« 研究会「オスマン=イラン戦争、1578-1590」 | トップページ | シンポジウム「イランとイラン文化圏における文化変容」 In ウィーン »

2013年10月30日 (水)

国際シンポジウム"Mapping Safavid Iran"

国際シンポジウム"Mapping Safavid Iran"が下記のように開催されます。これは、同時代のあるいは同地域の歴史のなかに、サファヴィー朝を位置づけようとするものです。7名もの気鋭の海外サファヴィー朝研究者が来日されます。、興味のおありの方は是非ご参加ください。
事前に参加登録をお願い申し上げます。

国際シンポジウム  Mapping Safavid Iran
2013年11月30日(土)—12月1日(日)
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所
大会議室

Program

30th November, 2013.  At large conference room, ILCAA
10:30-11:00 Registration
11:00-11:30 Welcome, keynote address

11:30-12:50: Panel 1: Center and Periphery
Rudi Matthee (University of Delaware)
  The Safavid Empire: Relations between the Center and the Periphery
Akihiko Yamaguchi (University of the Sacred Heart, Tokyo)
  Safavid Legacy Seen from a Periphery: The Ardalan and Iran’s Shahs

12:50-14:20 Lunch break

14:20-15:40 Panel 2: Politics and Kingship
Sholeh Quinn (University of California, Merced)
   Chroniclers and Kings: the Origins of Early Modern Persianate Historiography
Yukako Goto (Kwansei Gakuin University)
   Regional Cities as Nodes in the Network of the Safavid Political System

15:40-16:10 Coffee break

15:10-17:30
Panel 3: Religion and Authority
Rula Jurdi Abisaab (McGill University)
  Juristic Thought and Authority: from the mujtahids of Mongol Hilla to the Early
  Traditionists of Safavid Iran
Nobuaki Kondo (ILCAA, Tokyo University of Foreign Studies)
   State and Religious Authority in Practice: Vaqf Administration under the Safavids and
    the Qajars

18:00 Reception

1st December 2013  At large conference room, ILCAA
10:00-11:20 Panel 4: The Safavids and the Christians
Tomoko Morikawa (Hokkaido University)
  A Shi'ite Armenian in the late Seventeenth Century
Giorgio Rota (Institut für Iranistik, Österreichische Akademie der Wissenschaften)
   Aq Qoyunlu and Safavid European Diplomacy: Strategy, Millenarism, Wishful Thinking

11:40-13:00: Panel 5 The Safavids and the Eastward
Keshvar Rizvi (Yale University)
   Triangles of Power: Tarkhan Architecture in Sindh in relationship with Safavid Iran and
   Mughal India
Katsuhiko Abe (Kanagawa University)
   Silk for the Court: Reconsidering Safavid Textile Production

13:00-14:00 Lunch break

14:00-15:20: Panel 6: Global Context
Sebouh Aslanian (University of California, Los Angeles)
   The Trials and Tribulations of Marcara Avachintz: A Global Microhistory of an
   Armenian Director of Colbert’s Compagnie des Indes Orientales, 1666-1688
Sussan Babaie (The Courtauld Institute of Art, University of London)
   Merchant Houses and Elite Mansions in Agra, Aleppo and Isfahan: Intercultural
   Conditions and Metropolitan Ideas in the 17th-century

15:20-15:40 Coffee break
15:40-16:40: Concluding Panel

主催:
科学研究費「近世帝国としてのサファヴィー朝史研究」
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所
   基幹研究「中東・イスラーム圏における人間移動と多元的社会編成」
   中東イスラーム研究拠点
 共同利用・共同研究課題「近世イスラーム国家と多元的社会」

・要参加登録 
11月21日(木)までに、御氏名、ご所属、レセプションの出欠(会費4000円予定)、昼食弁当(両日ともそれぞれ1000円を予定)の要不要を明記の上、e-mailで、safavid_tokyo2013@yahoo.co.jpまでご連絡ください。

11/26 追記
2日目のプログラムは変更になりました。
最新版はこちら

« 研究会「オスマン=イラン戦争、1578-1590」 | トップページ | シンポジウム「イランとイラン文化圏における文化変容」 In ウィーン »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国際シンポジウム"Mapping Safavid Iran":

« 研究会「オスマン=イラン戦争、1578-1590」 | トップページ | シンポジウム「イランとイラン文化圏における文化変容」 In ウィーン »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ