« 「イスラーム圏におけるイラン式 簿記術の成立と展開」第5回研究会 | トップページ | AA研中東・イスラーム圏研究機関研究員募集 »

2014年1月 9日 (木)

『パンジャーブの歴史と地理』

مولوی سید محمد نصرت علی خان دهلوی

تاریخ و جغرافیای پنجاب

ترجمه: سید حسین شیرازی

بتصحیح محمد رضا نصیری

تهران: فرهنگستان زبان و ادب فارسی. 1392.

 

156ص.

もとはウルドゥー語の作品を1300/1883年にイランでペルシア語に訳したもの。
著者はインド語、ペルシア語、アラビア語の雑誌の出版にも尽力し、インドのみならず、イランやエジプト、オスマン朝でも名声をえて、オスマン朝からマジディエ勲章を与えられたという。

« 「イスラーム圏におけるイラン式 簿記術の成立と展開」第5回研究会 | トップページ | AA研中東・イスラーム圏研究機関研究員募集 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

このNusret Ali Han Dehleviには、オスマン語で、Dünyada Neler Var や、Satranç(チェス)などの著作があるようです(1890年代)。

ありがとうございます。なかなか、面白そうな人物ですね。誰か研究してみるといいかもしれません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『パンジャーブの歴史と地理』:

« 「イスラーム圏におけるイラン式 簿記術の成立と展開」第5回研究会 | トップページ | AA研中東・イスラーム圏研究機関研究員募集 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ