« 九州史学会大会イスラム文明学部会 | トップページ | 公開講演会「トルコの歴史と文学-16-21世紀」 »

2013年11月 8日 (金)

Babaie博士講演会

この度、科学研究費「近世帝国としてのサファヴィー朝史研究−−均質性の相克」と
東京大学東洋文化研究所班研究「イスラーム美術の諸相」の共催により、
ロンドン大学コートールド美術研究所のイスラーム美術史研究者スッサン・バーバーイー博士の講演会を開きます。
登録は必要ありません。奮ってご参加ください。
皆様のご参加をお待ち申し上げております。


東文研セミナーのご案内
 
講演者:Sussan Babaie博士(ロンドン大学コートールド美術研究所)
講演題目:Persian styles of seeing European ways of painting: the Morgan Bible in Safavid Iran
 
日時:2013年11月28日(木)午後3時〜午後5時
場所:東京大学東洋文化研究所3階、第一会議室
使用言語:英語(通訳はつきません)
 
概要:現在ニューヨークのモーガン・ライブラリーが所蔵する、本文を持たない旧約聖書絵本(M 638)は、カペー朝フランス王ルイ9世(聖王、在位1214-70)が第7回十字軍に出発する1248年以前に作らせたと考えられる。この写本はその後ポーランド、クラクフの枢機卿の手に渡り、17世紀初頭にイランのサファヴィー朝君主アッバース1世(在位1587-1629)への外交的な贈物として献上され、その後は18世紀頃イランに住むユダヤ教徒が所有するに至ったようである。絵画の欄外に書き込まれたラテン語、ペルシア語、ユダヤ・ペルシア語のキャプションは、その多様な持ち主像を反映している。イスラーム美術史、とくにサファヴィー朝美術史の著名な研究者であるバーバーイー博士が、サファヴィー朝宮廷に贈呈されたこの美しい13世紀フランスの写本がイラン人によってどのように鑑賞され、どのような芸術的インパクトを与えたかを論じる。
 
共催:
科学研究費「近世帝国としてのサファヴィー朝史研究−−均質性の相克」
東京大学東洋文化研究所班研究「イスラーム美術の諸相」

« 九州史学会大会イスラム文明学部会 | トップページ | 公開講演会「トルコの歴史と文学-16-21世紀」 »

研究会情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Babaie博士講演会:

« 九州史学会大会イスラム文明学部会 | トップページ | 公開講演会「トルコの歴史と文学-16-21世紀」 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ