« 第30回日本中東学会年次大会プログラムより | トップページ | 『ガージャール朝期イランにおける地方記述』 »

2014年3月22日 (土)

『南イランとその港の名望家、商人、シャイフ達』

Thomas M. Ricks, Notables, Merchants, and Shaykhs of Sourthern Iran and Its Ports: Politics and Trade of the Persian Gulf Region, AD 1728-1789
Piscataway, NJ: Gorgias Press. 2012.

Ricks

1975年に書かれたドクター論文を元にしたもので、古さは否めませんが、18世紀史においては重要な文献です。

著者にはお会いしたことがあります。学会発表の際の司会だったのですが、持ち時間を削られて、痛い目に遭いました。

« 第30回日本中東学会年次大会プログラムより | トップページ | 『ガージャール朝期イランにおける地方記述』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『南イランとその港の名望家、商人、シャイフ達』:

« 第30回日本中東学会年次大会プログラムより | トップページ | 『ガージャール朝期イランにおける地方記述』 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ