« 九州史学会大会 イスラム文明部会 | トップページ | 共同研究課題「前近代南アジアにおける中間集団の再検討」 »

2014年11月14日 (金)

『東洋学報』96巻2号(2014年9月)

研究動向
森 天眞
「『エヴリヤ・チェレビをめぐる近年の研究動向--2011年「エヴリヤ・チェレビ年」および『旅行記』の情報源研究を中心に」
逆218-200

エヴリヤ・チェレビ研究はずいぶん盛んなようです。

« 九州史学会大会 イスラム文明部会 | トップページ | 共同研究課題「前近代南アジアにおける中間集団の再検討」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『東洋学報』96巻2号(2014年9月):

« 九州史学会大会 イスラム文明部会 | トップページ | 共同研究課題「前近代南アジアにおける中間集団の再検討」 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ