« 「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」2014年度第4回研究会 | トップページ | 『ガザーリー--古典スンナ派思想の完成者』 »

2014年7月 6日 (日)

Said Amir Arjomand氏講演会"Persianate Societies"

この度、「人間文化研究機構(NIHU)プログラム イスラーム地域研究」早稲田大学拠点では、
下記の要領により講演会を開催いたします。

講演者のサイード・アミール・アルジョマンドSaïd Amir Arjomand 氏は、アメリカ・ストーニーブルック大学の特別功労教授、
および同校グローバルスタディーズ研究所の所長で、イランを中心に中東の政治、法律、宗教、歴史などを
幅広く比較・検討されている社会学の大家です。主著に次のものがあります。

・The Shadow of God and the Hidden Imam: Religion, Political
Organization and Societal Change in Shi'ite Iran from the Beginning to
l890, the University of Chicago Press, l984.
・The Turban for the Crown. The Islamic revolution in Iran, Oxford
University Press, 1988.
・After Khomeini, Iran under his Successors, Oxford University Press, 2009.

今回は「'Persianate societies'(ペルシアの言語、文化、文学、芸術などの影響を強く受けた社会)研究の最前線について、
Persianate Studies: State of the Art」という題目でご講演をいただきます。
公開の講演会(事前登録不要)ですので、ふるってご参加いただけますようお願い申し上げます。


記


日時: 2014年7月12日(土) 16:00~18:00

会場: 早稲田大学11号館818教室

地図: http://www.waseda.jp/jp/campus/waseda.html

演題: Persianate Studies: State of the Art

要旨: 下記の英文案内を参照

言語: 英語(通訳なし)

お問い合わせ:
早稲田大学イスラーム地域研究機構
info (at) islam.waseda.ac.jp
TEL:03-5286-1749


===========================================================


Open Lecture by Saïd Amir Arjomand


The Waseda center of the NIHU program for Islamic Area Studies will
present an open lecture by Professor Saïd Amir Arjomand from Stony
Brook University. This lecture will focus on “Persianate Studies”, and
will be presented at Waseda University as detailed below. We know
everyone is quite busy, but we hope you will make time to join us for
this special event. The lecture is open to all, and no advance
notification is required to attend, so feel free to join us.


Date: July 12th (Sat) 2014, 16:00-18:00

Location: Waseda University, building 11, room 818

Map: http://www.waseda.jp/eng/campus/map.html

Presentation: "Persianate Studies: State of the Art"
Professor Saïd Amir Arjomand (Distinguished Service Professor of
Sociology / Director of the Stony Brook Institute for Global Studies,
Stony Brook University)

Abstract: The lecture survey a decade of interdisciplinary work in the
new field of Persianate Studies, beginning with the coining of the
term by Marshall Hodgson (1974) and its rapidly increasing usage since
the foundation of the Association for the Study of Persianate
Societies (1996) and the publication, since 2007, of its organ,
Journal of Persianate Studies. The emergence and expansion of the
Persianate world region or civilizational zone on the basis of the New
Persian (900-1900 CE), the rise and spread of Persianate monarchy and
Persianate Islam, especially with the growth of the Sufi literature in
Persian, is traced as the historical background for the critical
review of recent interdisciplinary scholarship in Persianate Studies.

Language: English (without Japanese translation)

« 「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」2014年度第4回研究会 | トップページ | 『ガザーリー--古典スンナ派思想の完成者』 »

研究会情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Said Amir Arjomand氏講演会"Persianate Societies":

« 「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」2014年度第4回研究会 | トップページ | 『ガザーリー--古典スンナ派思想の完成者』 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ