« 若手研究者の会:近世オスマン帝国における「遊牧民」と国家 | トップページ | 「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」2014年度第3回研究会 »

2014年6月 7日 (土)

「旅行記史料が結ぶ近世アジアとムスリムの世界像」

「旅行記史料が結ぶ近世アジアとムスリムの世界像」2014年度第1回研究会

日時:2014年7月6日(日)14時から18時

場所:京都大学総合研究2号館4階第2講義室(AA415)

今松 泰(イスラーム地域研究機構)
「イスラームの遊行する者たち――カランダルの潮流」

稲葉 穣(京都大学人文科学研究所)
「旅行記・道・フロンティア――歴史的アフガニスタンをめぐって」

« 若手研究者の会:近世オスマン帝国における「遊牧民」と国家 | トップページ | 「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」2014年度第3回研究会 »

研究会情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「旅行記史料が結ぶ近世アジアとムスリムの世界像」:

« 若手研究者の会:近世オスマン帝国における「遊牧民」と国家 | トップページ | 「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」2014年度第3回研究会 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ