« 国際ワークショップ「アルメニアとイランの簿記術」 | トップページ | Linda Komaroff氏来日 »

2014年2月23日 (日)

羽田記念館講演会「バルフ文化芸術プロジェクト」

下記のように、来る3月19日(水)にオクスフォード大学よりEdmund Herzig教授
をお迎えして、羽田記念会特別講演会が開催されることになりましたので、ご案
内いたします。

なお、今回はユーラシア文化研究センター(羽田記念館)改修工事中のため、京
都大学本部キャンパス内人文科学研究所本館にて開催されますのでご 注意く
ださい。

皆様の多数のご参加を心よりお待ちしております。



     記

■□━━━━━━━━━━━━

特別講演会

Edmund Herzig教授講演会

━━━━━━━━━━━━■□

日時:2014年3月19日(水)15:00より

会場:京都大学人文科学研究所1階セミナー室1



【講演】The Balkh Art and Cultural Heritage Project:

New Research in the Urban History and Archaeology of Afghanistan and
Central Asia



【講演者】Edmund HERZIG氏(オクスフォード大学東洋学部教授)

(使用言語:英語 通訳無)



Edmund Herzig教授はアルメニア、コーカサス史研究の第一人者であり、近年で
はBalkh Art and Cultural Heritage Project(http://balkhheritage.org)の責任者として、アフガニスタン北部の重要史跡バルフをめぐる文献、遺物、貨幣
史料 の総合的研究を行っておられます。詳細は案内ポスターをご参照ください。

※案内ポスター(PDF版):http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/wp-content/uploads
/2014 /02/Herzig_20140319.pdf

« 国際ワークショップ「アルメニアとイランの簿記術」 | トップページ | Linda Komaroff氏来日 »

研究会情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 羽田記念館講演会「バルフ文化芸術プロジェクト」:

« 国際ワークショップ「アルメニアとイランの簿記術」 | トップページ | Linda Komaroff氏来日 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ