« 2014年度 イラン研究会 | トップページ | 「旅行記史料が結ぶ近世アジアとムスリムの世界像」2014年度第2回研究会 »

2015年1月 4日 (日)

八尾師誠先生 最終講義

東京外国語大学ペルシア語専攻で長年教鞭を執られた八尾師誠先生の最終講義です。
『イラン近代の原像―英雄サッタール・ハーンの革命』(東京大学出版会、1998年)などのご著作があります。

2月6日、追記しました。

------------------------------------------------------------
         記

八尾師誠先生最終講義

◆日時・場所:2015年2月7日(土) 12時40分~14時10分(研究講義棟115教室)

◆題目:「地域研究事始め--現地とかかわり続けて37年、何が見えてきたか」

◆アクセス:
東京外国語大学研究講義棟: http://www.tufs.ac.jp/access/

◆留意事項:
当日は研究講義棟の3階で、大学院入試の口述試験が実施される予定ですので、研究講義棟内ではご静粛にお願いいたします。

« 2014年度 イラン研究会 | トップページ | 「旅行記史料が結ぶ近世アジアとムスリムの世界像」2014年度第2回研究会 »

研究会情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八尾師誠先生 最終講義:

« 2014年度 イラン研究会 | トップページ | 「旅行記史料が結ぶ近世アジアとムスリムの世界像」2014年度第2回研究会 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ