« 「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」2014年度第8回研究会のご案内 | トップページ | 新刊「近代・イスラームの教育社会史」 »

2014年12月17日 (水)

新刊『宗主権の世界史』

藤波さんにいただきました。ありがとうございました。黛さんもご活躍です。

--------------------------------------------

岡本隆司編『宗主権の世界史――東西アジアの近代と翻訳概念』名古屋大学出版会. 201411. 412.

1章 オスマン帝国における附庸国と 「宗主権」 の出現 —— ワラキアとモルドヴァを例として     黛 秋津

2章 主権と宗主権のあいだ —— 近代オスマンの国制と外交                                        藤波伸嘉

論 東西の君主号と秩序観念  黛秋津/望月直人/岡本隆司

10章 宗主権と正教会 —— 世界総主教座の近代とオスマン・ギリシア人の歴史叙述                            藤波伸嘉

« 「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」2014年度第8回研究会のご案内 | トップページ | 新刊「近代・イスラームの教育社会史」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新刊『宗主権の世界史』:

« 「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」2014年度第8回研究会のご案内 | トップページ | 新刊「近代・イスラームの教育社会史」 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ