« 「静謐なる聖地」展 ウェブサイト公開 | トップページ | 第72回羽田記念館定例講演会開催のご案内 »

2014年5月24日 (土)

エルキノフさん講演会

下記のように、ウズベキスタンの研究者アフタンディル・エルキノフさんの講演 が行われます。
皆様のご参加をお待ちしております。

-------------------------------------------------------------------------------------

AA研フォーラムのお知らせ

アジア・アフリカ言語文化研究所では、本研究所の所員や外国人研究員、共同研究員等がおこなっている研究の内容や、研究から得られた知見を、所内外に公開することを目的として公開フォー ラム「AA研フォーラム」を開催しています。

6月12日(木)14時から、下記のとおりAA研フォーラムを開催します。
公開の講演会ですので、所外の皆様、学部・大学院の教員の皆様もお誘いの上
ふるってご参加下さい。

日  時:2014年6月12日(木)14:00~15:00
場  所:AA研マルチメディアセミナー室(306)

発 表 者:Aftandil ERKINOV(ILCAA Visiting Professor),(AA研外国人研究員)

発表題目:"Fabrication of Legitimation in the Khoqand Khanate under the
Reign of 'Umar Khan (1225―1237/1810―1822)"

Abstract:Khoqand Khanate (1709 — 1876) becomes the independent state
     at ‘Umar khan`s (1810 — 1822) reign. In this situation legitimation
was fabricated — the legend about Altun Bishik (“The Golden Cradle”)
allegedly left in golden cradle the son of Babur from which there was
created the dynasty of Kokand khans. The legend is given in the court
historical work Mushrif Isfaragi “Shah‑nama‑yi ‘Umar‑khani” (“‘Umar‑
khān's King's Book”). On my supervision a legend about Altun Bishik
was created on the basis of the general plot of the work “Bakhtiyar‑
nama” (“[The Book About] Bakhtiyar”) of Daqayiqi Marwazi‑Samarqandi
(12th—13th c.). There is a manuscript of the given work with the
personal seal of ‘Umar khan.

使用言語:英語

参加自由・無料

« 「静謐なる聖地」展 ウェブサイト公開 | トップページ | 第72回羽田記念館定例講演会開催のご案内 »

研究会情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エルキノフさん講演会:

« 「静謐なる聖地」展 ウェブサイト公開 | トップページ | 第72回羽田記念館定例講演会開催のご案内 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ