« 公開講演会「トルコの歴史と文学-16-21世紀」 | トップページ | 「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」第 4 回研究会のご案内 »

2013年11月11日 (月)

国会図書館デジタル化資料

国会図書館のデジタル化資料もどんどん増えています。

博士論文のコーナーで
http://dl.ndl.go.jp/#etd

山岸智子「イマームの王国 : 殉教譚テキストからのイラン文化論」(東京大学、1998年)

山田幸正
「フェズおよびカイロにおける都市型隊商施設の建築的実態と都市的特質に関する研究」
(東京都立大学、1997年)

が閲覧できることに気づきました。

山岸さんのは、サファヴィー朝期からガージャール朝期のマクタルを扱ったもので、活字にされたものがなく、読まなければいけません。

« 公開講演会「トルコの歴史と文学-16-21世紀」 | トップページ | 「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」第 4 回研究会のご案内 »

研究ツール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国会図書館デジタル化資料:

« 公開講演会「トルコの歴史と文学-16-21世紀」 | トップページ | 「イスラーム圏におけるイラン式簿記術の成立と展開」第 4 回研究会のご案内 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ