年. 113頁.

昨日、いただきました。今抱えている仕事と関係があるので、あわてて読みました。
いろいろ、勉強になりました。

2015年2月 9日 (月)

オスマン研究国際会議 発表者募集

INTERNATIONAL CONGRESS ON OTTOMAN STUDIES
October, 14-17,  2015
Sakarya University, Esentepe Campus
Sakarya, Turkey

The Aim of the Congress

International Congress on Ottoman Studies organizing committee invites scholars and researchers to submit abstracts for the Congress 2015 to be held in Sakarya University, at Sakarya, Turkey, on October 14 - 17, 2015.

The intention of the congress is to bring together Ottoman scholars with the aim of presenting the current research of Ottoman studies. The congress aims to introduce new approaches in the field to move beyond well-worn historical narratives.

The conference language is Turkish and English. All submitted abstracts will be subject to blind peer review for acceptance.  Authors of accepted papers may be invited to present their work at the Congress. Papers selected by a board of referees will be also published in an edited collection by a Turkish or an international publisher.

Important Note: Due to high demands, abstract submission deadline has been extended March, 1, 2015.

詳細は
http://www.osmanliarastirmalari.org/

2015年2月 7日 (土)

第13回中央アジア古文書セミナーのご案内

第13回中央アジア古文書研究セミナーのご案内

 以下の要領で、科研費「近代中央ユーラシア地域における帝国統治の比較法制度・法
社会史的研究」(基盤研究(B)・堀川徹代表)、「17~19世紀オスマン帝国における近
代社会の形成」(基盤研究(B)・秋葉淳代表)と、NIHUプログラム・イスラーム地域研
究東洋文庫拠点との共催により、本年度の「中央アジア古文書研究セミナー」を開催い
たします。お忙しいとは存じますが、ふるってご参加いただきたくご案内申し上げます

日時: 2015年3月21日(土):13:00~18:00 ※終了後、懇親会があります。
       3月22日(日):10:00~17:00
場所: 京都外国語大学国際交流会館4階会議室(No.941)
※会場アクセス: http://www.kufs.ac.jp/aboutkufs/campus/access/index.html

【プログラム】

第1日目:3月21日(土)―古文書講読・講演
13:00-13:20 趣旨説明(堀川)、参加者自己紹介
13:20-16:00 菅原純氏(東京外国語大学大学院総合国際学研究院・研究員)
 「カーディ文書を中心とする新疆テュルク語民間文書:概説と講読」
16:00-16:30 コーヒーブレーク
16:30-18:00 バーキー・テズジャン氏(カリフォルニア大学デイヴィス校・准教授)
 The Portrait of the Preacher as a Young Man:
  The Education and Early Career of Kadizade Mehmed
※18:30~ 懇親会

第2日目:3月22日(日)―古文書講読
10:00-12:40 矢島洋一氏(奈良女子大学研究院人文科学系・准教授)
 「近世・近代西トルキスタンの合法売買文書」
12:40-13:40 昼休憩
13:40-16:20 磯貝健一氏(追手門学院大学国際教養学部・准教授)
 「19世紀ブハラ・アミール国の訴状とその背面文書(または「判決文」)」
16:20-17:00 総合討論

 参加を希望される方は、資料送付宛先と懇親会の出欠を明記の上、電子メールにてご
連絡ください。古文書講読で使用する資料を事前に郵送いたします。
 また、遠方の方には交通費を準備しますので、早めにご連絡ください。事務手続きの
関係上、参加の受付は2月24日(火)をもって締め切らせていただきます。

2015年2月 3日 (火)

デジタルライブラリー ガーエミーエ

イランの別のデジタルライブラリーです。
書籍を無料で、PDFほかさまざまな形式で本をダウンロードすることができます。
書籍をスキャンしたものではなく、組み直してありちょっと読みにくいですが、一応、元のページ番号はわかります。
宗教系が充実していますが、史料も結構あります。
ペルシア語だけでなく、アラビア語の書籍も含まれています。

www.ghaemiyeh.com

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ