« 112回史学会大会 東洋史部会 | トップページ | 『東洋学報』96巻2号(2014年9月) »

2014年11月10日 (月)

九州史学会大会 イスラム文明部会

来る12月14日(日)に下記の要領で九州史学会大会イスラム文明学部会を開催いたします。部会午前の部では2名の研究者に、午後の部では4名の研究者に、それぞれ最新の研究成果をご披露いただきます。貴重な機会ですので、ぜひ皆様おいでくださいませ。

  なお、前日の13日(土)には、財団法人史学会と共催の九州史学会大会全体シンポジウム 「過去を伝える、今を遺す―歴史資料、文化遺産、情報資源は誰のものか―」も開催されますので、こちらの方も併せてご参加いただけますとありがたく存じます。  時節柄ご多忙の折とは存じますが、皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

日時 2014年12月14日(日曜日) 午前10時30分開始
会場 九州大学箱崎文系キャンパス 法文系講義棟(共通講義棟)2階・203番教室
プログラム
午前の部 午前10時30分開始
 10:30~ 11:10      サファヴィー朝モハンマド・ホダーバンデ期におけるハムゼ・ミールザーの対キジルバーシュ政策              九州大学 市川千乃
  11:10~11:50      16世紀カシミールのサンスクリット文献におけるmuggulaについて 
                                                             京都大学 小倉智史

午後の部 午後1時30分開始
シンポジウム「ユーラシア諸帝国における君主と軍事集団の展開」
 13:30~13:40      趣旨説明 九州大学 清水和裕
 13:40~14:20      イスラーム帝国アッバース朝における君主と軍事集団 
                                 九州大学 清水和裕
 14:20~15:00      サファヴィー朝統治体制における君主と軍事集団      
                              首都大学東京 前田弘毅
 15:00~15:10     休憩

 

  15:10~15:50      ムガル帝国における君主と軍事集団      神戸大学 真下裕之
 15:50~16:30      マンジュ=大清帝国における君主と軍事集団 東京大学 杉山清彦
 16:30~17:00      全体討論

イスラム文明学部会懇親会 午後6時開始

« 112回史学会大会 東洋史部会 | トップページ | 『東洋学報』96巻2号(2014年9月) »

研究会情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 九州史学会大会 イスラム文明部会:

« 112回史学会大会 東洋史部会 | トップページ | 『東洋学報』96巻2号(2014年9月) »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ