« 懇談会「チャガタイ・トルコ語とペルシア語」のご案内 | トップページ | 新共同研究課題「近世イスラーム国家と周辺世界」第一回研究会 »

2014年6月24日 (火)

Said Amir Aromand氏講演会

東文研セミナーのご案内  東洋文化研究所班研究「ペルシア語文化圏研究」では、宗教と政治の関係などを軸とした多様で多産な研究で知られ、Journal of Persianate Studiesの編集長を務めておられるサイード・アルジョマンド教授を招き、以下の要領で講演会を開催いたします。事前の出席連絡などは必要ありません。ぜひ奮ってご参加下さい。

The ‘King of Islam’: An Idea and Its Typological Significance
Speaker: Said Amir Arjomand (Distinguished Service Professor of Sociology/Director of the Stony Brook Institute for Global Studies, State University of New York at Stony Brook)

Abstract: The revival of the Persian idea of kingship in the tenth century posed a challenge to the Abbasid Caliphate. Al-Ghazali (d. 1111) coined the term, the ‘King of Islam’ (malik/pādshāh-i Islām) to associate Sultan Sanjar with Islam directly, bypassing the Caliph. The idea was transmitted to India by the conquering slave generals who created the Delhi Sultanate. In Iran itself, meanwhile, Ghazan Khan adopted the title of King of Islam upon his conversion in the last decade of the thirteenth century, thus grafting the Persian idea of kingship upon yet another type of Islamicate political regime: the Il-Khanid nomadic empire. The lecture is an essay in Begriffsgeschichte (conceptual history) of this important concept in the history of Islamicate political discourses.

Date and Time: 16 July, 2014 (Wed) 16:00-18:00
Venue: Room 304, 3rd Floor, Institute for Advanced Studies on Asia (Toyo Bunka Kenkyujo), University of Tokyo (7-3-1 Hongo, Bunkyo-ku, Tokyo; http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/eng/access/index.html)

*The lecture is open to public; no registration is required.

« 懇談会「チャガタイ・トルコ語とペルシア語」のご案内 | トップページ | 新共同研究課題「近世イスラーム国家と周辺世界」第一回研究会 »

研究会情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Said Amir Aromand氏講演会:

« 懇談会「チャガタイ・トルコ語とペルシア語」のご案内 | トップページ | 新共同研究課題「近世イスラーム国家と周辺世界」第一回研究会 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ