« 『オスマン憲政への道』 | トップページ | 公開講演会「18~19世紀オスマン建築にみられる西洋の影響とその受容」 »

2014年4月29日 (火)

「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」第 2回研究会のご案内

東洋文庫拠点(TBIAS)共催「イスラーム圏におけるイラン簿記術の成立と展開」(科研費基盤(B)、代表者:高松洋一)では、今年度第2回(通算8回目)となる研究会を下記要領で開催いたします。

第2回研究会は、史料講読(担当渡部良子氏)をおこないます。
扱う史料は、サファヴィー朝(1501-1736)シャー・タフマースプShah Tahmasp(r. 1524-76)期に成立したギヤース・アッディーンGhiyath al-Din Abu Ishaq Kirmaniの簿記術論文です。


【第2回研究会】
日時:5月26日(月)17:00-19:00
場所:東洋文庫7階会議室(http://www.tbias.jp/access.html
*今回は月曜日の開催になりますのでお間違いのないようお気をつけ下さい。



担当:  渡部良子氏(東京大学文学部・非常勤講師)
講読史料:Ghiyath al-Din Abu Ishaq Kirmaniによる簿記術論文(ペルシア語およびアラビア語)
写本:  Mar‘ashi写本8140、議会図書館写本3117、議会図書館写本6544
講読箇所:
サファヴィー朝期のペルシア語簿記術指南書:Ghiyāth al-Dīn Kirmānīの簿記術論文
序論(Muqaddama)
第11章「抹消の記号である打消線(tarqīn)について」(続き):用例「al- tahwil」から
 Mar‘ashī 8140: 90-91. = image 47-48.
 Majlis 3117: 73a-73b. = image 75-76.
 Majlis 6544: 43b-44a. = image 50.
 Āstān-i Quds 7148: 38a-38b. = image 39-40.
第12章「何を先に記録するのが適切かという判断について」
 Mar‘ashī 8140: 91-93. = image 48-49.
 Majlis 3117: 73b-75b. = image 76-78.
 Majlis 6544: 44a-45a. = image 50-51.
 Āstān-i Quds 7148: 38b-40a. = image 40-41.

今回はじめて参加されるという方には、必要資料をご用意しますので、本案内文末に記した連絡係までご連絡ください。
みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

« 『オスマン憲政への道』 | トップページ | 公開講演会「18~19世紀オスマン建築にみられる西洋の影響とその受容」 »

研究会情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 『オスマン憲政への道』 | トップページ | 公開講演会「18~19世紀オスマン建築にみられる西洋の影響とその受容」 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ