« スーフィズム・聖者信仰研究会「オスマン朝期のイスラーム改革」 | トップページ | イスファハーン大学サファヴィー朝史研究センター »

2014年7月16日 (水)

中東都市多層ベースマップシステム

なんとなくタイミングを逸して、紹介しそびれていたのですが、

イスタンブル、テヘラン、アレッポ、ベイルート、カイロの歴史地図をグーグルマップと重ね合わせて、表示できるサイトです。都市地図ばかりでなく、オスマン領やパレスチナのもう少し広域の地図もあります。

http://asp.netmap.jp/mebasemap/index.html

本当は、白地図のようにいろいろな情報を書き込めるようになっているのですが、私はまだいじるに至っておりません。少なくとも、表示はどなたでもできますので、是非ためしてみてください。

以前からあるのは、こちらです。
オスマン帝国時代の古地図のデジタル化
http://www.aa.tufs.ac.jp/fsc/gis/ottomanmaps/

オスマン古地図
http://www.aa.tufs.ac.jp/~kuroki/map/mapmenu.html#

です。あわせてご利用いただければ幸いです。



« スーフィズム・聖者信仰研究会「オスマン朝期のイスラーム改革」 | トップページ | イスファハーン大学サファヴィー朝史研究センター »

研究ツール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中東都市多層ベースマップシステム:

« スーフィズム・聖者信仰研究会「オスマン朝期のイスラーム改革」 | トップページ | イスファハーン大学サファヴィー朝史研究センター »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ