« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月31日 (火)

発表者募集:中央ユーラシア研究学会@インディアナ大学

21st Annual Central Eurasian Studies Conference
Indiana University, Bloomington
Deadline: January 10th, 2014

The Association of Central Eurasian Students (ACES) at Indiana University invites panel and individual paper proposals for the Twenty-First Annual Central Eurasian Studies Conference to be held Saturday, March 8th, 2014 on the Bloomington campus of Indiana University.

Graduate students, faculty, and independent scholars are cordially invited to submit abstracts of papers addressing all topics pertaining to Central Eurasian Studies. Central Eurasian Studies is defined for the purposes of this conference as the study of the historical and contemporary Afghan, Balto-Finnic, Hungarian, Mongolic, Persian, Tibetan, Tungusic, and Turkic peoples, languages, cultures, and states.

Submission of pre-organized panels is strongly encouraged. Individual papers are also welcome and will be assigned by the Conference Committee to a suitable panel. All proposals will be subject to a highly selective review procedure. Past panel themes have included:

- Representation and Nationalism in Kazakhstan: Past, Present and Future
- Societies and Cultures of Xinjiang
- Turkic Folklore and Literature
- Romanticism, Modernism, Postmodernism, and Beyond in Hungarian Literature, Culture, and the Arts
- Tibetan Studies
- Aspects of Imperial and Soviet Rule in Central Asia
- Vying for International Influence in Central Eurasia
- Explorations in Central Asian Historiography

Submission Instructions:

Proposals may be submitted via the online form.
n.b. All submissions must be accompanied by an abstract.
ACES regrets that it cannot provide any funding to participants.

Applicants will be notified of their status before January 15th, 2014. Please remember that the submission of a proposal represents a commitment on your behalf to participate in the conference. Any queries may be directed to the ACES Conference Committee

2013年12月24日 (火)

オスマン文書セミナー終了

第6回オスマン文書セミナーが一昨日、昨日と行われました。

講師を務めていただいた秋葉さん、髙松さん、ありがとうございました。
今年も盛会でした。

2013年12月20日 (金)

ムカルナス データベース

偶然見つけました。多摩美術大学の高橋士郎先生のページです。

かなり本格的なデータベースです。

日本語版にはシャルダンの旅行記の写真の紹介もあります。

2013年12月18日 (水)

ワークショップ「オスマン朝の物質文化」 (バーミンガム)

OTTOMAN MATERIAL CULTURE WORKSHOP IN BIRMINGHAM: BURSARY FOR BLACK SEA SCHOLARS
We are pleased to announce a bursary for a doctoral student or early career researcher--generously funded by the British Institute in Ankara (BIAA)—to participate in the upcoming workshop, ‘Empires of the Eye: Ottoman Material Culture and its Place in Birmingham’ funded by the British Academy / Leverhulme Foundation. The workshop focuses on the collections of Ottoman applied arts (mainly textiles and ceramics) at Birmingham Museums Trust and will take place in early April 2014.
The bursary is for £500, intended to cover flights and accommodation for one individual (return/round-trip to Turkey or alternate country and three nights in in Birmingham).
Eligibility: a current doctoral student or early career researcher (within three years of degree date) at a university in Turkey or another Black Sea country with a demonstrated interest in Ottoman material culture.
Application: for more details about the workshop and an application for the bursary, please email Amanda Phillips before 1 January 2014. The applications will be due 15 January and the selection made 20 January.
Review: The organisers of the workshop, Dr Rebecca Bridgman (Birmingham Museums Trust) and Dr Amanda Phillips (University of Birmingham), in consultation with the BIAA, will make a selection based on the merits of the application as well as on how the individual might make an original contribution to the workshop.
Due to constraints of space and funding, we are unfortunately unable to accommodate other attendees.
Further enquiries may also be directed to Amanda Phillips
Dr Amanda Phillips
Marie Curie Fellow of the Gerda Henkel Stiftung
Centre for Byzantine, Ottoman and Modern Greek Studies
University of Birmingham

2013年12月16日 (月)

キャーティブ・チェレビーの地理書

17世紀オスマン朝で著された地理書、Kâtib ÇelebîCihânnümâをダウンロードできるサイトを見つけました。(ミュテフェッリカ版、1732年)

http://www.kitabicihannuma.com/dosyalar.asp

カラーできれいです。

2013年12月14日 (土)

ザンド朝史・ガージャール朝史の新史料

محمد حسن بن محمد رحیم لنجانی اصفهانی، جنة الاخبار.
عبد الوهاب بن علی اشرف بن اسماعیل شیرازی، نخبة الاخبار
تصحیح میر هاشم محدث. تهران: کتابخانه، موزه، مرکز اسناد مجلس شورای اسلامی. 1391
19世紀半ばに書かれた二つの普遍史のうち、ザンド朝期とガージャール朝前半期の部分を抜き出して校訂したもの。
全体はずいぶん大部な書のようですが、校訂部分は290ページです。
こうした史料はまだまだありそうです・

2013年12月12日 (木)

マッザウィー氏死去

著名なサファヴィー朝史研究者マッザウィー氏が亡くなったそうです。
The origins of the Ṣafawids : Šīʿism, Ṣūfism, and the Ġulāt(1972)やSafavid Iran and her neighbors(2003)で知られています。ご冥福をお祈りいたします。
----------------------------------------------------------------------
On Friday morning Michel Mazzaoui, passed away.  He was professor emeritus of Iranian History in the History Department here at the University of Utah, specializing in Safavid history.  He was staying with his loving and extended family in Miami, Florida.
There will be a memorial tribute for him at the University.  Here is the information:
Friday, January 24, 2014 (3:00-5:00)
LNCO Lounge, 2110
University of Utah

2013年12月 9日 (月)

ハーヴァード デジタルコレクション

ハーヴァード・カレッジ図書館のデジタルライブラリです。

http://hcl.harvard.edu/collections/digital_collections/

中には

Iranian Oral History Project
(現代史のさまざまな人物のインタビューの翻刻と肉声が聞ける)

Tehran Propaganda Murals
(テヘラン市内のさまざまな革命宣伝のための壁画の画像をおさめたもの)

がありますが、最近できたのは

Women's World in Qajar Iran

です。アメリカで収集されたものも多く、そのためか比較的新しい文書が多いですが、女性史に限らず、社会史関係の文書を収録しています。20世紀のものですが、シャリーア法廷台帳13巻が入っていたりします。

2013年12月 5日 (木)

『アジア・アフリカ言語文化研究』 86

山口昭彦
「後期サファヴィー朝有力家系の戦略的資産形成--ザンギャネ一族の「財産目録」を手がかりに」

苅谷康太
「14世紀のスーダーンの金産地を巡る情報操作--マンサ・ムーサーの語りの分析を中心に」

太田信宏
「マイソール王国におけるプラブ--近世南インド国家と領主的権力」

山口さんにはサファヴィー朝シンポジウムでも非常に興味深いご報告をいただきました。
ありがとうございました。

2013年12月 3日 (火)

『東洋学報』 第95巻第2号 (2013年9月)

吉田達矢
「19世紀半ばオスマン帝国の正教徒統治政策--正教会総主教座法(Rum Patrikiligi Nizamati)の編纂過程に関する考察から」

石川寛
「ナジャナ・ナジャト・ハイダル、マリカ・サルダール編
『南インドのスルタン達--デカン諸王国の宮廷芸術 1323-1687』

石川さんには抜き刷りもいただきました。
ありがとうございました。

2013年12月 2日 (月)

国際シンポジウム"Mapping Safavid Iran"終了

どうにか、国際シンポジウム"Mapping Safavid Iran"が終了しました。

ご協力いただいた方々、ご出席いただいた方々に、厚く御礼申し上げます。


« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ