« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月31日 (土)

東洋文庫 国際シンポジウム

The Third International Symposium of Inter-Asia Research Networks
Islamic and Chinese Studies and Inter-Asia Research Networks:
Integrated Study of Dynamism in the Supra-Regional Spheres of Islamic and Chinese Regions

RSVP Required
Entry Free of Charge

*Seating capacity is about 50. We will stop accepting registration once all the places are taken.
Registration required by e-mail of Fax.

Date:
February 28 - March 1, 2015

Organizer:
HAMASHITA Takeshi
(Research Department Head, Toyo Bunko)

Session Coordinators:
Session 1:
SHIMBO Atsuko
(Professor, Waseda University)
Session 2:
HACHIOSHI Makoto
(Research Fellow, Toyo Bunko; Professor, Graduate School of Global Studies, Tokyo University of Foreign Studies)
Session 3:
HAMASHITA Takeshi


February 28 (sat)

13:30-13:45   
HAMASHITA Takeshi   
Opening Address

13:45-16:50 (2/28 Sat.)
Session 1: Some Aspects of Chinese Muslim Society: Focusing on Migration, Network, and Gender

13:45-14:25   
WANG Jianxin
(Professor, Cultural Anthropology at Ethnology Institute of Lanzhou University; Vice Director at Center for Studies of Ethnic Minorities in Northwest China of Lanzhou University)
“Sermon Poems in Uyghurs and Huis: A Comparison Approach toward the Socio-Religious Representations of Muslim Minorities in China”

14:25-15:05   
Maria JASCHOK
(Director, International Gender Studies Centre; Research Fellow, Lady Margaret Hall, University of Oxford)
“Soundscape of a Women’s Mosque and Potency of Silence: Evocations of Islamic Faith, Ruptured Memory and Precarious Presence in Kaifeng, China”

15:05-15:45   
MATSUMOTO Masumi
(Professor, Muroran Institute of Techology)
“Islamic Education for Women in China: Vocational or Ethical Schooling?”

16:00-16:20   
OKA Natsuko
(Research Fellow, Institute of Developing Economies, Japan External Trade Organization)
“Comment”

16:20-16:50   
Discussion

March 1 (sun)

09:30-13:00 (3/1 Sun.)
Session 2: Parliamentalism and Constitutional Systems in Islamic and Chinese Regional Spheres

9:30-10:10   
Mohsen KHALILI
(Associate Professor of Political Science, Faculty of Economics and Administrative Sciences, Ferdowsi University of Mashhad)
“Two Dimensions of the Iran’s Constitutionalism: Familiar Notions, Lack of Theory”

10:10-10:50   
SASAKI Shin
(Assistant Professor, Faculty of Humanities, Seikei University)
“After the ‘Second Empire’: New Horizons of the Ottoman Constitutional History”

10:50-11:30   
SUZUKI Emi
(Research Fellow, Toyo Bunko; Fellow, Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa, Tokyo University of Foreign Studies)
“Notable Politics and Parliament in Modern and Contemporary Egypt”

11:40-12:20 
AJIOKA Toru
(Professor, Faculty of Liberal Arts, University of the Sacred Heart)
“The Constitutional Government and the Local Administration System of Republican China”

12:20-12:35   
HACHIOSHI Makoto
“Comment”

12:35-13:00 
Discussion

14:00-17:30 (3/1 Sun.)
Session 3: Local and Global Problems around Islamic and Chinese Regional Spheres

14:00-14:40   
MA Qiang
(Professor, Institute for Western Frontier Region of China, Shaanxi Normal University)
“Middle Man: The Integrated Function of Hui among Ethnic Groups in Yining City of Xinjiang”

14:40-15:20   
KOH Keng We
(Assistant Professor, Nanyang Technological University)
“Islam and the Chinese in Southeast Asia: A Historical Overview”

15:20-16:00   
XIANG Biao
(Lecturer in Social Anthropology, University of Oxford)
“Economic Globalization, Population Mobility, and Islam in China: The Case of Yiwu”

16:10-16:30   
HAMASHITA Takeshi
“Comment”

16:30-17:30 General Discussion

Chairperson:
HAMASHITA Takeshi

Location:
2nd Floor, Lecture Room, Toyo Bunko
MAP

For more information:
Toyo Bunko
2-28-21
 
Honkomagome, Bunkyo-ku, Tokyo

2015年1月28日 (水)

ワクフに関するデータベース・セミナー

ワクフに関するデータベース・セミナー

(公財)東洋文庫では、フランスCNRS国際共同研究事業と連携し、ワクフに関する共
同研究を2013年度から進めています。ワクフは、イスラーム地域に共通するシステム
ですが、それぞれの時代や地域によるワクフの社会的な機能の違いと共通性を明らか
にしていくために、研究者が手持ちのデータを整理するとともに、それを相互に利用
できるような共通のデータベースの構築を構想しています。このたび、フランス・エ
クサンプロヴァンス地中海学研究所でFileMakerProを用いて、シリアなどのワクフ
寄進文書、用語集、文献目録」のデータベースの構築作業を担当している
Mohammadreza Neyestaniさんが来日し、その内容を経験を聞くセミナーを開催しま
す。
年度末の多忙な時期になりますが、関心のある方のご参加をお待ちします。なお、
Neyestaniさんはサファヴィー朝のワクフ研究で、翌21日東京外国語大学アジア・ア
フリカ言語文化研究所でのワークショップで研究発表をなされます。

日時:2015年2月20日(金) 17:30~19:30
講師:Mohammadreza Neyestani (フランス、Aix-Marseille大学ポスドク研究員)
使用言語は英語、但し仏語・ペルシア語での質問も可能。
場所:公益財団法人 東洋文庫 7階会議室(入口右手のホールにエレベーターがあ
ります)
(JR.山手線駒込駅、東京メトロ南北線駒込駅、都営三田線千石駅から
いずれも徒歩5分)
http://tbias.jp/access
備考:参加くださる方は、資料等の準備の関係があり、2月16日までに下記にご連絡
いただければ幸いです。Neyestaniさんの説明を聞きつつ、その場でフランクに質問
するなごやかな会ですので、初心の方も遠慮なくご参加ください。
主催:科学研究費「ワクフ(イスラーム寄進制度)の国際共同比較研究」(研究代表
者三浦徹)
共催:イスラーム地域研究東洋文庫拠点

2015年1月26日 (月)

「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」2014年度第10回研究会

東洋文庫拠点(TBIAS)共催「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」(科研費基盤(B)、代表者:高松洋一)では、今年度第10回(通算16回目)となる研究会を下記要領で開催いたします。

第10回研究会は、史料講読をおこないます。扱う史料は、サファヴィー朝(1501-1736)シャー・タフマースプShah Tahmasp(r. 1524-76)期に成立したギヤース・アッディーンGhiyath al-Din Abu Ishaq Kirmaniの簿記術論文です。

【日時】
2月16日(月)17:00〜19:00

【場所】
東洋文庫7階会議室(http://www.tbias.jp/access.html)

【講読史料】
Ghiyath al-Din Abu Ishaq Kirmaniによる簿記術論文(ペルシア語およびアラビア語)

【講読箇所】
第15章「護られたる王国の徴税の規則(qarar-i jam’)と税の規定(qanun)と農作物の増加(ray’)
と換算(tas’ir)について」

解説文「wa ajnas dar mahall bar avarad」から(Mar‘ashī 8140: 118前半部)

Mar‘ashī 8140: 118-123. = image 61-64.
Majlis 6544: 55a-57a. = image 61-63.
Āstān-i Quds 7148: 50b-52b. = image 52-54.

【担当】
阿部尚史(東京大学総合文化研究科特任研究員)
渡部良子(東京大学文学部非常勤講師)

2015年1月20日 (火)

国際ワークショップ "Early Modern Iran: The Safavids, Qajars, and Waqf"

アジア・アフリカ言語文化研究所では、2月21日(土)、下記のように国際ワークショップ"Early Modern Iran: The Safavids, Qajars, and Waqf”を開催いたします。ドイツからChristoph Werner氏、フランスからMohammadreza Neyestani氏が参加されるえがたい機会ですので、皆様のご参加をお待ち申し上げております。

     記

国際ワークショップ"Early Modern Iran: The Safavids, Qajars, and Waqf”
日時:2015年2月21日(土)13:00-18:00
会場:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所大会議室(303)
(府中市朝日町3-11-1)
主催:
アジア・アフリカ言語文化研究所                   中東イスラーム研究拠点
             基幹研究「中東・イスラーム圏における人間移動と多元的社会編成」
                  共同利用・共同研究課題「近世イスラーム国家と周辺世界」
科研費基盤研究B「ワクフ(イスラーム寄進制度)の国際共同比較研究」(代表者:三浦徹)

International Workshop
“Early Modern Iran: The Safavids, Qajars, and Waqf”

Sponsored by
Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa (ILCAA)
and
Kakenhi Project “International Comparative Study of Waqf (Islamic Endowment)”

Date and time:  Saturday, 21 February, 2015  13:00–18:00
Venue:  Large Conference Room (303), ILCAA, Tokyo University of Foreign Studies

13:00   Opening address
Nobuaki Kondo, ILCAA                           

13:10
Arming the frontier: Proliferation of modern firearms in Ottoman-Iranian borderlands in the aftermath of the Russo-Turkish War (1877-1878)
Ichiro Ozawa, Sophia University
14:00
An enigmatic dispute over ownership of a village:
Landlords, villagers, and the local community in 19th Century Iran
Naofumi Abe, the University of Tokyo

14:50  Coffee break

15:10
Structure and uses of Shia waqfs during the Safavid period
Mohammadreza Neyestani, Aix Marseille Université

16:00
Illumination Waqfs: A new type of endowment in Safavid and Qajar Iran
Christoph Werner, Philipps-Universität Marburg

16:50  Coffee break

17:10  General discussion

17:50  Concluding remarks
Toru Miura, Ochanomizu University

2015年1月18日 (日)

共同研究課題「近世イスラーム国家と周辺世界」2014年度第4回研究会

アジア・アフリカ言語文化研究所の共同研究課題「近世イスラーム国家と周辺世界」では、下記のように今年度第4回の研究会を開催いたします。この研究会は、科研費基盤B「17~19世紀オスマン帝国における近代社会の形成」(代表:秋葉 淳)との共催で行われます。 皆様のご参加をお待ち申し上げます。

  記
日時:2015年2月22日(日) 14:00-18:00
会場:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所大会議室(303)
(府中市朝日町3-11-1)
プログラム:(敬称略)

秋葉 淳 (千葉大学)
「オスマン帝国における近代社会の形成(17~19世紀)--研究動向と新しい課題」

近藤 信彰(AA研)
「後期サファヴィー朝の財務行政」


2015年1月16日 (金)

Christoph Werner氏講演会のお知らせ

Christoph Werner氏講演会のお知らせ

アジア・アフリカ言語文化研究所の中東イスラーム研究拠点ならびに基幹研究「中東・イスラーム圏における人間移動と多元的社会編成」では、ドイツ、マールブルク大学のクリストフ・ヴェルナー氏を招いて、下記の講演会を開催いたします。20世紀イランの慈善団体についての興味深い講演ですので、皆様のご参加をお待ち申し上げております。

 記
日時:2015年2月18日(水) 17:00-19:00
会場:東京外国語大学本郷サテライト5Fセミナー室
(文京区本郷2-14-10)
http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html
内容: Christoph Werner (University of Marburg)
Secular Waqf? Foundations, Endowments and Philanthropy in Pahlavi Iran”
使用言語 英語 通訳なし
参加自由、無料   

なお、Werner氏は、2月21日(土)にAA研で開催される国際ワークショップ"Early Modern Iran"でもご報告いただきます。
詳細はのちほどお知らせいたします。

2015年1月 8日 (木)

「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」2014年度第9回研究会(1/19)のお知らせ

東洋文庫拠点(TBIAS)共催「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」(科研費基盤(B)、代表者:高松洋一)では、
今年度第9回(通算15回目)となる研究会を下記要領で開催いたします。
第9回研究会は、史料講読をおこないます。扱う史料は、サファヴィー朝(1501-1736)シャー・タフマースプShah Tahmasp(r.1524-76)期に成立したギヤース・アッディーンGhiyath al-Din Abu Ishaq Kirmaniの簿記術論文です。

【日時】
1月19日(月)17:00〜19:00

【場所】
東洋文庫7階会議室(http://www.tbias.jp/access.html)

【講読史料】
Ghiyath al-Din Abu Ishaq Kirmaniによる簿記術論文(ペルシア語およびアラビア語)

【講読箇所】
第15章「護られたる王国の徴税の規則(qarar-i jam’)と税規定(qanun)と農作物などの(ray’)と換算(tas’ir)について」
帳簿用例「wilayat-i arba'a」から(Mar‘ashī 8140: 114冒頭)
Mar‘ashī 8140: 114-123. = image 59-64.
Majlis 6544: 53b-57a. = image 60-63.
Āstān-i Quds 7148: 48b-52b. = image 50-54.

【担当】
阿部尚史(東京大学総合文化研究科特任研究員)

2015年1月 7日 (水)

「旅行記史料が結ぶ近世アジアとムスリムの世界像」2014年度第2回研究会

早稲田大学拠点では、2月8日(日)に早稲田大学において、文部科学省共同利用・共同研究拠点の事業である共同研究課題 「旅行記史料が結ぶ近世アジアとムスリムの世界像」2014年度第2回研究会を開催いたします。

日時:2月8日(日)13:30~18:00 場所:早稲田大学22号館715教室
地図:http://www.waseda.jp/top/assets/uploads/2014/10/waseda-campus-map.pdf

川本正知(奈良学園大学)
「ムジャッディディーヤ以前のナクシュバンディー教団のオスマン朝領域への伝搬:
アブド・アッラー・ニダーイーの旅を手掛かりにして」

総括・総合討論 守川知子(北海道大学)

問題提起 島田竜登(東京大学) 「アジア史における近世」

ご自由にご参加ください。

2015年1月 4日 (日)

八尾師誠先生 最終講義

東京外国語大学ペルシア語専攻で長年教鞭を執られた八尾師誠先生の最終講義です。
『イラン近代の原像―英雄サッタール・ハーンの革命』(東京大学出版会、1998年)などのご著作があります。

2月6日、追記しました。

------------------------------------------------------------
         記

八尾師誠先生最終講義

◆日時・場所:2015年2月7日(土) 12時40分~14時10分(研究講義棟115教室)

◆題目:「地域研究事始め--現地とかかわり続けて37年、何が見えてきたか」

◆アクセス:
東京外国語大学研究講義棟: http://www.tufs.ac.jp/access/

◆留意事項:
当日は研究講義棟の3階で、大学院入試の口述試験が実施される予定ですので、研究講義棟内ではご静粛にお願いいたします。

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ