« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月31日 (土)

第72回羽田記念館定例講演会開催のご案内

京都では深緑が色を増しておりますが、皆様におかれましてはご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、来る7月5日(土)に第72回定例講演会が開催されますのでご案内いたします。 皆様のご参加を心よりお待ちしております。       

第72回羽田記念館定例講演会
日時:2014年7月5日(土)14:00~17:30 場所:ユーラシア文化研究センター(羽田記念館) 〒603-8832 京都市北区大宮南田尻町13    TEL 075-491-6027
プログラム 14:00 開会挨拶 14:10~15:30
〈講演1〉「ミール・アリーシールの家系に見るポスト=モンゴル時代」      
久保 一之 氏(京都大学大学院文学研究科准教授)
〈紹介・司会〉杉山 雅樹 氏(ユーラシア文化研究センター教務補佐)

15:50~17:10 〈講演2〉「モンゴル国石碑・銘文探査行20年 1994-2014 ―チンギス=カンとその子孫たちの足跡をたどって―」      
松田 孝一 氏(大阪国際大学名誉教授)
〈紹介・司会〉 堤 一昭 氏 (大阪大学文学研究科教授)    

★17:30より懇親会を開きます。こちらにもぜひご参加ください。 (一般2000円、学生1000円)
★案内ポスターはこちらからダウンロードいただけます: http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/wp-content/uploads/2014/05/72nd_announce.pdf

2014年5月24日 (土)

エルキノフさん講演会

下記のように、ウズベキスタンの研究者アフタンディル・エルキノフさんの講演 が行われます。
皆様のご参加をお待ちしております。

-------------------------------------------------------------------------------------

AA研フォーラムのお知らせ

アジア・アフリカ言語文化研究所では、本研究所の所員や外国人研究員、共同研究員等がおこなっている研究の内容や、研究から得られた知見を、所内外に公開することを目的として公開フォー ラム「AA研フォーラム」を開催しています。

6月12日(木)14時から、下記のとおりAA研フォーラムを開催します。
公開の講演会ですので、所外の皆様、学部・大学院の教員の皆様もお誘いの上
ふるってご参加下さい。

日  時:2014年6月12日(木)14:00~15:00
場  所:AA研マルチメディアセミナー室(306)

発 表 者:Aftandil ERKINOV(ILCAA Visiting Professor),(AA研外国人研究員)

発表題目:"Fabrication of Legitimation in the Khoqand Khanate under the
Reign of 'Umar Khan (1225―1237/1810―1822)"

Abstract:Khoqand Khanate (1709 — 1876) becomes the independent state
     at ‘Umar khan`s (1810 — 1822) reign. In this situation legitimation
was fabricated — the legend about Altun Bishik (“The Golden Cradle”)
allegedly left in golden cradle the son of Babur from which there was
created the dynasty of Kokand khans. The legend is given in the court
historical work Mushrif Isfaragi “Shah‑nama‑yi ‘Umar‑khani” (“‘Umar‑
khān's King's Book”). On my supervision a legend about Altun Bishik
was created on the basis of the general plot of the work “Bakhtiyar‑
nama” (“[The Book About] Bakhtiyar”) of Daqayiqi Marwazi‑Samarqandi
(12th—13th c.). There is a manuscript of the given work with the
personal seal of ‘Umar khan.

使用言語:英語

参加自由・無料

2014年5月23日 (金)

「静謐なる聖地」展 ウェブサイト公開

アジア・アフリカ言語文化研究所で行われている「静謐なる聖地」展 ウェブサイトが公開されました。

http://www.aa.tufs.ac.jp/paleb2014/

展示品や写真、会場にある地図まで再現されています。

ちなみに過去に行われた展示のサイトは、こちらです。

中東古地図要覧

豊饒なる埃及

鮮麗なる阿富汗



2014年5月22日 (木)

第3回「近代中央ユーラシア比較法制度史研究会」

新緑の候、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、科研費「近代中央ユーラシア地域における帝国統治の比較法制度・法社会史的研究」(基盤研究(B)・研究代表者:堀川徹)は、
イスラーム地域研究東洋文庫拠点との共催により、以下の要領で第3回「近代中央ユーラシア比較法制度史研究会」を開催いたします。
ふるってご参加いただきたく、ご案内申し上げます。

なお、上記科研費の今年度最初の研究会ですので、
今後の研究計画に関する会議を行ないます。上記科研費のメンバーの方、日程的に可能な方は、その後の懇親会も含め、
ご参加いただきたく、お願い申し上げます。

日時: 2014年6月21日(土) 14:00~20:30
場所: 京都外国語大学国際交流会館4階会議室(No.941)
会場アクセス:http://www.kufs.ac.jp/aboutkufs/campus/access/index.html

【プログラム】
14:00~14:10 開会挨拶 (堀川 徹)
14:10~14:20 出席者自己紹介
14:20~15:50 研究報告・質疑応答(1)
中山 顕 (名古屋大学大学院法学研究科・研究生)
「左翼社会革命党の裁判所構想にみる革命期ロシアのもう一つの『国法諸原理』」(仮題)
15:50~16:10 コーヒーブレーク
16:10~17:40 研究報告・質疑応答(2)
木村 暁 (筑波大学人文社会系・特任研究員)
「ブハラ・アミール国の司法システム:カーズィーとムフティーの役割を中心に」
17:50~18:20 総合討論
18:30~20:30 科研費による研究計画に関する会議
20:30~ 懇親会

2014年5月18日 (日)

『地中海世界の旅人』

ご恵贈いただきました。ありがとうございました。

長谷部史彦編著『地中海世界の旅人--移動と記述の中近世史』
慶應義塾大学出版会. 2014. 328p.

Chichukaib

目次
序  長谷部史彦

中近世イベリア半島における宗教的マイノリティーの移動
  ――ユダヤ人とコンベルソ、マラーノを中心に  関 哲行

17世紀モリスコの旅行記
  ――ハジャリーのイスラーム再確認の旅  佐藤健太郎

イタリア司教の目に映った15世紀のチェコ
  ――エネアのボヘミア・レポートとその背景  藤井 真生

学知の旅、写本の旅 
  ――中世地中海世界における科学知の継受と伝播  岩波 敦子

『ローマの都の驚異』考
  ――「ガイドブック」あるいは政治的文書  神崎 忠昭

近世オスマン帝国の旅と旅人 
  ――エヴリヤ・チェレビーを中心に  藤木 健二

イブン・バットゥータの旅行記におけるナイル・デルタ情報の虚実  長谷部史彦

14世紀~16世紀前半の聖地巡礼記に見る「聖墳墓の騎士」
  ――儀礼へのフランチェスコ会の関与過程を中心に  櫻井 康人

中世のメッカ巡礼と医療
  ――クスター・イブン・ルーカーの巡礼医学書の記述から  太田 啓子

ナーセル・ホスロウとその『旅行記』
  ――屋上に牛はいたのか  森本 一夫

地中海を旅した二人の改宗者
  ――イラン人カトリック信徒とアルメニア人シーア派ムスリム  守川 知子

インド洋船旅の風
  ――ポルトガル来航期におけるアラブの航海技術研究の一齣  栗山 保之

2014年5月15日 (木)

国際シンポジウム「アブデュルレシト・イブラヒムとその時代」

早稲田大学アジア・ムスリム研究所では、アンカラ大学・NIHUプロジェクトグラム イスラーム地域研究東大東京大学拠点との共催により下記の国際シンポジウムを開催いたします。ふるってのご参加をお願い申し上げます。

 

 

 

              記

 

 

 

国際シンポジウム「アブデュルレシト・イブラヒムとその時代―トルコと日本の間の中央ユーラシア空間―」ABDÜRREŞİT İBRAHİM ve ZAMANI: TÜRKİYE ve JAPONYA ARASINDA ORTA AVRASYA ALANI SEMPOZYUMU

 

 

 

主催:早稲田大学重点領域研究機構アジア・ムスリム研究所、アンカラ大学、アタテュルク文化・言語・歴史高等研究機構、トルコ歴史協会、NIHUプロジェクトグラム イスラーム地域研究東京大学拠点

 

共催:早稲田大学イスラーム地域研究機構

 

後援: Atatürk Kültür, Dil ve Tarih Yüksek KurumuTürk Tarih KurumuYunus Emre Enstitüsü / Tokyo Kültür Merkezi、東京外国語大学国際日本研究センター、東洋大学アジア文化研究所、在日トルコ共和国大使館

 

2013年度サントリー文化財団「人文科学、社会科学に関する学際的グループ研究助成」による開催

 

 

 

プログラム

 

2014524日(土)

 

会場:早稲田大学早稲田キャンパス小野記念講堂(27号館)

 

http://www.waseda.jp/jp/campus/waseda.html

 

930 開場

 

1000-1030 開会挨拶 H.E. Ahmet Bülent Meriç (駐日トルコ共和国大使)Erkan Iİbiş(アンカラ大学学長)、小島宏(早稲田大学アジア・ムスリム研究所長)/ 趣旨説明 小松久男(東京外国語大学)

 

1030-1230 第1セッション:アブデュルレシト・イブラヒムとその時代

 

司会:小松久男(東京外国語大学)

 

1. Neslihan Arul Aksoy (Abdürreşit İbrahim’in Torunu-İzmir): Abdürreşit İbrahim'den Geride Kalanlar.

 

2. 山﨑典子(東京大学): Abdürreşid İbrahims Journey to China: Muslim communities in the late Qing period as seen by a Russian-Tatar intellectual

 

3. M. Ertan Gökmen (Ankara Üniversitesi): Abdürreşit İbrahim'in Seyahatnamesine Göre Kore.

 

4. A. Merthan Dündar (Ankara Üniversitesi): Abdürreşit İbrahim Hakkındaki Polis Kayıtları Üzerine.

 

1230-1330 昼休み

 

 

 

1330-1530 第2セッション:ロシア・ムスリムの民族運動・トルコと日本の中央ユーラシア政策

 

司会:松長昭(笹川平和財団)

 

1. Abdullah Gündoğdu (Ankara Üniversitesi): Rusya Müslümanları Yenileşme Çizgisinde (Cedidizmde) İsmail Gaspıralı ve Abdürreşid İbrahim Üzerine Karşılaştırılmalı Bir Zihniyet ve Usûl İncelemesi.

 

2. Alper Alp (Gazi Üniversitesi): İsmail Gaspıralı'nın Ceditçilik Programı Çerçevesinde Bir Ceditçi Olarak Abdürreşit İbrahim.

 

3. 澤井充生(首都大学東京): Is Turkish Muslim Uthman a da'i or intelligence agent?: Collaboration between Japanese Army and Muslim minorities in China

 

4. İsmail Türkoğlu (Marmara Üniversitesi): Türkistan'da Hayali Japon Casusları (1920-1937).

 

1530-1600 コーヒー・ブレイク

 

 

 

1600-1800 第3セッション:タタール移民と日本

 

司会:店田廣文(早稲田大学)

 

1. Larisa Usmanova (Kazan Federal University, Russia): Tatar Emigrants' Next Generation in Japan: Children of Different Cultures.

 

2. 沼田彩誉子(早稲田大学/ボアジチ大学): Re-migration of the Tatar immigrants from the Far East (tentative)

 

3. 福田義昭(大阪大学): Kobe Mosque and the Local Muslim Community: From Their Beginnings to the Aftermath of WW II

 

4. 小野亮介(慶應義塾大学): Turancılığın Üçgeninde Bir Muhacir Alimcan Tagan: Japonya, Macaristan ve Türkiye.

 

 

 

525日(日)

 

会場:ユーヌス・エムレ・センター 東京ジャーミー・ホール

 

24日と会場が異なりますのでご注意ください)

 

1000-1230 第4セッション:アブデュルレシト・イブラヒムとその著作

 

司会:三沢伸生(東洋大学)

 

1. Mustafa Balcı (Yunus Emre Enstitüsü): Âlem-i İslâm’ın Üslup ve Anlatımı Üzerine.

 

2. İbrahim Maraş (Ankara Üniversitesi): Abdürreşit İbrahim’e Göre Müsülmanların Geri Kalma Sebepleri.

 

3. Asiya Rakhimova (Kazan Federal University, Russia): Abdurreşid İbrahim'in 'MİR’AT' almanahı (mecmuası)

 

4. İhsan Demirbaş (Kazan Yunus Emre Merkezi): Abdürreşit İbrahim’in Orenburg Ruhani İdaresindeki Görevi ve Faaliyetleri.

 

 

 

  報告の言語は、トルコ語・日本語・英語のいずれかで通訳はつきません。

 

 入場無料・参加申し込み不要です。

 

 

 

連絡先:早稲田大学重点領域研究機構アジア・ムスリム研究所

 


2014年5月13日 (火)

『全訳 イラン・・エジプト・トルコ議会内規』

八尾師誠・池田美佐子・粕谷元 編『全訳 イラン・・エジプト・トルコ議会内規』
東洋文庫.2014年. 411p.
Img6b

東洋文庫よりいただきました。10年以上続く、プロジェクトの成果です。
議会内規の和訳だけでなく、それぞれの本文も復刻してあります。
非売品です。

2014年5月10日 (土)

ナガラ図書移転

中東諸語で書かれた図書を販売しているナガラ図書が、漆原ビル7Fから移転しました。

文京区本郷5丁目24-6 本郷大原ビル4F、角川本郷ビルの隣(赤門側)です。

グーグルマップ

一瞬無くなったのかと思い、焦りました。
まだ、ホームページの住所は古いままです。

2014年5月 7日 (水)

シンポジウム『オスマン地誌学』@スタンフォード

OTTOMAN TOPOLOGIES - Spatial Experience in an Early Modern Empire and Beyond

Stanford Department of History

May 16 - 17, 2014

May 16, 2014 - Lane History Corner (Building 200), Room 307

Introductory Remarks (8:45-9:00)
Ali Yaycıoğlu, Stanford University - Space, Place, Territory and the Ottoman World

Keynote lecture (9:00-10:00)
Cemal Kafadar, Harvard University - The Politics of Space in Ottoman Historiography: Sacralization, Contestation, and Mulberries in the Middle

Imagining Space (10:00-12:15)
Chair: Shahzad Bashir, Stanford University
Ahmet Karamustafa, University of Maryland - Sufi Paths and the Spatial Turn
Nicolas Trépanier, University of Mississippi - Landscape and the Subjective
 Experience of Place in Mediaeval Anatolia
Rachel Goshgarian, Lafayette College - How Big Was the Ottoman Empire in the 17th Century? Placing Ethnicity, Language and the State in an Armeno-Ottoman Manuscript from Kaffa (Feodopolis)
Selim Kuru, University of Washington - Poetic Cartographies, Urban Anxieties: Lâmi‘i Chelebi’s ‘Bursa Shehrengizi’ Redux
Özer Ergenç, Bilkent University - Perception of Space in the Early Modern Ottoman World: “Vatan” and “Diyar-ı Aher” within the Triangular Context of “Memalik-i Mahruse”, “Diyar-ı Acem” and “Frengistan”

Mapping Space (1:30-3:30)
Chair: Martin Lewis, Stanford University
Maria Mavroudi, University of California, Berkeley - Rendering Ptolemy’s Geography from Greek into Arabic at the Court of Mehmet the Conqueror: Ancient Toponyms
Karen Pinto, Gettysburg College - Ottomans Mediating Islamic Cartographic Space
Gottfried Hagen, University of Michigan  - Time, Space, and Politics in Ottoman Maps
Pinar Emiralioğlu, University of Pittsburg  - The Ottoman Enlightenment: 'Geography' and Politics in the Long Eighteenth Century

Building Space (3:30-5:30)
Chair: Bissera Pentcheva, Stanford University
Patricia Blessing, Stanford University - All Quiet on the Eastern Frontier? Early Ottoman Architecture and Its Contemporaries in Eastern Anatolia
Aleksandar Sopov, Harvard University - Land Reclamation and Expansion of Agricultural Production in Ottoman Istanbul and Mamluk Cairo at the End of the Fifteenth and Beginning of the Sixteenth Century
Heghnar Zeitlian Watenpaugh, University of California, Davis - City and Landscape in the Ottoman Empire: Experiencing Architecture, Narrating Space in Aleppo
Shirine Hamadeh, Rice University - In and Out of Place: The Everyday Spaces of Istanbul’s Migrants, 1720-1840

May 17, 2014 - Stanford Humanities Center, Levinthal Hall

Experiencing Space (9:00-11:30)
Chair: Nancy Kollmann, Stanford University
Giancarlo Casale, University of Minnesota - An Ottoman Humanist on the Long Road to Egypt: Space, Time and Belonging in Salih Celalzade’s Tarih-i Misr al-Cedid
Helen Pfeifer, Princeton University - The Well-Mannered Domains: Adab and the Road to a Pan-Ottoman Sociability
Elizabeth Lambourn, De Montfort University - Ottoman Horses on the Move - A Window into Ottoman-Mughal Relations
Sinem Arcak Casale, University of Minnesota - Qazvin to Istanbul: The Journey of a Safavid Prince through Imperial Eyes
Alan Mikhail, Yale University - Ottoman Iceland

Administering Space (12:30-2:30)
Chair: Aron Rodrigue, Stanford University
Himmet Taşkömür, Harvard University - Dividing the Empire to Rule: Juridical Space in the Early Modern Ottoman Legal Discourse and Practice
Will Smiley, Yale University - Ottoman Space, Empire, and International Law
Antonis Hadjikyriacou, Princeton University - Insularity and Empire: The Production of Space in Ottoman Cyprus
Şevket Pamuk, Boğaziçi University - Money and Empire in the Sixteenth Century, The Spatial Dimension

Digitizing Space (3:00-5:00)
Chair: Zephyr Frank, Stanford University
Owen Doonan, California State University, Northridge - The Hinterland of Sinop in the Context of Black Sea Empires: A Comparative Perspective
Victor Ostapchuk, University of Toronto - Tracking the Movements of Masses throughout Ottoman Space: The Views from Non-narrative Documents and Their Value for Spatial History
Amy Singer, Tel Aviv University - Where IS Edirne? Situating an Ottoman City in the Time-Space Continuum
Hakan Karateke, University of Chicago - Mapping Ottoman Inscriptions

2014年5月 2日 (金)

公開講演会「18~19世紀オスマン建築にみられる西洋の影響とその受容」

公開講演会「18~19世紀オスマン建築にみられる西洋の影響とその受容」の御案内
後期オスマン時代の芸術や建築にみられる西洋化の諸相についてトゥルグト・サネル氏にご講演いただきます。
【日時】2014年 5月16日(金)18:30-20:30
【場所】立教大学池袋キャンパス 本館2階 1203教室
【講師】トゥルグト サネル 氏(イスタンブル工科大学建築学部建築史学科教授、立教大学招聘研究員)
*申込不要
*使用言語:トルコ語(通訳あり)
*詳細は下記のURLをご覧ください。
【主催】立教大学アジア地域研究所 http://www.rikkyo.ac.jp/research/laboratory/CAAS/

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ