« Said Amir Aromand氏講演会 | トップページ | 「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」2014年度第4回研究会 »

2014年6月26日 (木)

新共同研究課題「近世イスラーム国家と周辺世界」第一回研究会

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所では、2014年度より新規共同研究課題「近世イスラーム国家と周辺世界」を開始いたします。これはオスマン朝、サファヴィー朝、ムガル朝などの国家のあり方をを周辺世界との交渉を含めて考察していこうというものです。

第一回研究会を下記のとおり開催いたします。皆様のご参加をお待ち申し上げております。

日時:2014年7月20日(日)14:00-18:00

会場:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所
 (府中市朝日町3-11-1)
 マルチメディア会議室(304)

プログラム
1. 近藤信彰(AA研)
   プロジェクト趣旨説明

2. 木村暁(AA研共同研究員,筑波大学)
   「近世中央アジアにおけるハン号の意義変容--ブハラ王権の事例から」

3. Aftandil ERKINOV
(ILCAA Visiting Professor,Tashkent State Institue of Oriental Studies)
   “Negotiating Islam?: People and Governor-Generals in Turkestan, 1867-1917.”

参加自由・無料

« Said Amir Aromand氏講演会 | トップページ | 「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」2014年度第4回研究会 »

共同研究課題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新共同研究課題「近世イスラーム国家と周辺世界」第一回研究会:

« Said Amir Aromand氏講演会 | トップページ | 「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」2014年度第4回研究会 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ