« 八尾師誠先生 最終講義 | トップページ | 「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」2014年度第9回研究会(1/19)のお知らせ »

2015年1月 7日 (水)

「旅行記史料が結ぶ近世アジアとムスリムの世界像」2014年度第2回研究会

早稲田大学拠点では、2月8日(日)に早稲田大学において、文部科学省共同利用・共同研究拠点の事業である共同研究課題 「旅行記史料が結ぶ近世アジアとムスリムの世界像」2014年度第2回研究会を開催いたします。

日時:2月8日(日)13:30~18:00 場所:早稲田大学22号館715教室
地図:http://www.waseda.jp/top/assets/uploads/2014/10/waseda-campus-map.pdf

川本正知(奈良学園大学)
「ムジャッディディーヤ以前のナクシュバンディー教団のオスマン朝領域への伝搬:
アブド・アッラー・ニダーイーの旅を手掛かりにして」

総括・総合討論 守川知子(北海道大学)

問題提起 島田竜登(東京大学) 「アジア史における近世」

ご自由にご参加ください。

« 八尾師誠先生 最終講義 | トップページ | 「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」2014年度第9回研究会(1/19)のお知らせ »

研究会情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 八尾師誠先生 最終講義 | トップページ | 「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」2014年度第9回研究会(1/19)のお知らせ »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ